<< 子供たちのノートの写真 | main | 2018年もありがとうございました。 >>

畑の犯人たちのその後

 

 

以前に書いた畑を占領してしまった強盗集団。

 

その中の数人と現地に行ったときに話し合いましたが、

結局アシャンテママの畑は諦めたことを書かせていただきました。

 

畑の土地問題(続き)

 

 

ある夜、この強盗たちは、

ある女性がたまたま一人で家にいた日を狙って

強盗に入り、泣き叫ぶ彼女に暴行を加え、

マットレスなど家財道具を奪っていったそうです。

 

その家から物を奪って逃げていったとき、

この女性は、気丈にも外に出ていき、

彼たちの名前を叫んだそうです。

 

逃げる途中にその声が強盗たちの耳に入り、

その女性のとこに大激怒して引き返し、

さらに暴行を加え

殺してしまったそうです。

 

近所の人たちは全て聞こえていたけど、

怖くて助けに出てはこれなかったと。

 

その同じ夜、また別の家にも入り、物を盗んでいって

でもその被害男性は、生き延びて

すぐ次の日に被害を警察に訴えたそうです。

 

警察も彼たちの家に行き、盗んだものがあるのを確認し、

殺された女性が彼たちの名前を叫んでいたことも近所の人から聞き、

彼たちは警察に捕まったそうです。

 

具合の悪いアレルヤの様子を

見に行った帰りに、ルーシアさんも

ちょうど、アシャンテママの教室の前を警察に連行されて連れていかれる

彼たちをみたそうです。

 

殺されてしまった女性が不憫でなりません。

 

強盗集団の全員が捕まったわけではないこと、

もしかしたら全員すぐに釈放されてしまうかもしれないこと、

他にも強盗をする人たちはいるので、

ルーシアさんたちの身の安全もとても心配です。

 

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(4)

コメント欄

さやか様 ルーシアさんのことも、他のスタッフの方のことも、そして貴女のことも心配です。貴女が無事でいられる事、アシャンテママの子供たちの幸せを祈らずにいられません。
Comment by Ken @ 2018/12/22 12:29 AM
 昨日JICA中部で「女を修理する男」という映画を観ました。変な題名ですが、ことしノーベル平和賞受賞の医師ムクウェゲ氏がコンゴで性暴力被害に遭った女性のために奮闘するドキュメンタリーです。さやかさんのブログに出てきた犯人は最終的に捕まって良かったですが、映画には「犯人が警官や裁判官にいくばくかのカネを払えば処罰されずにすんでしまう」という話が出てきました。
 コンゴとモザンビーク・マラウィとはまた状況が違うかもしれませんが、さやかさんのような外国人は、どこでも金持ちと思われて強盗の標的になりやすいのではないかと心配です。どうか細心の注意を払われますように。
Comment by 3・18 @ 2018/12/24 12:06 PM
さやかちゃん

出来事は悲しすぎるけれど・・・
まだまだ強盗団はいるとは思うけれど・・・
少しずつ・・・少しずつ・・・その女性の死が無駄にならなかったこと、そして、男性も命は助かったこと、治安が少しでもよくなっていくことを祈っています。

ルーシアさん、そしてスタッフの皆さんも、子供たちも日々本当に無事でいられますよう、心からお祈りしています。


Candy
Comment by Candy @ 2018/12/25 8:41 PM
>KENさま。

 ルーシアさんや、ほかの現地スタッフ、そして子供たちの幸せをお祈りくださって本当にありがとうございます。        私のことまでご心配くださって。。。ありがとうございます。。
 
 辛い思いをする子供達が世の中から一人でも減ってくれればと思ってアシャンテママの活動を続けさせていただいております。

 KENさんの温かなお気持ちに心から感謝致します。
KENさんもどうか安全でお元気で、1年の疲れをいやせるような年末年始を過ごされますように。。。







>3.18さま

 いつもありがとうございます。
 私も機会があったら是非見てみたい映画です。
 辛い描写もとても多そうですが。。ムクウェゲ医師素晴らしい方ですね。

>> 映画には「犯人が警官や裁判官にいくばくかのカネを払えば処罰されずにすんでしまう」という話が出てきました。


 これは、もうとてもとてもよくあります。
 ブログで、表だって書くことはその国の政権批判になってしまうので書くことを控えているのですが、(その国へ、入国禁止になってしまう可能性もあるので)もうこのことは、私が暮らしていたある国では頻繁に起こっていることで、このことは、現地の人たちをとても苦しめています。 犯罪の被害者になっても泣き寝入りで、お金があれば法律はあってないようなもの。。とても理不尽で、こういった場所で生きていくのはとても過酷でやりきれないといつも思っておりました。      

3.18さま、いつも何年も多大なるご支援、温かいお言葉を下さり深く深く感謝しております。 

年末年始どうかご家族でごゆっくり楽しく過ごされますように。。。 コメントもいつも本当にありがとうございます。
  








> Candyさま

 現地のみんなのために祈ってくださってありがとうございます。 みんなも遠くから気にかけてくださる人がいること
とても嬉しく思っていると思います。
 
candyさん、素敵な年末年始を過ごされますように。。







 
Comment by 栗山 @ 2018/12/30 7:15 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ