豚小屋の見張りの男性

 

協会の豚小屋の見張りとして

豚小屋の近くの家に家族で住んでいてくれていた男性。

 

 

畑の土地の土を勝手に掘り起こして

トラック一台分の土(500円相当)を売ってしまって

畑がぼこぼこになってしまったり、

畑で働く女性たちと些細な事で

いつも口論になってしまったり。

 

そのたびに注意して、なだめてを

一緒に働いてくれているみんなとしていました。

 

月に1回ある、協会で働くみんなで開く集まり(会議)で

別の見張りの人を探したほうがいいんじゃないかっと言う意見もありながら

結局誰にしても変わらないんじゃないって意見もあり、

「もうしません。」と言って謝罪をして

物を誰かに売ってしまったときは、そのお金を返金して

そのまま働いていました。

(ここでは見張りの人が逆に物を盗むことはとても良くあることなため)

 

ついにこの前、

協会で一生懸命育てている豚を一匹

売りさばいてしまったそうです。

 

そのことをルーシアさんたちが問いただすと、

逃げて行ってしまったそうです。

 

数日後には、夜中に泥棒として戻ってきて、

豚2匹、犬(名前はもみじ)、自転車、除草剤の道具、くわ、なた、お鍋、

とんかち、懐中電灯、長靴などの協会備品を盗んでいきました。

 

彼が逃げてしまってから代わりに見張りの小屋で

住んでいてくれていた青年まで

一緒にいなくなってしまったので

青年の身を心配していましたが、

実はグルだったようです。。

 

彼はきっと何か不満だったのかな、

もっとこうすれば、ああすればよかったのかな、

などぐるぐる頭に回り始めて落ち込みました。

 

かわいがっていたもみじ(犬)も連れ去られてしまった

こともとてもショックで、空腹ではないかな、

痛めつけられてないかな、

どうかどうか餌を与えてくれる人に

売られてくれればと願っていました。

 

しばらくしてもみじが自力で戻ってきたと聞き、

とても嬉しかったです。

 

そして彼はまた残った豚たちを盗みに

仲間集団で夜中に現れて、

でも新しく働いてくれている見張りの人が

大声を出して石を投げて応戦したら逃げて行ったそうです。

 

一緒に働いてくれていた人が逆に盗みに戻ってくることは

ここでもよくあることではありますが、

なんだか色々考えさせられました。

 

そして見張りの人が

強盗たちに殺されてしまうこともあるので

電気がまだない地域なので、

「もしも強盗たちが来たら

家の中から出なくていいから、命が一番大切だから」と

いつも伝えています。

 

豚も数匹売れて、

今は子豚も含めると20匹育てています。

 

ただ強盗や泥棒がいつ来てもおかしくないし、

見張りとして小屋のそばに住んでくれている

ご家族のことも心配でこのまま続けていいのかと

考えてしまいます。

 

 

写真 豚小屋の子ブタたち

 

 

 

 

 

栗山さやか | モザンビークの協会の女性・子供たち | comments(13) | trackbacks(0)

カラフルな布(雨や寒さを防ぐとき用)

 

 

カプラーナと呼ばれる主に東南アフリカの女性たちが

使っている布があります。

 

とてもカラフルな布でとても便利な布です。

 

この布を腰に巻いてスカートのようにしている女性が多いです。

 

ちなみにマラウィでは、1990年代半ばまで女性がズボンを履くのは

法律で禁止されていたそうです。(理由は挑発的だからだそうです。)

外国人もズボンでは入国を許されなかったようです。

 

数年前でも、女性がズボンを履くのを良く思っていない男性たちがいて

ズボンを履いている女性たちを襲って全裸にする襲撃のニュースも聞きました。

 

 

貧しい人々は、雨期で雨がひどい時期でも

傘やカッパを買う余裕はないため、

この布でなんとか雨をしのいで歩いたり、

寒い時期は、あったかい上着を持っていない人も多く

この布を体に巻いて少しでも寒さを防ぎます。

 

あとは風呂敷のように活用ができるので大活躍です。

 

写真1枚目。

 

布を巻いて雨の中を歩いてくるときの布の使い方

(協会の女の子)

 

写真2枚目。

 

寒い朝に布を巻いている女性たち。

 

写真3枚目

主食になるトウモロコシのシンの部分は、

火がよく燃えるので、家で火をくべるために持って帰るときに、

風呂敷代わりに使っている布。(協会の子供たち)

 

 

モザンビークもマラウィもこれから雨期の時期です。

 

 



栗山さやか | 日々の暮らし | comments(2) | trackbacks(0)

プレミオの日の写真です。

 

協会の教室に休まず通った子達がもらえる

プレミオの日はみんなとっても嬉しそうです。

 

その時の物の値段によってプレミオの内容は変わりますが

必ずあるのは、勉強を続ける上で大切な

ノートと鉛筆(ペン)です。

それにお米、石鹸、布バック

古着、下着などの中から一つ、

その月によってになります。

 

 

写真1枚目は、

今まで学校に行くバックは男の子が手に持っている

お砂糖の袋だったけどプレミオで

青い布バックをもらえた男の子です。

 

写真2枚目は、マラウィの協会の教室1の子供たち

お米2コップ分のプレミオ(マラウィでもモザンビークと同じように

貧しい人たちにとってお米は高価な食べ物になります)

 

写真3枚目は、ノートや青い布、カラフルなアフリカの布のバック。

(この素敵なバックを作ってくださったのは、私の地元の水野さんと

いうお裁縫の先生をなさってくださっているかたからの贈り物です。)

子供たちとてもとても大喜びでした。

 

「愛情をたっぷり込めて

縫ってくださったバックだから大切に使ってね」と

もらえた子たちに伝えると、

「本当にありがとう。とっても嬉しい」って。

 

協会アシャンテママを設立して、8年が経ちました。

 

8年経った今もこうしてまだ協会の活動を続けることが出来ているのは

ご支援してくださる皆様のおかげです。

 

本当に本当にありがとうございます。

 

大きな活動は出来ていませんが、

こつこつやってきたこの活動が

現地の中でも特に貧しく厳しい環境で育つ子供たちがほっとできる場所、

勉強を続けていくことができる希望の場所であればと思っています。

 

いつもご支援心からお礼申し上げます。

 

 

 



栗山さやか | マラウィの協会の子供たち | comments(2) | trackbacks(0)

色々な出産

 

赤ちゃんとの生活が始まってしばらく経ち、

アフリカとは全然違う日々に

ふとしたときに色々考えてしまいます。

 

体調が悪くボロボロだった妊娠期間を

途中からこの安全な場所で過ごせたこと、

強盗たちが今夜来るかもしれないとびくびくせずに

今こうして赤ちゃんと夜安心して眠れていること、

毎日眠る前に感謝しながら布団に入ります。

 

アフリカで色々な出産を見てきました。

 

設備の整った病院で無事に出産を迎えられる女性もいる一方、

そうでない女性もまだ多くいました。

 

陣痛に耐えながら遠くの病院まで一人で歩いて向かう途中、

道端の草むらで出産した女性たち。

 

夜病院にいく手段がなくて

家で一人で産み落とし、

自分でへその緒を切って出産した女性たち。

 

夜中に陣痛に耐えながら、

自転車の荷台に乗って病院に運ばれてくる途中に

強盗に襲われて、ナタで切り付けられ、

肩に大けがを負いながらも必死に分娩をしていた女性。

 

12歳で出産したまだ子供のような女の子。

 

性的暴行を受けて見ず知らずの人の子を出産した女の子たち。

 

出産で赤ちゃんと共に命を落としていった女性たち。

 

出産間近で殺されてしまった女性たち。

 

私が偶然見てきた出産は、

広い世界のたった一部の人たちですが、

こういった厳しい現実に

向き合わなければいけない女性が一人でも減りますように。

 

どこで生まれても、

まだ小さな子供たちが苦しむことのが

少しでも減りますようにと願っています。

 

 

 

 

 

栗山さやか | 病気などのこと | comments(7) | trackbacks(0)

出産しました

 

 

先日、無事に女の子を出産しました。

 

赤ちゃんの血液検査の結果が思わしくなく

治療を受けて入院期間が少し長くなりましたが

無事に母子ともに退院できました。

 

ルーシアさんたちに報告したら

豚小屋の見張り番のご家族も同じ日に

男の子の赤ちゃんが産まれていました。

 

お互い元気に育ちますように。

 

ご心配してくださったり、

温かいコメントを下さって本当にありがとうございます。

 

 

 

栗山さやか | 日々の暮らし | comments(26) | trackbacks(0)

離れて思うこと

 

スペインの小さな町に来てしばらく経ちました。

 

ここには日本のように24時間のコンビニや

ファミレスはないけど、夜9時まで開いているスーパーがあって

一人で行った帰り道、

夜こうして一人で道を歩くなんて

モザンビークでもマラウィでも

安全を考えるとできなかったなぁとふと思いました。

 

私がモザンビークを離れた後、

私の家に夜中泥棒たちがやってきて

家の入口の部分を壊して入ってこようとして、

代わりに住んでくれているご家族が大声を出しくれて

泥棒たちは諦めて逃げて行ったと聞きました。

 

送られてきた壊れされた家の入口の写真を見ながら、

今ここで安全な場所で過ごせていること、

ありがたい気持ちと罪悪感のような気持ちがあります。

 

アシャンテママで働いているルーシアさんたちとは頻繁に

電話やメッセージでやりとりしていますが、

最近も協会で起こった問題や悲しい知らせを聞いて

なんだか自分だけ抜け出してきてしまったような

申し訳ない気持ちにもなります。

 

ただみんなが安全で元気でいてくれたらと思います。

 

 

協会のご支援をしてくださる皆様

いつも本当にありがとうございます。

 

 

写真

 

モザンビークの二つ目の勉強小屋のお昼を食べた後の

休憩時間、丸く円を作って遊んでいる子供たちと

手前であったかいお茶を飲む子供たち

 

 

 

栗山さやか | ひと言日記 | comments(2) | trackbacks(0)

モザンビーク協会授業中写真

 

 

 

 

 

 

写真1枚目 協会の授業中(モザンビーク)

 

写真2枚目 2時間休憩なしで授業をしてしまって

      少しお休みタイム中

 

写真3枚目 まだ小さい子供たちもノートが欲しいと言って

      文字を覚え始めたところ

 

 

 

 


 

 

 

 

 


栗山さやか | モザンビークの協会の女性・子供たち | comments(3) | trackbacks(0)

モザンビーク協会授業写真➀

 

 

写真1枚目から3枚目

モザンビークの協会の子供たち

 

写真2枚目

 

1か月休まずに通った子に渡しているプレミオで

鉛筆/ペン をもらえた日。

 

 

 

 

 

 


 

 

 


栗山さやか | モザンビークの協会の女性・子供たち | comments(2) | trackbacks(0)

モザンビーク、マラウィをしばらく離れることになりました。

 

 

2016年からマラウィでも活動を始めさせていただき、
モザンビーク北部、マラウィ南部で生活をしておりましたが、
今回しばらく現地を離れることをお伝えさせてください。

 

突然のご報告になってしまいたいへん申し訳ないです。

 

 離れる理由は、私事になり大変恐縮なのですが出産のためです。
私の住んでいる町では、高年齢出産に対しての設備等が整っていないこと、体調も悪い日々が続き、現地で産むことを諦め、結婚相手のいるスペインの小さな町で産む事に致しました。

 相手の方は、11年前からの友人で、2年前から結婚を前提にお付き合いを始めました。 彼はオランダで勤めていた通信の会社を辞めて昨年から今年にかけ、無償でアシャンテママを手伝いにもしばらく来てくれました。

 

アシャンテママの現地での活動は、
ルーシアさんをはじめ現地の信頼できるスタッフに任せ、
しばらくは遠隔になってしまいますが、電話で報告相談を受けたり、
やりとりを行いこれからも支援を
続けさせていただければと勝手ながら思っております。

 

このような突然のご報告で、今後の協会の活動についてご心配をおかけすること多々あるかと思います。
今はまだ体調も安定せず、そう決断させていただいたこと、
みなさまにご報告するのがやっとになってしまい
乱文の短いご報告になり本当に申し訳ございません。

協会の活動の様子、モザンビーク、マラウィの現地のことなどこれからもこのブログでご報告させてください。

 ご理解頂ければ幸いです。

 いつも協会アシャンテママに
温かいご支援心からお礼申し上げます。

 

 

 

栗山さやか | 協会(アシャンテママ) | comments(25) | trackbacks(0)

協会の子供たちのお宅の写真

 

 

写真1枚目

 

モザンビークの協会の子供たちのお宅の写真です。

 

家の壁は泥を固めたもの(大雨が降ると崩れてしまったり

泥棒が壊して入ってくることもある)

屋根は竹の枠組みとわらをのせます。

台所は家のすぐそばで薪で火をおこします。

かぼちゃのお昼ご飯を食べているところです。

黄色いパーカーはルーシアさん。

 

 

写真2枚目

マラウィのおばあちゃん。

 

マラウィでも両親あるいは、母親が亡くなり

おばあちゃんに引き取られて

育てられている子供たちがとてもたくさんいます。

 

 

 

 



栗山さやか | モザンビークの協会の女性・子供たち | comments(7) | trackbacks(0)
このページの先頭へ