<< ルーシアさん。 | main | モザンビークの家の窓 >>

お昼ご飯のメニュー

 

朝、アシャンテママの教室に行くと、

兄弟に連れられて一緒に来ている3,4歳の

小さな子供達も校庭にいます。

 

お昼ご飯を食べる前は、

みんなじっと座っているか

横たわっている子も時々います。

 

体調が悪いのかな、眠たいのかなと聞いてみると

お腹が空きすぎて。。。と。。

 

お昼ご飯を食べ終わると、

みんな大きな声を出して、

元気に飛び跳ねたりして遊びだします。

 

小さい子たちが空腹のまま我慢して眠る夜もあったり、

お腹が空き過ぎて

夜中に目が何回も覚めてしまう夜もあると聞きます。

 

温かいご支援心から感謝申し上げます。

 

写真 おかずの干した魚 それぞれの協会の子供達。

お昼ご飯中。みんな食べている間は集中していてとても静かです。

みんなの大好きな卵のおかずのお昼ご飯

 

みんなの大好きな卵

 

栗山さやか | モザンビークとマラウィの教室 | comments(3)

コメント欄

初めましてデミタスと申します。
何にもないけどやってみた、読みました。
とても面白く、興味深く読ませて頂きました。

実はお聞きしたいこと(相談したいこと)があり、コメントさせて頂きました。
ご迷惑にならないよう、
1〜2回くらいのやり取りで済ませます。
空いた時間で、且つ返信が遅くなっても構いませんので
上のEメールアドレスに返信頂けませんでしょうか。
Comment by デミタス @ 2018/11/16 12:50 AM
さやかちゃん

そんなちっちゃな子供たちがお腹すきすぎて横たわったり動けなかったり・・・なんて、本当に日本の子供たちに言ったら、意味わからないだろうね・・・><
あ、でも、朝ご飯食べないで学校に来る子供たちが最近は多いとも聞きますね。学校で、おにぎり一つでもいいから、朝ご飯食べさせてきてくださいとお母さんに言ったら、コンビニで買ったおにぎりを1つ、与えるようにしたって友達の先生が呆れて話してこれたことがありました。

なんだろう・・・その違い・・・ToT
食べるものがあって食べられないというこの日本の現実、食べるものがあるんだけど、お母さんがめんどくさいから子供にご飯をあげないっていう日本の現実・・・

なんだか理解できなくて悲しくなっちゃうね。

だから、最近では町のコミュニティで子供食堂とか、だれでもご飯を食べられるようにって、心ある大人たちが、そういう子供や親子のために食堂をしていたりする。

日本とはまったく違う事情だけど・・・
ごめんね。支離滅裂・・・なんだか本当に悲しすぎて・・・あぁ、うまい言葉が出てこない・・・

それでも、アシャンテママに来れてる子供たちは、少なからずご飯を食べられるチャンスがあるんだね。
みんな、とにかく毎日ご飯が食べられるように、ご飯を食べるためだけでもいいから、アシャンテママに通えますように。

地球の裏側からお祈りしています。



Candy
Comment by Candy @ 2018/11/18 9:50 PM
>デミタスさま。

本を読んでくださってありがとうございます。

メール致しますね。






>CANDYさま。

優しいお言葉をありがとうございます。

日本でも様々な問題があるのですね。
どこの国もそれぞれにいいところもあれば、問題点も抱えていますね。 
日本の子供食堂の話伺いました。
みんなでわいわいしながら食べる素晴らしさもありますね。
どこの子供も周りの環境、人々からいい影響を受けながら育っていってほしいですね。

CANDYさん、いつもブログを読んでくださってコメントもくださってありがとうございます。

Comment by 栗山 @ 2018/11/23 5:56 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ