子供たちのおうちと台所の写真

 

 

アシャンテママの子供たちのおうちの写真です。

 

きれいに片づけられた台所。

 

 

 

 


栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(2)

パオリーノのお父さん

 

先月、現地にいたときに、

パオリーノ(男の子)のお父さんが

病気で寝たきりになってしまっていると聞いていました。

 

一度、パオリーノがルーシアさんに、

「アシャンテママの教室に粉ミルクはありますか」と

聞いてきたと。

 

ルーシアさんが、「病気のお父さんにあげたいんじゃないかな。

一緒に様子見にいこう」と言って、一緒に尋ねました。

 

このお父さんは、昔大工さんをしていて、

アシャンテママの教室の子供達が使っている木でできたベンチを

作ってくれた人です。

 

おうちを訪ねると、外でゴザにぐったりして

横たわっていて痩せ細ってしまっていました。

 

とても具合が悪そうで、

会話の中で、「何も食べる気がしないけど、

病院で、粉ミルクでいいから飲むように言われたけど、

でもお金が無くて買えなくて、、」と横たわったままの体制で

弱弱しいかすれた声で話ました。

 

ここの貧しい人にとったら牛乳、粉ミルクはとても高価で

全く買うことができない人が多いです。

 

 

帰り際に粉ミルクや食料などを買えるように

お金を渡そうとルーシアさんと話し合いました。

そしたらパオリーノはすぐに粉ミルクを買いにマーケットに行って。

 

早速、あったかいミルクを作ると、

お父さん、おいしく飲めて、「これで体の具合が良くなりそうだ」と

喜んでいて毎日飲んでいるとパオリーノがとても喜んでいたと聞きました。

 

そのお父さんが亡くなってしまったという

悲しい連絡が来ました。

 

家もすぐ近くだったのもあったのですが、

夜中の12時に、家族とルーシアさんに知らせに来たと。

 

 

いつも気にかけて何度もお見舞いに行ってくれていた

ルーシアさんの気持ちにも感謝して、

お父さん想いだったパオリーノのことを

みんなで心配しています。

 

 

 

 

写真

 

子供たちのノートをチェックするルーシアさん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(0)

休まずに通っていた女の子

 

 

ルーシアという12歳ぐらいの女の子。

3年前からアシャンテママの教室に通い始めた子です。

 

9歳ぐらいだった当時は、

まだ学校に通ったことが今まで一度もない子で。

 

小学校に通えるように手続きを手伝い、

3年経った今は、無事に小学3年生になりました。

 

いつも全く休まず、アシャンテママの教室に通ってきていて

読み書きも公用語のポルトガル語もだいぶ覚えて、

これからも楽しみな女の子でした。

 

お母さんはいたのですが、

とても貧しく離れた村で畑を耕していたため

何年も別々に暮らしてて、

親せきに預けられて育てられていました。

 

前日まで元気にしていたルーシアが

その日の夜に「頭が痛い」と言って、

次の日には亡くなっていったと連絡が来ました。

 

亡くなった理由は不明だそうです。

 

12年の人生。

 

人によってはどんなに貧しくても、

12年も生きたから良かったと

思う人もいるかもしれません。

 

他の誰かの人生を自分の価値観で測ったり、

比べることは、良くないことだと

わかっていますが、

 

それでも、なんでなんだろう。。といつも思ってしまいます。

 

病気の予防や、

体調を崩したらまず病院にいくことをいつもみんなに伝え、

アシャンテママで働いているルーシアさん

(偶然おんなじ名前です。)が、

病院代がない子たちには、

病院代、薬代を渡してサポートをしています。

(確認のために後日レシートを持ってきてもらっています。)

 

ただそれでも、失われていってしまう命はあって。

 

 

モザンビークで一緒だったインド人の友人の一人が、

 

「亡くなっていってしまう子がいる現実はとても辛いけど、

アシャンテママの活動で、

救われて今も生きている命もあるってことも

忘れないでね。」と言ってくれ。。

 

 

ルーシアがどうか今は、

天国で安らかに過ごしていますように。。

それを願うばかりです。。

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(4)

アジャラ

 

アシャンテママの教室には、

遺児の子たち、体に障害を抱えていたり、

HIVと共に生きる子供達も通っています。

 

2つ目のアシャンテママの教室に通っている

アジャラという名前の12歳ぐらいの女の子がいます。

 

お父さんとは、もうずっと会っていず、

遠くの畑を耕す貧しいお母さんを助けながら生活しています。

 

2つ目の勉強小屋をこの集落で始めるときに、

アジャラは、お母さんに連れられてきました。

 

アジャラのお母さんは、

 

申し訳なさそうに、

「うちの娘は、聞くことも話すこともできないけど

それでもここに通わせてもらえますか」と聞いてきました。

 

アジャラは、生まれたときから耳が聞こえず、話すこともできず、

学校にも通ったことがなかった女の子でした。

 

アシャンテママに通い始めてから3年以上が経ち、

今では、読み書きがとても上手になりました。

 

他の子供たちもアジャラがわかるように、

ゆっくり話したり、手を使って

話をしています。

 

アジャラは、

1日も休むことなく楽しそうに

通ってきています。

 

 

 

写真の左の女の子がアジャラです。

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(2)

兄弟の子守り

 

幼い兄弟がいる子たちの中には

その子たちの面倒を見ながらも 

アシャンテママの教室で勉強をしている子たち、

家に帰っても、小さな兄弟の面倒を

亡くなったお母さんの代わりにする子たちもいます。

 

みんなまだ自分もお母さんに甘えたい年頃なのに。。

 

ある友人に、

「支援活動をもう数年している。」と言ったとき、

「わたしには理解できない、何のために?何で?」

と聞かれたことがありました。。

 

様々な厳しい現実を見たり、

こういう頑張る子たちを見るたびに、

できる限り活動を続けていくことができたらと思っています。

 

支えてくださる皆様、心からお礼申し上げます。

 

 

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(0)

エディナのお母さん

 

 

モザンビーク、マラウィから無事に戻りました。

今では、マラウィ170人、モザンビーク394人、合計564人の

子供たちがアシャンテママの教室に通ってきています。

 

 

この数か月の間に、家族を亡くした子達がいて、

その一人、エディナのおうちを訪ねました。

 

エディナのお母さんが数週間前に病気で亡くなりました。

弱っていくエディナのお母さん、入退院を繰り返していて、

アシャンテママで働いているルーシアさんはいつも気にかけて

食べ物を持ってお見舞いに行ったりしていてくれました。

 

エディナのお母さんも

亡くなってしまう少し前に具合が良くなったと、

アシャンテママの教室にお礼を伝えに来てくれていて。

 

エディナのおうちを訪ねると、

残されたエディナの2歳の妹、

お風呂代わりに寒い中外で体を洗ってもらっていました。

 

お母さんが最後に倒れた日、

13歳のエディナが一生懸命

お母さんを運んでくれるタクシーを一人で探していたと聞き。。

 

これからおばあちゃんに育てられるとのこと、

できる限りの支援は続けさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

写真。体を洗ってあげているエディナとお風呂中のエディナの妹

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(4)

モザンビーク、マラウィに来ております。

 

今は、半年ぶりにモザンビーク、マラウィの

アシャンママの活動に戻ってきております。

 

預け入れしたスーツケースが受け取れず

(1週間近く経った今もまだ紛失中)で、

アシャンテママの子供たちにといいただいた

数冊の絵本やおみやげもあったので残念ですが、

陸路での8時間(このうちの4時間以上はぼこぼこガタガタ道)

の移動があったため、無事に辿りつけただけで

ありがたかったと思っています。

 

アシャンテママの教室で変わらず一生懸命勉強している

子供たちを見ながら、限られた時間で優先順位をしっかり考え、

子供たちや働いてくれているスタッフと

色々話す時間も大切にしたいです。

 

ただここでの悲しい現実、過酷な日常をまた目の当たりにして、

どうかみんなが襲われないように、安全対策をどうするべきか、

そのことも重点的に考えたいです。

 

来週には出国する予定です。

 

また子供たちの様子、現地の人々の様子
少しずつご報告させてください。

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(5)

悲しかったこと

 

 

1年ほど前に、
アシャンテママモザンビークで働くスタッフの家族の
3歳の女の子が亡くなりました。


今度はその亡くなった3歳の子の

20歳のお母さんも亡くなったと聞きました。
言葉がありませんでした。

 

亡くなった原因はわからないそうです。

 

「ここはたくさんの命が産まれる場所ではあるけど、
たくさんの小さな命が亡くなっていく場所でもある。」

 

モザンビークで知り合った先進国出身の人達が

よく言っていた言葉
思い出しました。

 

協会としてもっとできること、
これからも考えていきたいです。

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(0)

完成したおトイレ

 

崩れたおトイレを解体し、

穴トイレを新しく掘りなおして、

新しいおトイレが完成致しました。

 

 

写真1枚目

 

みんなで解体した壁の破片を

順番にバケツリレーのような感じで渡し合いっこして

撤去しているところです。

 

 

写真2枚目

 

近所に住む腕のいいレンガ職人さんにお願いして、

きれいなレンガ造りのお手洗いになりました。

子供たちも大喜びでした!

 

ご寄付をくださっている皆様、心から感謝申し上げます。

 

 

 


栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(0)

土地のリーダーからの電話

 

モザンビーク、マラウィの現地の子達と日々やりとりしています。

 

モザンビークのスタッフからの連絡で、

つの連絡を受けました。

 

 

「アシャンテママの場所の一部が、

勝手に誰かに売られてしまっていた、その売ったのが、

その場所で権限を持つ、土地のリーダーの一人だった。」

 

「みんなで耕していた畑をある日突然、

知らない男の人たちが耕し始めていて、

止めるように伝えると、僕たちは強盗組合

だから。人のもの奪うの。」と。

 

彼たちは、刑務所から出所してきたばかりの

人を殺害した人達だとわかり、

スタッフや畑で働く女性たちに何かあってはいけないし、

このことで警察や裁判所が動いてくれるには、

きっとものすごい労力や財力も必要で。。

 

 

現地で働いているスタッフと

「どうしようか。

どうすることが一番いいのかな」と話し合っていました。

 

でも心の中では、

「みんなに危害が及ばないためには、

もう諦めないといけないのかな。なんて理不尽なんだろう。」

と思っていました。

 

そしたら先日、

その地域を治めているリーダーから連絡が入りました。

 

時差もあって、夜中の電話で、

あぁ、きっと何か嫌な事でも言われるのかな、

土地没収とか言われるのかなと思っていると、

 

なんと、

「問題ないから。彼たちには僕から話をつけたから」と

言ってもらえて。

 

そんなこと言ってもらえるとは思っていなかったので

とてもびっくりしてみんなで喜びました。

 

 

たくさんいる土地のリーダーたち、

最初の頃は、当たり前ですが、

私も協会の活動も怪しいと思われていて、

 

この土地の人たちをイスラム教からキリスト教に

無理やり改宗させるためなのではないか、

現地の人に変なことを教えているのではないか、

何か悪いことを企んでいるのではないか、

と思われていました。

 

 

いつも挨拶をしに行くように心がけて、

なるべくいい関係を築くことができるようにしていましたが、

たくさんいるリーダーたち、数年ごとに代わり、

私が現地から離れても

スタッフの子達もいい関係を保つように努力してくれていました。

 

それとアシャンテママの教室で

現地でも特に貧しい子供たちも

勉強を続けているのをずっと見ていて、

今回このように助けてくれたのかなとも思いました。

 

頑張って働いてくれている

現地のスタッフにも感謝で、

それを支えて下さる日本の皆様にも心から

感謝致します。

 

写真

 畑で働く女性たちのミーティングの様子

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(3)
このページの先頭へ