<< マラウィのアシャンテママの子供達 | main | シーチキンの缶 >>

アレルヤ

 

以前ブログに書いたアレルヤ。

 

 アレルヤの体調

 

ずっとこの数か月、病院へ入退院を繰り返していて、

彼女のお母さんは、

悲しくなるぐらい痩せ細り、

歩けなくなってしまった彼女を背中におぶって、

泥道を歩き、教会へ通って祈りを捧げていたと聞きました。

 

先日、アレルヤの具合がとても悪いから

車を使って病院に運びますとルーシアさんから

連絡がありました。

 

ですが病院について翌日には亡くなってしまったと。。

 

ショックを受けていると、

彼女のお母さんが、どうか二千円、貸してほしいと。

 

アレルヤを包む白い布代のためでした。

 

ここでも棺桶はものすごく高価なもので貧しい人は買えないので、

白い布でご遺体を包んだり、ゴザで包んだりして

土葬します。

返さなくていいからと、布代を渡しました。

 

闘病を頑張っていたアレルヤ、

亡くなってしまう数日前に

ルーシアさんがバナナとお米を持って訪ねたときに、

「何か他に食べたいものある」って尋ねると、

 

「これで十分です。ありがとう。。」と言って

その場でゴザの上で横になりながら、

バナナをゆっくり食べていたと。。

 

 

アレルヤが今は天国でゆっくり休めていますように。

 

 

エチオピアの施設でボランティアしていた時と変わらず、

12年が経った今も、子供たちが亡くなっていってしまうたびに、

いつも何かもっとできたんじゃないかと

考えてしまうことを繰り返しています。。

 

 

写真:一番前のピンクの服を着た女の子がアレルヤです。

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(5)

コメント欄

小さな子供たちが亡くなってしまうのが本当に悲しいです。
韓国では韓国で、日本では日本で、貧しい国では貧しい国で、いろんな問題がありますが、プラ子さんの行動が少しずつでも皆さんに影響を与えていると思います。
いつも応援しています。
Comment by かんくら @ 2019/01/31 11:47 AM
かなり深刻ですね。今月の給与日まで後2週間はラーメンか仕事の時はコンビニのおにぎり2個かお腹空いてる時は弁当食べてますが半日で仕事が終わる日は立ち食いそば屋さんで天ぷらうどんかきつねうどんかかき揚げうどんで200円から350円と厳しく大変です。栄養ある食事また摂りたいですね。
Comment by スマート @ 2019/02/01 5:50 PM
さやかさん、こんにちは。

本当にいたたまれない気持ちになります。わずかながらの寄付しかすることができず。。このような現実があるのに、私には何が出来るのだろう。もどかしく、何もできない自分に悲しくなります。
アレルヤのお母さんも娘を先になくすショックはとても大きいはずですし、アレルヤが天国で安らかに眠れることを祈っています。

さやかさん、新天地でその後いかがでしょうか?ブログの更新もそうですが、毎日お忙しくされていらっしゃるのではないかと思います。
日本はインフルエンザも大流行している時期です。さやかさんも体調だけはお気をつけてお過ごしくださいね。

colorful
Comment by colorful @ 2019/02/06 7:48 AM
さやか様
今モザンビークですか。さやかさん、アシャンテママの皆さん無事にお過ごしですか。
アレルヤはきっと天国で健やかな日々を送っていることでしょう。アシャンテママの皆さんのことを見守ってくれていることでしょう。さやかさんとアシャンテママで活動されている方々のお陰で、幼いながらもアレルヤはきっと幸せを感じられる日々があったと思います。
さやかさん、無理せず安全の確保は怠らずに御活動下さい。

Comment by Ken @ 2019/02/09 7:12 AM
>かんくらさま。

それぞれの国でそれぞれの問題があったり、いいところ、悪いところがあったり。 ただどこであっても、
少しでも、辛い思いをしている子供たち、人々が少なくなって欲しいですね。
いつもコメントをいただきありがとうございます。





>スマートさま。

どうか栄養のあるお食事を召し上がっていますように。。
寒い時期と思います。 どうか温かくなさってくださいね。




>colorfulさま。

いつもご支援本当にありがとうございます。

>>このような現実があるのに、私には何が出来るのだろう。もどかしく、何もできない自分に悲しくなります。

私も9年も活動を続けさせていただいているのに、子供たちが亡くなってしまったりするたびに、 結局何も大切なことはできていないのではないかと、とても落ち込みます。

今は現地に住むこともできなくなって、そういったこともふと考え込んでしまいます。


アレルヤが安らかに天国で過ごしていること、アレルヤのお母さんや残されたご家族のケア、何ができるのかわからないですが、少しでもみんなが元気で子供らしい日々を送り、生きていってくれたらと思います。

colorfulさん、私のことまでご心配してくださってありがとうございます。

colorfulさんも寒い毎日で風邪やインフルエンザにお気をつけて、どうかお元気にされていらっしゃいますように。
いつも本当にありがとうございます。。









>KENさま。

いつもありがとうございます。
アレルヤのことをこんな風に想ってくださってありがとうございます。。。

モザンビーク、マラウィへは来週末に行けたらと思い準備をしております。 
また色々現地からご報告ができればと思います。

いつも気にかけてくださって本当にありがとうございます。。
KENさまも、まだまだ寒い日々が続くと思いますが、お元気で過ごされていますように。。



Comment by 栗山 @ 2019/02/14 12:58 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ