<< 鶏とお米のお昼ご飯の写真 | main | エディナのお母さん >>

モザンビーク、マラウィに来ております。

 

今は、半年ぶりにモザンビーク、マラウィの

アシャンママの活動に戻ってきております。

 

預け入れしたスーツケースが受け取れず

(1週間近く経った今もまだ紛失中)で、

アシャンテママの子供たちにといいただいた

数冊の絵本やおみやげもあったので残念ですが、

陸路での8時間(このうちの4時間以上はぼこぼこガタガタ道)

の移動があったため、無事に辿りつけただけで

ありがたかったと思っています。

 

アシャンテママの教室で変わらず一生懸命勉強している

子供たちを見ながら、限られた時間で優先順位をしっかり考え、

子供たちや働いてくれているスタッフと

色々話す時間も大切にしたいです。

 

ただここでの悲しい現実、過酷な日常をまた目の当たりにして、

どうかみんなが襲われないように、安全対策をどうするべきか、

そのことも重点的に考えたいです。

 

来週には出国する予定です。

 

また子供たちの様子、現地の人々の様子
少しずつご報告させてください。

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(5)

コメント欄

久しぶりです。さやかさんもいろいろ大変ですね。俺は何とか元気に過ごしていますが思いやりがある女性となかなか出会えません。さやかさんみたいな思いやりがある女性を見つけられるように頑張ります。飲み会で見つけられるように頑張ります。応援よろしくお願いします。
Comment by スマート @ 2018/09/22 8:00 PM
栗山さやか様

こんにちは
お元気ですか?
アフリカに行かれたんですね!
荷物の紛失、悔しいですね。
栗山さやかさんが、元気でいて良かったです!
何があっても、安全・命だけは、最優先して下さいね。また、笑顔でお会いしましょう。
10月から募金活動を子どもたちと始めます。
ここから世界を考えるきっかけを作ります。
呉々も気をつけて!
お身体を大切にして下さいね。
Comment by sata @ 2018/09/23 12:45 AM
せっかくのプレゼントが詰まったスーツケース、
どこへ行ってしまったのでしょう・・・
何かの間違いで戻ってくるといいけど。

久しぶりのモザンビーク、いかがですか。
日本は、今日は中秋の名月、見事な満月を
見ることができました。感謝です。

さやかちゃんも、スタッフさんたちと
安全で平和な、そして有意義な時間が
過ごせるといいね。

さやかママ、子育てもあるし、本当に
まずは自分の体を1番に、そしてご家族を
大切に、これからも健康でがんばれますよーに。
地球の裏側から祈ってますよ。


Candy
Comment by Candy @ 2018/09/24 9:31 PM
さやかさん、今、モザンビークにいらっしゃるのですね。
みなさん、さやかさんとの再会をとっても喜んでいること
でしょうね!

さて、少し前に紹介して下さった子どもたちが食事している
様子の笑顔の写真がとても印象的で、今、また見ていたのです
が、物があふれ『食品ロス』が社会問題化している日本では、
食べている時にこんなにも幸せそうな笑顔になる子ども(大人も)見たことがないような気がするのです。

500人を超える子どもたちにかかわる活動をなさっている
さやかさんのこと、心から尊敬しています。
9年前の子どもたちが大人になり、どんどん国が変わるような
気がします。
応援しています。
Comment by オアシス @ 2018/09/26 8:26 PM
>スマートさま。

 応援しております。 どうか素敵なご縁がありますように。。。




>SATAさま。

 ありがとうございます。
  いつもご支援心からお礼申し上げます。
「世界を考えるきっかけ」、広い世界の一部の子供たちのことですが、今後とも日本から離れた小さな町や村での現実を伝えることができたらと思います。
 生徒のみなさまにどうかよろしくお伝えいただけたらと思います。





>CANDYさま。

 スーツケース出国する前日に無事に受け取ることができました。 ご心配ありがとうございます。

  またこのブログにて滞在中での出来事など、報告させてくださいね。
 
お忙しい毎日の中、
いつも気にかけてくださって本当にありがとうございます。




>オアシスさま。
んじ
 食品ロス問題。。多くの先進国で起こっていることなのかなと思います。 あまるほど食べ物があふれている場所、食べ物がなくて、お腹を空かせて、体の抵抗力も弱り、命が失われていく場所、 自分にできることはなんだろう。 もっと何か別の方法があるのではないかと思いながらもう9年も経ってしまいました。 日本にいても災害で大変な日々の中、ご寄付をくださる皆様の温かいお気持ちをいかに現地で過酷に生きる子供たちにいい形で、サポートすることができるのか、常に考えております。。力不足を感じる毎日ではありますが。。 オアシスさん、いつもありがとうございます。
Comment by 栗山 @ 2018/10/02 4:52 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ