畑の土地の問題(続き)

 

2か月ほど前に、

刑務所から出てきたばかりの強盗たちに

協会の畑を占拠され、ですが土地のリーダーのおかげで

土地を取り戻すことができました、

とブログに書かせていただきました。

 

土地のリーダーからの電話

 

それから少しして、また強盗たちが占拠をはじめ、

結局協会の畑の土地を女性たちが耕せていず、

それでもみんなで抗議をすると

強盗たちは、

男性スタッフには、「お前の家に襲いに行ってやる」

女性たちには、「この場で服を全部脱がして裸にして襲ってやる」 

「俺の子を妊娠させてやる」と言ってきて。

 

彼たちは、近くのマーケットで見張りをしていた男性を

椅子に座らせて、帽子をかぶらせ、

包丁を胸に刺して殺した犯人たちで、

物を奪うために人を今までに、

2〜3回は殺している男たちと聞きました。

 

みんなに危害があったら大変だから、

「畑にはもう近づかないように」伝えて、

今回私が行ったときに土地のリーダーと

再度話し合うことになっていました。

 

そして、土地のリーダー数人と、私、そしてその強盗たちと

話合いの場を設けました。

 

出ていく気はないとのこと。。。

耕した分だけの労働代を請求され、

払ってくれたら出ていくとのこと。。

 

でもここで払ってしまったら今後も延々と続くことに絶対なるし、

そもそもしていることは犯罪だし、

「他の人が所有している土地を勝手に占領して耕して、

人を脅したり、そのあとに料金を請求することは

間違っていること」をはっきり伝えました。

 

ただ土地のリーダーたちも

彼たちに襲われたり殺されたりが怖くて、

刺激するようなことは控えていました。

過去に脅されたことがあったとのことでした。

 

彼たちは一人の土地のリーダーの畑も占領していて、

土地のリーダーは

「今回耕した作物が採れたら出ていくように」伝えて、

作物が収穫できるまで耕すことを許可したそうです。

 

ルーシアさんや畑を耕している女性たちに

危害があってはいけないので、

土地のリーダーの前例を見習って、

私たちもみんなで話し合った結果、

泣く泣くそうすることにしました。

 

ただ、土地を返してもらっても、

女性たちが育てた作物の収穫の時期に

全てを盗みに来ると言われ。。

 

 

数日前に、私の知り合いの一人の家にもきて、

なたで脅して、「声を出したら殺す」と言い、

マットレス2枚などを盗んでいったとのこと。。

 

畑の近くでお葬式があったのを私も目にしたのですが、

そこの若い男の子も、

彼たちに毒を飲まされて殺されたらしいと

聞きました。

 

 

アシャンテママの教室のところに、

一人の若い女性が偶然訪ねてきました。

その子が自分のことを話し始めました。

 

ある夜、夜間の中学校の帰り歩いていると、

男(強盗集団の一人)が、目の前に現れて、

男が来ていたTシャツなんかをいきなり脱いで、

それをねじってそれで手足を縛られ、拉致され

小屋に手足を縛られたまま来る日も来る日も襲われ続け、

食べ物もビニール袋に入ったものを地面に投げられ

それを犬のように食べて、

排泄もペットボトルを切ったのにするように

命じられてどんどん痩せ細って3か月近く過ごしたと言いました。

 

ある日の夜中、

無理やり彼の実家に連れていかれ結婚の儀式を夜中にされ、

そのまま、抵抗できずに妻として住んできたとのこと。

 

あまりに彼の暴力がひどく、腫れあがった顔で過ごして、

もう帰る場所もなくなって

「このほっぺ、彼に噛まれたあと」と言って

黒ずんだ歯形のような跡がある彼女のほっぺを見せてくれました。

 

「警察に行ったけど、これからどうなるか不安。。」と

言っていました。

 

一緒に話を聞いていたスタッフも

「彼女があの男(畑のすぐそばに住んでいる)といるところ、

見たことがあるけど、

普通に男の妻だと思っていて、そんな風に突然かつがれて

誘拐され監禁されて、結婚させられたなんて知らなかった。

それでもその後も一緒にいたのは、

気がおかしくなってしまったのかな。。」と。

 

彼女とその後連絡を取りたかったのですが、

連絡先を持っていず、身を寄せていると言っていた、

親類の家もわからず。。

 

彼女の身に起こった話を聞いて、おぞましくて

その時は話を聞くことしかできませんでした。

 

(何かしてあげれることはあったのではと思い、

今も彼女がどうしているのが気になっています。)

 

 

 

土地の問題も警察に訴えたらどうなのかなと

みんなに伝えると、

「裁判がもしも本当に始まっても

だれも証言台に立つ勇気はないよ。

報復が怖くて。いつか必ず殺しに来るよ。

警察に行ったことがばれたその日に

襲いに来るかもしれない。」

 

彼たちが人殺しの犯人だと知っていても、報復が怖くて、

だれも証言台に立たないから、

だからきっとすぐ捕まっても出てくるんだよ。」

 

日本みたいに、

犯行現場の指紋の検出や、DNA鑑定、監視カメラがあるわけではないので、

事件は人々の証言に頼ることになると。。

 

 

みんなでたくさん話し合った結果、

どうすることもできず、畑は諦めることになりました。

 

7年近くもみんなで一生懸命耕してきたのですが。。

このような結果になってしまい大変申し訳ございません。

 

 

 

栗山さやか | 国などについて | comments(4)
このページの先頭へ