先日のトークイベントありがとうございました。

 

 

先日の坂之上洋子さんとDMM亀山会長のトークイベントに

ご参加なさったくださった皆さま

本当にありがとうございました。

 

司会は、白河桃子さんがなさってくださったとのこと、

ありがとうございました。

 

恋愛、家族、仕事、働き方など、

色々なご質問を坂之上洋子さんと亀山会長がお答えしてくださり、

気づきと学びが多いお時間だったと

ご参加してくださったかたが教えてくださいました。

 

 

ご参加さなってくださった皆さま、

洋子さん、亀山会長、白河さま

お散歩会の幹事の皆さま

ご協力いただきました皆さま、 

心より深くお礼申し上げます。

 

皆様からの温かいご支援、モザンビーク、マラウィの貧しい子供たちへの

教育支援活動に使わせていただきたいと思います。

 

 

本当に本当にありがとうございました。

 

日本は暑い日々が続いていると伺いました。

 

どうか皆さまご体調にお気をつけて、

今年の夏を楽しまれますように。。

 

 

 

 

 

 

 

 


 


 

栗山さやか * お礼 * 09:40 * comments(3) * trackbacks(0) * - -

坂之上洋子さんとDMM亀山会長チャリティートークイベントのお知らせです。

 

 

 トークイベントのお知らせをさせてください。

 

 来週の7月14日19時より、

 DMM亀山会長さんと坂之上洋子さん

 (http://blog.sakanoue.com/)

 チャリティトークイベントをなさってくださることになりました。

 

 

以下詳細になります。

 

******************************

 

文春オンラインの「かめっち会長の相談室」

中学生向けの「戦争は悪か正義か」等で大人気のDMM亀山会長。
 
上場企業からベンチャー企業数十社の経営ストラテジストでもあり

「結婚のずっと前」や「世界で1番大切なことの見つけかたPRESENT」等、

恋愛本がベストセラーで、女子に絶大なる人気を持つ坂之上洋子さん。
 
今回は、異色のお二人のチャリティ、トークイベントを開催することとなりました!

内容はあらかじめ皆さんから相談したいことを記載いただき、それにお二人にお答え頂く方式です。
 
仕事、恋愛、岐路に立った時、お二人だったらどういう風に決断するのか、

どう考えるのか、興味深い目から鱗な、面白いお話がたくさん聞けるのではないかと思います。
 
イベント参加費は全額、

協会アシャンテママにご寄付をくださるそうです。(涙涙・・・。)
 
自分の悩みを相談したい方、お二人の考えに触れたい方、ぜひぜひにと思います!
 

概要】
 
日時:7月14日(金)18時半開場/19時00分開演
 
場所:DMM.com(DMMグループ総合受付24階にお越し下さい)
   東京都港区六本木三丁目2番1号
   住友不動産六本木グランドタワー
 
参加費:5,000円(軽食込み)
    全額をアシャンテママにご寄付してくださいます。
 
※参加費は当日受付でお預かりいたします。
※本企画は、NPOアシャンテママ支援の有志による企画の為、

DMMへはご連絡をされないようにお願い申し上げます。
 
協賛 DMM.com
 

(1)
先着順
先着当選した方には、直接メールをお送りします。

(2)
参加費は全額寄付予定のチャリティイベントです。
当選メール受信後に参加できないことが判明いたしましたら、info.purako@gmail.com 三島 まで

至急ご連絡をお願い致します。
万一ご都合で急に参加できなくなってもご寄付頂ける方のご応募をお待ちしています。
 (ご無理のないようにお願い致します。。。)


■ご質問やキャンセルは下記までご連絡ください
info.purako@gmail.com 三島

 

申し込みはこちらから

申し込みURLが自動で開かない方はこちらから
https://ssl.form-mailer.jp/fms/27b0a019520202

 

 

********************************

 

 DMM亀山会長が色々な方の人生相談をご回答されている

 「かめっち会長の相談室」(下のリンク先です。)

 を読ませていただいて

 なんだかほんわかしたお人柄が伝わってきました。

 とてもおもしろく、ほのぼのとしていて

 ためになるご回答が多いように思います。

 

 http://bunshun.jp/articles/-/2682

 

 

 どうかよろしくお願い致します。

 

 坂之上洋子さんのブログも

 とてもおすすめです。

 

 http://blog.sakanoue.com/

 

 

 

 離れた場所から感謝をお伝えさせていただくことしかできませんが、

 本当に本当にありがとうございます。。

 

 

 

 

栗山さやか * お礼 * 07:22 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

教室の中の様子の写真

 

2つめの勉強小屋の教室の中の様子です。

 

7月は寒い冬の時期ですが、

雨も風もこのレンガの教室で

しっかり防げています。

 

ご支援心からお礼申し上げます。

 

 



 

栗山さやか * モザンビークの協会の女性たち。子どもたち。 * 08:28 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

わらの勉強小屋からレンガの教室にさせていただきました。

 

 

モザンビークの1つ目の勉強小屋は2010年から

2つ目の勉強小屋は、

2015年から始めさせていただきました。

 

この2つ目の勉強小屋がある集落は町から離れた

集落で学校に行かずにいる子達が多くいます。

 

ここの多くの子供たちも、家族の食べ物を得るため、

水汲み、薪運び、幼い兄弟の世話や、

人里離れた遠くのブッシュに入っていって

学校には通わずに畑を耕して子供時代を

過ごしている子供たちがかなりいます。

 

今ではこの2つ目の勉強小屋に111人の子供たちが

通ってきています。

 

そして毎年、一人でも多くの子供たちに教育の機会をと思い、

政府の学校に入学する手続きを手伝っています。

 

16、17歳で晴れて小学一年生になり

鉛筆の持ち方から習っている子たちもいます。

 

そして今年に入り、

みんなで大切に使っていた、

わらでできた協会の教室が

大雨や突風でわらでできた壁や

屋根が飛んでいってしまいました。

 

わらの教室から頑丈なレンガの教室を

建てさせていただきました。

 

トラックを借りて

レンガを運搬してもらうのは高額なので

幸いレンガを売っている場所が近くにあったため、

頭に乗せて子供たちみんなで運びました。

 

6歳ぐらいの中でも痩せた体の小さな子たちも、

3つずつ頭に乗せて運んで

他の子供たちも

体の大きさに合わせて頭に乗せれるだけ

レンガを乗せて運びました。

 

 

子供たちみんなで

何日かかけて一人何十往復もして

新しいレンガの教室を楽しみにしながら運び、

 

レンガのほかにもセメント、砂、木の幹、鉄の棒、

トタン屋根、毎月少しずつ買いそろえて、

良心的な値段の地元のレンガ積み職人さんに

お願いして完成しました。

 

子供たちも雨漏りもしない、突風も怖くない

ぎゅうぎゅう詰めじゃない

新しい勉強小屋(教室)に

とても喜んで勉強に励んでいます。

 

 

温かなご支援、心からお礼申し上げます。

 

 

 

写真1枚目  わらだった勉強小屋

  2枚目  数日前に完成した立派なれんがの教室

 

    ご支援本当に本当にありがとうございます。

 

 

 


栗山さやか * モザンビークの協会の女性たち。子どもたち。 * 08:16 * comments(7) * trackbacks(0) * - -

主食の乾燥トウモロコシの収穫時期

 

 協会の畑で今年も乾燥トウモロコシの収穫が無事に

 終わりました。

 

 乾燥した白いトウモロコシの粒は硬くて

 芯から取るのにかなり力がいります。

 

 写真

 1枚目

 協会の子供たちもみんなで授業の後に

 手伝ってくれます。

 

 2枚目

 地面に落ちたトウモロコシの粒を

 小さい子達も拾ってくれています。

 

 3枚目

  みんなでトウモロコシを運び中

 


 

栗山さやか * モザンビークの協会の女性たち。子どもたち。 * 07:04 * comments(9) * trackbacks(0) * - -

手作りのお人形

 

ブログの更新がおかしくなってしまって

いました。

申し訳ないです。

 

 

モザンビークもマラウィも

乾期に入って砂埃の時期に入りました。

 

これから7月、8月に向けて

だんだん寒くなっていきます。

 

モザンビーク側に戻ると

悲しいニュースを一度に聞きました。

 

一緒に働いてくれているスタッフの

20歳前半の奥さんが亡くなり、

もう一人のスタッフの7歳の甥っ子が亡くなり、

2つ目の勉強小屋で見張りをしてくれている

男性のまだ3歳だった孫の女の子が亡くなり、

うちのすぐ隣に住む、いつも見かけていた

10歳の女の子が亡くなっていました。

 

別の近所の男性は、兄弟を殺してしまっていました。

どうやら畑から作物を勝手に兄弟に収穫されて

殺してしまったようです。

 

嬉しかったことは、

紛争地域が停戦状態に入り、

このまま紛争は終わると言われていること、

(周辺国に難民として逃げていた人たちも

無事に戻ってきているようです。)

協会の勉強小屋の子供たちが元気に

勉強をしている姿を変わらず見れることは

嬉しくてほっとします。

 

いつもご支援本当にありがとうございます。

 

栗山さやか * モザンビークの協会の女性たち。子どもたち。 * 03:16 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

また更新が遅くなってしまいたいへん申し訳ないです。

 

しばらくの間体調を崩してしまっていて、

コンピューターも長い間また使えずにおり

更新が止まってしまっていて

たいへん申し訳ございませんでした。

 

協会の活動は変わらず、

モザンビークの町にある協会の子供たち、(2か所)

マラウィの村にある協会の子供たち、(1か所)

モザンビークの女性たちの畑、豚小屋、

活動を続けさせていただいております。

 

また少しずつでもご報告させてください。

いつもご支援をしていただき、

本当にありがとうございます。

 

いただきましたコメント、大変遅くなってしまいましたが、

お返事を書かせてください。

温かいコメントをいただき、お礼申し上げます。 

 

日本は今ゴールデンウィークですね。

皆さまが日頃の疲れを十分にとって

ゆっくり休めていらっしゃいますように。。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

写真

 

モザンビークとマラウィの国境付近の川。

やっと雨期になった時期の写真で、

みんな川でお洗濯したり、体洗ったりします。

 

 

栗山さやか * 協会(アシャンテママ) * 17:05 * comments(9) * trackbacks(0) * - -

コンピュータが使えずにいました。

 

コンピューターをずっと使えずにいて

ブログの更新が出来ていず申し訳ございません。

 

マラウィでは、今は雨期の終わりに差し掛かっています。

 

 

 

写真

 

マラウィの村の子供たち、

みんなで掃き掃除、一人一人草でできたほうきを作りました。

 

 


栗山さやか * マラウィの協会の子供たち * 08:10 * comments(11) * trackbacks(0) * - -

ブログの更新が遅くなってしまい申し訳ないです。

 

 

ブログの更新が出来ていず、協会の活動報告が

遅くなってしまいたいへん申し訳ありませんでした。

 

 

しばらく体調を崩していて

村から戻ると具合が悪くて

ずっとぐったりしてしまっていましたが

やっと昨日から少しずつ元気になりました。

 

子供たちは、元気に勉強を頑張っています。

 

 

 

写真

マラウィの勉強小屋と子供たち

 

近隣の7つの村から

両親、あるいは片親を亡くしてしまった子供たち、

あるいは、体に障害がある子供たちが通ってきています。

 

 

ご支援心から感謝申し上げます。

 

栗山さやか * マラウィの協会の子供たち * 04:20 * comments(11) * trackbacks(0) * - -

治安の悪化

 

 

モザンビークの2つ目の勉強小屋のそばの畑で

女性が殺されているのが見つかりました。

 

彼女は妊娠していて臨月に近かったようです。

 

その日は食べ物に困っていて、

近くに住む人たちに

「なにかお仕事はありませんか」と

旦那さんと尋ねてまわっていて、

二人である人の畑を耕していたそうです。

 

旦那さんが少し離れたすきに、

妊娠した女性は、

お腹を切られ、目をくり抜かれ殺されてしまったそうです。

 

近所の人たちが

「犯人は、性交をしようとして

断られたからカッとなって殺したらしい」と

話していました。

 

先月も1つ目の勉強小屋の地区でも、

 

売春をしていた女性が

ぼろぼろの小さな売春宿で

部屋で殺されているのが見つかりました。

 

口に布を入れられ、性器に砂が入れられ

殺されたまた別の女の子も道端で見つかりました。

 

その女の子も

性交をすることを拒んだから

殺されたと聞きました。

 

勉強小屋のすぐそばにあるマーケットでは、

看護師として病院で働く男性が、

マーケットで朝遺体が見つかっていました。

 

発見した人たちが

 

「薪でも割るかのような、

魚を解体するかのような

ズタズタの遺体だった」と言っていました。

 

犯人はそのマーケットで見張りとして働いていた人だったそうです。

 

ここ2か月ほどで、

勉強小屋のある地区、その隣にある地区で

私が聞いただけでも8件の殺人があり、

治安がまたかなり悪化しているように感じます。

 

夜間の中学校、高校に通っている人々は、

みんな襲われないように、

集団で必ず帰るようにしています。

 

ただ学校にいって普通に勉強したいだけなのに、

学校の行き帰りに襲われてしまう可能性があるので

みんなびくびくしながら毎日通っていて。

 

1年ぐらい前もあまりに殺人事件が続いたときに

首都からヘルメットをかぶり武装した

エリート特殊部隊警察が配置され

夜道を歩いている人を厳しく取り締まっていましたが、

(夜9時以降、道を歩く怪しい人は容赦なくぼこぼこにしていました)

モザンビーク中部での紛争に対応するためにこの町から

離れてしまっていました。

 

 

モザンビーク中部地方でひどかった紛争や

政治的情勢が今少しずつ落ち着いてきているようなので

また特殊部隊の人たちがこの町や犯罪が多い場所に

戻ってきてくれればと思います。

栗山さやか * 日々の暮らし * 22:14 * comments(8) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ