<< みんなが大好きな女性 | main | 色々な連絡 >>

アナさんのお孫さん


アシャンテママで働いているアナさん


内戦の時に太ももを撃たれて、それから足を引きずるように歩いている女性です。


先日連絡があり、アナさんと一緒に暮らす生後4か月の赤ちゃんのお孫さんが亡くなったと。


赤ちゃんの具合が悪くなり、すぐ病院に連れてたけどだめだったと。


産まれてたった4か月で亡くなってしまった赤ちゃん。あまりに短い一生で、悲しむご家族の皆さんのことを思うと。。


まだ小さな命、子供達が亡くなってしまうたびに色々なことを考えます。


モザンビークで、まだ小さな命、若い命が亡くなってしまう大きな原因は、マラリア、HIV/エイズをはじめとする感染症の多さがあります。


人口約3100万人中、220万人がHIVに感染していて、15歳から49歳までの人々の間では、12.6パーセントの人が感染していると発表されています。(2018年のデータ UNAIDS)


モザンビークで2018年の1年間でHIV/エイズ関連の疾患で亡くなった人たちは5万4千人(新たに感染した人たちは15万人)


病院に来られず、家でそのまま亡くなる人たちもいるので、そういう人たちは統計にも入っていないのでは、という声もあります。


今年はコロナウィルスによって、最悪の場合国内だけで6万4千人ほどが亡くなることもあり得る、という予想もでているそうです。


誰でもいつか人生が終わるときがきて、人生の短さ、長さでは測れないものもあるとは思いますが、どこであっても亡くなっていってしまう人、苦しい思いしている人、誰かを亡くして悲しい思いをしている人が少しでも減ってくれればといつも思います。


モザンビークは今現在報告されている感染者は8人ですが、外出制限や封鎖などをどうするか議会で議論をしていて、48時間以内にどういう対応をとるのかが決まるようです。

 


【写真】昨年、出産のときに母親(アシャンテママの生徒で15〜6歳だったエスペランサ)を亡くした美樹ちゃん。粉ミルクや石鹸、お米などを毎月援助させて頂いてます。

 

無事に10か月になり成長が嬉しいです。

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(2)

コメント欄

さやかさん、こんにちは。

コロナウイルスの拡大、モザンビークではそんな予測も立てられているんですね。。
コロナウイルスだけではない感染症がすでに小さな子どもの命を奪っていく状況があり、本当に悲しくなります。
日本でもウイルスのため、病院へ直接お見舞いにいけない、亡くなっても会えない、そんなニュースを聞くたびに心が痛みます。
世界のほとんどの国での感染へ広がってしまった今、多くの人がこの厳しい時期を乗り越えないといけない状況にあり、神様はなぜこんな苦難を与えたのだろうと考えてしまいます。
本当に1人でも悲しむ人が少しでも減り、早く収束することを祈ります。

現地の皆さん、さやかさんやご家族も身体にはお気をつけて日々お過ごしくださいね。

colorful
Comment by colorful @ 2020/04/02 5:55 AM
>colorful様

コロナウィルスで厳しい状況にある人もコロナウィルスとは関係なくてもいつも厳しい状況にある人もみんなが安全で衣食住がみたされる世界にいつかなって欲しいですね。

&#8203;&#8203;colorfulさんもどうかどうかお体にお気をつけてくださいね。

いつも本当にありがとうございます。。
Comment by 栗山 @ 2020/04/07 7:28 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ