<< まわりからの影響 | main | 元気になった3人 >>

嬉しい象のニュース

 

私たちが活動する州には、たくさんの野生動物が暮らしています。

 

活動している地域では見ることはないのですが、少し離れた地域に行くと、車が通る道でも象の糞がたくさん道端に落ちていて、夜間は象も付近を歩いているから危険、と聞いていました。

 

その土地に暮らす人たちは、野生動物からの被害もあり、象やライオンに襲われて殺されてしまった人々の話も時々ですが聞きます。

 

象たちも象牙目当てで、密猟ハンターたちに殺されてしまうこともよく聞きました。たくさんの象牙が運ばれていく先はアジアのマーケットと聞きます。

 

象のお肉も昔はよくマーケットで売っていて食べたけどすごい油っぽいと。

 

2011年にはこの地域では、約12000頭の象たちが確認できたのに、密猟より2016年には約3600頭にまで減ってしまっていたと聞いていました。

 

先月ニュースで、密猟により殺されてしまった象が過去2年以内一度も発見されなかった、との発表がありました。

 

この地域には、いくつかの密猟グループがいて、そのボスたちは、現地にネットワークを張り賄賂等のテクニックを駆使していたようですが、遂に、長年の現地政府とアメリカなどの支援団体の成果が実を結んだと。

 

以前、合法のハンターガイドをこの州でしているスウェーデン出身の友人から、密猟ハンターたちに殺され象牙を取られた、むごたらしい象の写真を見せてもらったことがあり、どうにかならないものかとずっと思っていたので、とても嬉しいニュースでした。

 

【写真】町から離れた奥地

 

 


栗山さやか | 色々な国の人々 | comments(3)

コメント欄

さやかちゃん

それは嬉しいNEWS。
ケニア人の友達で、動物特に象を愛していろいろな活動に参加しているコがいるんだけど、その子にも伝えておきますね。
時間はかかってしまって、多くの象たちがひどい死に方をしていまったとは思いますが、政府や動物愛護の方々の活動が実った証拠ですね。密漁は、とくにAfricaではいろいろな国で起こっている悲しい犯罪ですよね。南アフリカでは、猛獣をハンティング用に繁殖、世界のセレブたちがやってきて、特にオスライオンをハンティング、その狩猟写真が彼らの誇りとかって。嘘みたいな本当のビジネスが存在しているみたいで・・・その中に日本人もいるって聞いたこともあるし。

命あるもの、もちろん私たちも生きるために命はいただきますが、ビジネスだけのために、自己満足だけのために尊い命を無駄にすることだけはやめてほしいですよね。

写真を見る限り、自然がいっぱいですが、危険もいっぱいなのかな・・・

さやかちゃんも健康で安全に、元気に過ごしてくださいね。


Candy
Comment by Candy @ 2020/06/05 3:01 PM
 最近よくブログを更新されていますね。
 エディナさんの訃報には胸が痛みましたが、マザー・テレサが「人生のたとえ99%が不幸だとしても、最期の1%が幸せならばその人の人生は幸せなものに変わる」と言っています。エディナさんも最後はスリアさんに抱かれて幸せだったのではないでしょうか。
 識字率の話はフィリピン人のお友達がおっしゃる通りと思います。以前にも書きましたが日本が明治以降急速な発展を遂げたのも、優れたエリートたちの力だけでなく、当時世界一だった国民の識字率あってのことだったと思います。アシャンテママで勉強した子供たちが将来の国の発展を担っていくことを期待しています。
 あとペットについて、たぶんそちらでは犬も猫も愛玩動物ではなく家畜という感覚なのでしょうね。私が小さい頃の日本も、犬は番犬で猫はネズミを捕るもの、という意識だったと思います。でもいま我が家では頭をなでるどころか、家族が夜も犬(チワワ)を自分のふとんに入れて一緒に寝ています。そちらでも十年後には変わりますよ、きっと。
Comment by 3.18 @ 2020/06/05 9:55 PM
>CANDY様

いつもありがとうございます。密猟もそうですが、ハンティングにも対しても様々な感情がでてきてしまいますよね。。

ハンターガイドをしている友人が言うには、殺すのは、年をとっている雄だけだと言っていましたがそれでも。。。と思ってしまいますよね。。

CANDYさんのおっしゃる通り、お客は、海外からの大金持ちが多いそうです どこかの国の王様や貴族もいると教えてくれました。動物たちをはく製にするために持って帰るとも聞きました。

色々考えてしまいますね。。

ご支援、コメントもいつも本当にありがとうございます。



>3.18様

コメントをいただきありがとうございます。

>>「人生のたとえ99%が不幸だとしても、最期の1%が幸せならばその人の人生は幸せなものに変わる」
エディナさんも最後はスリアさんに抱かれて幸せだったのではないでしょうか。

ありがとうございます。エディナが最後幸せであったのなら、、と思います。。



動物に関してもそうですね。
私も今回のことだけではなく、自分の価値観を押し付けてしまっていることも現地で多々あるのではと自分の言動を振り返り、反省しております。


スイスではロブスターなどを生きたままゆでるのが禁止の法律があり、苦痛を与えて殺すことは禁止され、気絶させてから殺さなければならないなど。

動物に対して法律がほぼない国も多い反面、国によってそれぞれですね。

チワワちゃん嬉しいですね。一緒にお布団で安心して眠れて。。 やっぱり犬や猫たちがかわいがられる存在であってほしいとエゴかもしれませんが思ってしまいます。。



アシャンテママの子供達、新しく入ってくる子供達、一人でも多く勉強をする機会が与えられたらと思います。

3.18様ご支援を続けてくださって心から深く感謝申し上げます。 どうかお元気で過ごされていますように。。






Comment by 栗山 @ 2020/06/06 11:32 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ