<< 越谷小学校の皆様からの温かい募金 | main | 兄弟の子守り >>

それぞれのご意見

 

 

病院で配布されるはずの蚊帳が

路上で何年も売られ続けていること、

その他にも嫌というほど

見聞きする同じようなこと

もっと悪質なことについて、

現地の事情をよくわかっている数人の友人や知り合いに

それとなく話してみました。

 

 

売られている蚊帳について

そういうことを連絡するホットラインも

しっかりあるのですが、現地の友人たちは、

「そこに電話しても何も変わらないと思うよ。それどころか、そんなことしたら自分の身、現地のスタッフに危険が及ぶかもよ。」と。

 

もう一人の現地の友人(彼女はパキスタンと現地のハーフ)は、

「このよそ者が。騙ってろ。。って思われるだけだからやめたほうがいいよ。」と。

 

アメリカ人の友人は、

蚊帳にアメリカ政府からの援助の印が入っていたことを伝えると、

「ひどい。海外からの援助をしっかり回していれば、きっと今頃現地の貧しい人の暮らしはかなり違うと思う。私がその組織に連絡するよ、そうすれば何か変わるかも!」

 

でも彼女は、自分が現地にいたときのことを思い出すと、

「あぁ。でもきっとその組織のトップの人たちも、そんなことはもう知っているんだろうな。私が現地で活動していた団体も、援助金を全額そっくり盗むわけじゃなくていくらかは活動に使い、残りは盗んでいて、そういったことも組織のトップに報告したことがあったけど、結局何も変わらなかった。そういう現実に疲れてしまって契約終了を待たずに私、アメリカに戻ったの。」と。

 

 

日本にいたときに、日本のとても優秀な大学で

そういった国の経済などの統計等を研究されている方と、

一瞬だけですがお話させてもらう機会がありました。

 

「そういった賄賂、汚職なども一つの経済効果です。賄賂のお金も現地で使われ、経済を回していますから」

というようなことをおっしゃっていて。

 

「あぁ。世の中そういうものなんだ」と思う反面、

日常の暮らしで頻繁にそういったことを要求される、

現地の人たちのことを思うと、

なんだかやりきれない気持ちになりました。

 

現地の友人は、

「みんな植民地時代、独立戦争、内戦で苦しんだ経験があるから、今は自分の番だと思っているんじゃないかな。」と。。

 

他の現地の知り合いは、

「世界は弱肉強食な世界だから。」と。。

 

いくつかの国で大使として勤務されていた南アフリカ人の友人は、

「これはこの大陸の多くの国で起きている一言では片づけられない根深い問題で、望みは、新しい世代、若いリーダーたちが少しずつ変えていってくれたらと私も望んでいるよ。教育とリンクして、そういったことは間違っていると声に出して堂々と言える世の中になってほしい。だから何年も言い続けてきたけど、アシャンテママの地道な活動はとても大切で1人のアフリカ人として、とても感謝しているよ。」と。。

 

現実に起こったことでも、

現地の人々について悪い印象を与えてしまうようなことは

ブログにあまり多く書くべきではないと思うようになって、

いつからか控えるようにしていました。

 

今回のこともブログに書くことは控えようと思っていたのですが、

帰りの飛行機でたまたま隣に座ったソマリア出身の女の子と

話をして、やっぱり少しだけでも書こうと思いました。

 

 

この19歳の女の子、

ソマリアから家族で逃げて、ケニアのナイロビで暮らし

今はロンドンにある大学に通っていると教えてくれました。

家族は油田関係の仕事を

経営しているようで裕福な家庭のようでした。

 

その子とお互いのことを少し話すうちに、

「なぜこの大陸の多くの国、特に南部や東部は、

貧しい多くの人々が取り残されてしまっているのか」という話になりました。

 

その子の最初の答えは、

「そういう不公平な深い闇があるから」と。

 

現地に住む知り合いも、

「そういった現実、これから変わると思う?もうずっと骨の髄まで染み込んで、当たり前のこと過ぎて変わらないように思う。。。」と。

 

 

ただそういうことを

なんとかしたいと願っている人は

現地でも、とても多くいることも確かです。

 

日々、そういったことに苦しむ現地の人たちを思うと

本当にやるせなくて、考えれば考えるほど

今だに世の中についてよくわからなくなります。

 

戦争、内戦が終わっただけでも素晴らしいことで、

これから徐々に徐々にそういったことも変わっていくと願って

新しい世代の子供たちに、教育支援を変わらず続けていくことが

出来たらと思ってます。

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | 国などについて | comments(3)

コメント欄

ぷらこちゃん

これは、本当に根深い問題ですね。
各国がそれぞれに何らかの形でこのような問題を抱えている、もしくは過去に抱えてきた問題でもあると思います。
どんな国もいろいろな時代を経て今があるのですから・・・

でも、この間もTVでアフリカでとても便利に活用されている携帯電話で瞬時にできる送金のシステムを紹介していました。
田舎には銀行すらないからって。都心にあったところで、ちゃんと稼働していないし、時間ばかりがかかるからって・・・このシステムがアフリカの今をどれだけ支えているかって・・・
本当にすごいシステムですよね。
私も2年前にケニアに行ったときに、みんな携帯で支払いをしているシステムがとても繁栄していて、ビックリしました。(これはまた違うシステムですが)

そもそも、アフリカ全土において、ガス電気水道もない村に携帯だけが普及したという事実がすごいと思うし・・・
ぷらこちゃんもいつだったか、お話してくださいましたよね。モザンビークではどちらの国でしたっけ?あっという間に携帯を普及させたって。

それと同様、きっと何かいいと思われるシステムはちゃんと考えて広めていけば広がっていくものなんだと思うけれど・・・
アフリカではやはり私たちの思うこととは違う現実があるわけで・・・その根底はやはり教育・・・だから、本当にアシャンテママの活動は、間違いなく将来に繋がる活動だと思っています。

支離滅裂になってしまいましたが・・・
地道に教育を普及していくことが、現状を改善する唯一の方法なのかもしれません。そして、若い世代が立ち上がること、これも大切なこと。そのためには、やはり正しいことを学んでいく姿勢を子供のころから身に着けることがどれだけ大切か・・・

本当に大変なことだと思います。
でも、日本にもその昔、辛い大変な時代もあったのです。
アフリカと一口でいっても、54か国もあるわけで、国によって文化習慣はいろいろです。私は、ジンバブエが、今でも大好きですが、その昔、何度もジンバブエに行って、そのたびに彼らを見ていて、本当に古きよき時代の日本を見ているような気がしました。
女の子は、スカートをはいて、お行儀よく振る舞う、女の子は、朝早起きしてお掃除してごはんを作って・・・この基本ともいえる教育しつけ?がしっかり行き届いていたのにはビックリしました。これは、貧困家庭も中流階級も関係ありません。意識の問題だと思いました。

とはいえ、私は今平和な日本にいて、机上で思いを述べているだけで・・・ぷらこちゃんの向き合う現実は理解しえないかもしれません。でもでも、やはり教育。これだけは間違いありません。

ぷらこちゃんも、今はスペインからの活動になるのかな?
今まで以上に大変なことも多々あると思いますが・・・
現地のスタッフの安全と健康を最優先で、いろいろと問題を解決していくことになるのかな。

私たちには、何もできないかもしれませんが、まずはこのBLOGでの情報発信がとても大きな情報源にもなっています。

これからも、育児と両立は大変でしょうけれど・・・
無理のないところで、アシャンテママの活動、がんばってくださいね。地球の裏側からいつもいつも応援しています。


Candy
Comment by Candy @ 2018/10/14 12:44 PM
「わいろ・汚職も経済効果を生む」とはねえ。初めは驚きましたが、よく考えたらなるほどと納得してしまいました。こういう話は国連の支援組織の広報などには出てきません。ネガティブなことも含めて支援先の状況を少しでも理解したい人は多いと思います。これからもどんどん発信してください。
Comment by 3・18 @ 2018/10/15 10:13 AM
>CANDYさま。

コメントありがとうございます。

>>モザンビークではどちらの国でしたっけ?あっという間に携帯を普及させたって。
    
ベトナムです。現地でアンテナなどを配置していたベトナム人の子たちは夜遅くまで働いていて日も多くすごいなぁと感心していました。


そうですね。 こういった発展が今後もどんどん大きな貢献をして行きますよね。 世界中どこの国であっても。


ジンバブエ、私もジンバブエの人々の教養の高さ優しさにいつも驚いていました。   1980年代に識字率が驚異の85パーセント?越えで、ジンバブエは国家予算の約30%を教育に割り当て、今では識字率99パーセントとのことです。 ジンバブエの政府自体は多くの点で批判され続けていましたが、
ムカベ大統領から新しい大統領になり、今後が楽しみな国の一つですね。

私は、今はスペインから協会の仕事を遠隔で毎日しております。
現地へ行く交通費、スペインからだと日本からより約半額の値段で行けることがありがたいです。

CANDYさん、いつも読んでくださって、コメントも下さり本当にありがとうございます。
秋の季節をご家族で楽しまれていますように。。








>3.18さま。

 
私も最初は驚きましたが、社会や世界の仕組みなどを考えると。。そういうことなのかな。。と思いました。
 
このブログは、3.18様をはじめ、ご支援くださっている皆さまへの活動報告のつもりで書いておりますが、こういった現地の状況なども今後も書いていけたらと思います。いつも何年も多大なるご支援心から深く深く感謝申し上げます。  


 

 
Comment by 栗山 @ 2018/10/17 4:47 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ