<< アジャラ | main | パオリーノのお父さん >>

休まずに通っていた女の子

 

 

ルーシアという12歳ぐらいの女の子。

3年前からアシャンテママの教室に通い始めた子です。

 

9歳ぐらいだった当時は、

まだ学校に通ったことが今まで一度もない子で。

 

小学校に通えるように手続きを手伝い、

3年経った今は、無事に小学3年生になりました。

 

いつも全く休まず、アシャンテママの教室に通ってきていて

読み書きも公用語のポルトガル語もだいぶ覚えて、

これからも楽しみな女の子でした。

 

お母さんはいたのですが、

とても貧しく離れた村で畑を耕していたため

何年も別々に暮らしてて、

親せきに預けられて育てられていました。

 

前日まで元気にしていたルーシアが

その日の夜に「頭が痛い」と言って、

次の日には亡くなっていったと連絡が来ました。

 

亡くなった理由は不明だそうです。

 

12年の人生。

 

人によってはどんなに貧しくても、

12年も生きたから良かったと

思う人もいるかもしれません。

 

他の誰かの人生を自分の価値観で測ったり、

比べることは、良くないことだと

わかっていますが、

 

それでも、なんでなんだろう。。といつも思ってしまいます。

 

病気の予防や、

体調を崩したらまず病院にいくことをいつもみんなに伝え、

アシャンテママで働いているルーシアさん

(偶然おんなじ名前です。)が、

病院代がない子たちには、

病院代、薬代を渡してサポートをしています。

(確認のために後日レシートを持ってきてもらっています。)

 

ただそれでも、失われていってしまう命はあって。

 

 

モザンビークで一緒だったインド人の友人の一人が、

 

「亡くなっていってしまう子がいる現実はとても辛いけど、

アシャンテママの活動で、

救われて今も生きている命もあるってことも

忘れないでね。」と言ってくれ。。

 

 

ルーシアがどうか今は、

天国で安らかに過ごしていますように。。

それを願うばかりです。。

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(4)

コメント欄

優しい方ほど、世の中の理不尽さ、自分の無力さに心を痛めてしまう機会が多いものですね&#8943;。

でも、お友達のおっしゃる通りですね!さやかさんのおかげで救われた方もいらっしゃるんですよね。
そして、さやかさんと同じようなことができる方は、なかなかいらっしゃらないのです。


辛い気持ちになると、そういうことは忘れちゃうんですけれども。。
覚えててくださいね。
Comment by まゆ @ 2018/10/28 6:04 PM
さやか様 最近ジャーナリストの安田氏の報道を聞く度に、命の重さや意味を考えさせられていました。そんな時にこの12歳の女の子の事を読み、猶更命の重みが分からなくなりました。アシャンテママの畑を強奪している輩の命も重いのでしょうか。さやかさん、このような輩と話し合いをされたとのことですが、とても危ないと思います。全ての人の命の重さが同等であるとは思えません。さやかさんの命はとても重いと思います。どうか今まで以上にお気を付け下さい。御願いします。
Comment by Ken @ 2018/10/29 1:53 AM
皆様のもとにいち早くお薬を届けられるように頑張って行きます&#8252;
Comment by Kensaku @ 2018/11/02 6:34 AM
> まゆさん。

温かいお言葉、ありがとうございます。
世の中の理不尽さ、自分の無力さ、感じてしまいますね。特にそう感じるようになったのは、現地で生活するようになってからだと思います。 理不尽さは細かいことを言い出したらしょうがないとことだと思いますが、でもやっっぱり命や安全にかかることは。。と思ってしまいます。 まゆさん、こうおっしゃっていただいて、励まされて、とてもありがたいです。 本当にありがとうございます。  まゆさん、お元気で過ごされていらっしゃいますように。。



>KENさま。

ありがとうございます。
人の命の重さ私も考えてしまいます。  いつかみんなに訪れる死ですが、あまりに早すぎると思ってしまう死には、なんでだろうと、いつも考えてしまいます。 本当は人生の長さは関係ないのかもしれませんが。。   
ご心配してくださってありがとうございます。私は今は現地からは離れて暮らしているので安全な毎日で、申し訳ないくらいです。 今後もしばらくは時々現地に行く形をとらせていただくつもりでおります。  現地のみんなに襲われていませんように、危険な目にあっていませんように。。と願うばかりです。。 KENさん、気にかけてくださって本当にありがとうございます。





> Kensakuさま。

 コメントありがとうございます。
 応援しております。適切な治療、お薬、みんなとてもとても助かると思います。
 
Comment by 栗山 @ 2018/11/05 8:43 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ