<< 帰り道 | main | 知らない国の子達への支援 >>

エディナ

 

スリアさんが育ててきたお孫さん。15歳ぐらいのエディナ。昔、お父さんは家を出ていってしまっていて、数年前に母親も亡くなりました。

 

少し前に、エディナの体調が悪いと聞き、病院に連れていき、いつも食べる主食のしまが食べられないというので、

 

早く良くなるように、貧しい家庭の子供達にはなかなか食べれることができないお米、卵、ジュースなどを援助していました。

 

病院でもらった薬を飲んでいるけど、下痢が続いていて、まだあんまりよくならないみたいと聞いていました。

 

モザンビーク側で3つある教室のそれぞれの地域で体調が悪い子達がいて、病院に連れて行ったり、順番にお見舞いに行ったり、食べ物を援助したりしています。

 

そんな中、エディナが亡くなったと連絡が入りました。あとになって彼女はエイズを発症してしまっていた可能性が高かったことがわかり。

 

今まで一生懸命育ててきた残されたスリアさんの痛みを思うと、亡くなってしまう前に、もっと何かできなかったのかと後悔ばかりです。

 

毎年、今年こそはアシャンテママに通う子供達が亡くなることがないようにと、1年の始まりに強く思うのですが、毎年誰かが亡くなっていってしまって。

 

登録している子供達が増えていても亡くなっていく子供達の数は比例して増えていってはいないのですが。

 

「人は、身長が高い人、低い人、足が速い人、遅い人がいるように、人生の長さも人それぞれで、100歳まで生きる人もいれば短い生涯を終えていく子供達もいる。人生は、長さじゃなくて、濃さが大切」と言う言葉

 

ただ救える、助かる命は、助かってほしいし、色々なことを経験してこれから大人になって、、の過程にいる子供達が亡くなっていってしまうことはとても悲しく。。

 

今後も亡くなる子がいなくなるようにサポートしていけたらと思います。

 

ご支援を下さり誠にありがとうございます。

 

 

【写真】プリントを受け取る子供達

 



栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(2)

コメント欄

さやかちゃん

また悲しいお知らせ・・・
エディナちゃんのご冥福を心からお祈りしております。
スリアさんも本当に悲しいでしょうけれど・・・なんとかなんとかがんばってほしいです。応援しています。


さやかちゃんの言葉に感動しました。

「人は、身長が高い人、低い人、足が速い人、遅い人がいるように、人生の長さも人それぞれで、100歳まで生きる人もいれば短い生涯を終えていく子供達もいる。人生は、長さじゃなくて、濃さが大切」

そして、自分もこの言葉、特に最後の1文、心に刻んで生きていきたいと思います。

さやかちゃん、アシャンテママのスタッフの皆さん、子供たち、お身体大切にしてください。地球の裏側からいつも祈っています♪


Candy
Comment by Candy @ 2020/05/23 10:15 PM
> CANDY様

ありがとうございます。
もっと嬉しい報告が増えるようにと思います。

CANDYさんもお体大切にしてくださいね。
いつも本当にありがとうございます。
Comment by 栗山 @ 2020/05/26 3:58 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ