<< 完成したおトイレ | main | お食事会とNPO設立申請のご報告 >>

悲しかったこと

 

 

1年ほど前に、
アシャンテママモザンビークで働くスタッフの家族の
3歳の女の子が亡くなりました。


今度はその亡くなった3歳の子の

20歳のお母さんも亡くなったと聞きました。
言葉がありませんでした。

 

亡くなった原因はわからないそうです。

 

「ここはたくさんの命が産まれる場所ではあるけど、
たくさんの小さな命が亡くなっていく場所でもある。」

 

モザンビークで知り合った先進国出身の人達が

よく言っていた言葉
思い出しました。

 

協会としてもっとできること、
これからも考えていきたいです。

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(0)

コメント欄


コメントはこちらから









このページの先頭へ