<< カラフルな布(雨や寒さを防ぐとき用) | main | 2018年明けましておめでとうございます。 >>

豚小屋の見張りの男性

 

協会の豚小屋の見張りとして

豚小屋の近くの家に家族で住んでいてくれていた男性。

 

 

畑の土地の土を勝手に掘り起こして

トラック一台分の土(500円相当)を売ってしまって

畑がぼこぼこになってしまったり、

畑で働く女性たちと些細な事で

いつも口論になってしまったり。

 

そのたびに注意して、なだめてを

一緒に働いてくれているみんなとしていました。

 

月に1回ある、協会で働くみんなで開く集まり(会議)で

別の見張りの人を探したほうがいいんじゃないかっと言う意見もありながら

結局誰にしても変わらないんじゃないって意見もあり、

「もうしません。」と言って謝罪をして

物を誰かに売ってしまったときは、そのお金を返金して

そのまま働いていました。

(ここでは見張りの人が逆に物を盗むことはとても良くあることなため)

 

ついにこの前、

協会で一生懸命育てている豚を一匹

売りさばいてしまったそうです。

 

そのことをルーシアさんたちが問いただすと、

逃げて行ってしまったそうです。

 

数日後には、夜中に泥棒として戻ってきて、

豚2匹、犬(名前はもみじ)、自転車、除草剤の道具、くわ、なた、お鍋、

とんかち、懐中電灯、長靴などの協会備品を盗んでいきました。

 

彼が逃げてしまってから代わりに見張りの小屋で

住んでいてくれていた青年まで

一緒にいなくなってしまったので

青年の身を心配していましたが、

実はグルだったようです。。

 

彼はきっと何か不満だったのかな、

もっとこうすれば、ああすればよかったのかな、

などぐるぐる頭に回り始めて落ち込みました。

 

かわいがっていたもみじ(犬)も連れ去られてしまった

こともとてもショックで、空腹ではないかな、

痛めつけられてないかな、

どうかどうか餌を与えてくれる人に

売られてくれればと願っていました。

 

しばらくしてもみじが自力で戻ってきたと聞き、

とても嬉しかったです。

 

そして彼はまた残った豚たちを盗みに

仲間集団で夜中に現れて、

でも新しく働いてくれている見張りの人が

大声を出して石を投げて応戦したら逃げて行ったそうです。

 

一緒に働いてくれていた人が逆に盗みに戻ってくることは

ここでもよくあることではありますが、

なんだか色々考えさせられました。

 

そして見張りの人が

強盗たちに殺されてしまうこともあるので

電気がまだない地域なので、

「もしも強盗たちが来たら

家の中から出なくていいから、命が一番大切だから」と

いつも伝えています。

 

豚も数匹売れて、

今は子豚も含めると20匹育てています。

 

ただ強盗や泥棒がいつ来てもおかしくないし、

見張りとして小屋のそばに住んでくれている

ご家族のことも心配でこのまま続けていいのかと

考えてしまいます。

 

 

写真 豚小屋の子ブタたち

 

 

 

 

 

栗山さやか | モザンビークの協会の女性・子供たち | comments(13) | trackbacks(0)

コメントありがとうございます!

見張りのそのまた見張りが要るかもしれませんね。私も中国で仕事をしていたときは同じような経験をしましたが・・・。
Comment by 前野 @ 2017/12/07 2:33 PM
大人が大人じゃないって、恥ずかしいと
思わないのかな!
子供の教育に大人も参加するべきかも!
ずるさや要領を覚えても、人としての
生き方は勉強しなかったようですね!
自分の顔を見てみろ、なさけない顔を
なんて思いますね!
あ、鏡がないか!写真がないか?
なんとか、鏡や写真機を送れないか
考えています!
Comment by あけみパパ @ 2017/12/11 10:39 PM
< 前野さま。

見張りのまた見張り、そうですね。 みんな毎日一緒に働いている人を信じられなくていつも疑いながらいるのはとても残念に思います。。 
いつもコメント本当にありがとうございます。





<あけみパパさま。

 道徳心ようなものを学ぶ機会がなかったのかな、それに、
やはり子供の頃からそういったことが当たり前のようにある環境に育ったのもあるのではないかなと思います。
コメント本当にありがとうございます。



 
Comment by 栗山 @ 2017/12/17 9:11 PM
さやか様
もうモザンビークに戻られているのですか?お子様も一緒ですか?
仕事をしていると様々な苦労をし、嫌なことに直面しますが、貴女の経験されている事を想うと、私の苦労など何と小さな事だと思わされます。私は貴女より随分年上です。しかし、貴女は私より大きな方ですね。以前からも今も、何よりも貴女と瑠碧ちゃんの無事が何よりの気掛かりです。
Ken
Comment by Ken @ 2017/12/18 10:46 PM
いつものことながら、一緒にやっていたメンバーに裏切られるのが一番きついですね。
内情をよく知っているからこそ、規模も大きくなってしまうし。

ずっと働き続けられる場があることがどれだけ貴重なのか、そこに価値が置ける人が来てくれるといいですね。

こういうなかでもさやかさんが希望を失わずにやっているので、少しずつ、信頼できる人も増えてきているんだと思います。
シークレット、引き寄せの法則がとっても生きているなぁと感心します〜。

私も希望を失わずに頑張っていこうと思います。
Comment by かんくら @ 2017/12/21 2:31 PM
ぷらこちゃん

元気そうでなにより。
いよいよ年の瀬、2017年も10日を切りました。
今日はChristmas Eve Eve!
世間はなんとなく嬉しい雰囲気。
とはいえ、そんな陰にはいろいろな境遇や環境下で
幸せだと思えない人たちもいると思います。
でも、幸せってものさしはないものね。
まずは、自分が幸せって思うことが大切&#128155;


こちらの話題・・・
やはり、教育の大切さ、ひしひしと感じますね。
善悪の判断はもちろんだけど、人の心を思いやるとか
感謝とかそういった感性も豊かになってほしいものです。
環境が環境だけに、日本とはわけが違うとは思いますが
やはり根底に流れるものは教育なのでしょう。

どうしたものかと今を悩んだところで、根底にある
問題を解決していかねば終わることのないこういった
問題・・・ToT
地域の方々が、そして国が本当に本気で取り組んでいかないと
変わらないですね・・・悲しい・・・

地球の裏側から、何もできないけれど・・・
ぷらこちゃんたちの活動が時間はかかっても
根付いていくことを祈っています。いつか必ず実るはず。



ぷらこちゃん、素敵なChristmas&Happy New Yearを!

そして来年はルアラちゃんとdarlingと帰国かな?
早めにお知らせしてねーーーっ!
もう待てませんよぉ〜(^^♪ って、お父様とお母様も
首をながーーーーーくしてお待ちでしょう。(笑)

ぷらこちゃん、再会できる日を心待ちしておりますっ!
無理なくまたお会いできたら・・と思います。


Merry Christmas & A happy new year !!!!!


Candy


Comment by Candy @ 2017/12/23 12:26 PM
さやか様 大晦日です。どうぞ、良い新年を御迎え下さい。
Comment by Ken @ 2017/12/31 12:50 PM
こんにちは
2017年最後の日ですね!
もう少しで2018年ですねー
スペインの生活はいかがですか?
ゆっくり家族と一緒に過ごして下さいね。
幸がたくさん訪れることを願います。
新しい年もよろしくお願いします。
Comment by Eiichi tabata @ 2017/12/31 9:58 PM

さやかさん、あけましておめでとうございます。

新年いかがお過ごしですか?
私はのんびりと家族と美味しいものを食べて、ゆっくりした年末年始を過ごしました。

さやかさんもご家族と充実した日々を過ごされているといいなぁと思います。
日本はとても寒い日が続いていますが、そちらはいかがでしょうか?
体調を崩されないよう、元気でお過ごしくださいね。

colorful
Comment by colorful @ 2018/01/03 10:08 PM
新年明けましておめでとうございます。1日も早くお嫁さん見つけられるように頑張ります。仕事は9日からですが3月31日までしか契約してもらえない可能性があるので明日からハローワーク行って仕事探したり面接に行きます。大変ですが俺なりに頑張ります。
Comment by スマート @ 2018/01/03 11:39 PM
栗山さやか様

ドイツから、初めてコメントをさせていただきます。
さやか様のこと、毎日新聞記者の五味香織さんからお聞きして、アフリカでひとりでNPOを立ち上げ、ずっと活動を続けておられる日本人女性がおられること、ご著書も二冊読ませていただきました。こんな人が存在され、今もアフリカで奮闘されているのか、と驚きました。私は2005年に内戦後2年のリベリアで、国境なき医師団の看護師として活動したことがあります。
9歳の頃からアフリカへ行って何か役に立ちたいと思い看護師になり、その夢が始めて叶った時期でした。その後、ドイツ人と結婚 立て続けに3人の子の母となり、アフリカから離れていた時期もありましたが、アフリカが大好きな想いはいつも変わらず、いつかまた子供が巣立った時にアフリカに戻りたいと考えています。
五味記者と知り合ったのは、私がリベリアの少女を治療のために日本に引き取り、一緒に神戸で暮らしていたことを記事に書いていただいたことによります。
その少女は2008年にリベリアに戻り、6年後に高校を卒業し、2015年から現在も九州にある大学で学んでいます。

私は実は明日 帰国します。家族とともにこれから2年間日本で生活する予定です。
日本で助産師の学校に4月から通い、その後助産師として働きたいと思っています。
いつかアフリカに行くときに、周産期の知識と技術がきっと役に立つと思ったからです。看護学生の頃から、漠然と助産師には憧れていましたが、今まで「いつか いつか」と思いながら・・まさか42歳になる年に叶うことになるとは。人生は不思議なものです。

ずっと、「さやか様にメールを送りたい」と考えながら日々の忙しさに取り紛れてその機会を作らずに来てしまいました。
帰国準備をしているなか、本棚にあった「ひとりではじめたアフリカボランティア」をフト手に取り再読いたしました。
医療技術師の学校のこと、書かれておられましたが並大抵の努力では成し遂げられなかったことだろう・・とそのファイトに感服いたしました。
私も去年、ここドイツの病院で半年間の看護師の研修を行いました。日本の看護免許の書き換えのために、しなければならなかった研修で、ブランクも長くありましたし、医学ドイツ語、言語の壁は高く何度も挫けそうになりました。

 その後どうなさっているのだろう・・と、数年ぶりにブログを拝読し、ご出産なされたことを知りました。
今は同じヨーロッパ大陸にいらっしゃるのですね。

娘さんの御誕生、本当におめでとうございます。

人生には様々な幕がある、と昔聞いたことがあります。
人生は舞台の場面が変わる時のように、ある時ガラッと変わる。私はそこであらゆる幕を精一杯演じるのだと、その方は仰っておられました。

独身で活動されてきたことも、これから娘さんの母として歩まれる日々も、大切なさやか様の人生。
子が出来ると、これまでの人生とは全く違うことが色々と出てくるものです。
独りなら、アフリカへ飛んでいくのに・・と何度も思ったことがあります。

ただ子供が小さい時は、あっという間に過ぎて行ってしまうように思います。8歳の娘が赤ちゃんだったのが、ほんとうについ昨日のことのように思います。

上手く書けないのですが、どうぞ今の時間を大切に、そしてご自分を大切になさってください。
私自身、何度もリベリアで出会った彼女達のことを思い出しています。
さやか様とアフリカとの絆は、たとえ離れていても変わることはない、と思います。
(残された来たご活動のこと等、ご心配事は沢山あられると思いますが、道はきっと自ずと拓けてきます。未熟ですが私の経験上学んだことです。生意気言って申し訳ありません。)

長々と私事を書いてしまいました。
読んでくださってありがとうございます。
出発前日にさやか様に書くことができてよかったです。
遠い空の下、さやか様のこと祈念いたしております。
(たとえ安全な所でも異国で子を産み、育てることはとても不安になるものですから・・。どうぞ心安らかな日々をご家族でお過ごしください。)


美木朋子



Comment by 美木朋子 @ 2018/01/04 10:04 AM
< KENさま。
 コメントのお返事が遅くなってしまってごめんなさい。
 いつもご心配してくださりありがとうございます。
 本当にありがたい限りです。。

 モザンビーク、マラウィにはまだ戻れずにいます。
 
 数日置きに、現地で働いているくれているルーシアさんたちと連絡を取っていて、今回の豚小屋の男性の件も電話で連絡を受けました。  
 娘を連れて戻ることは、家族の反対もあり当分できないと思っています。。  一人で少しだけでも様子を見に戻れたらと考えている日々です。。

 働くということはどんなお仕事でも大変な面がありますね。
 日々大なり小なり色々なことが起こって、心を乱されてしまったりそんな自分に落ち込んだり。。

 どうかKENさん、ご無理のないように。。日頃の疲れをお休みの日は十分取られていますように。。

いつも本当にありがとうございます。









<かんくらさま。

 いつもコメント本当にありがとうございます。

 この豚小屋の男性のことは、とても残念でしたが、一緒に働いてくれているみんなの中には、まじめで一生懸命で働く場所があるだけでとても嬉しいと言ってくれているスタッフもいます。 協会の活動が皆さまからのご支援によりまだ継続できていること、そしてこういうスタッフが働いてくれいることにも感謝したいです。   
物事はマイナスに考え出すと止まらなくなってしまう時もありますが、 かんくらさんがおっしゃってくださったように、希望を失わずに前向きに前向きにと思います。
 
かんくらさま、いつも読んでくださって、そして励ましてくださってありがとうございます。

 
 




<Candyさま。

 明けましておめでとうございます。
 2018年になりましたね。昨年も応援してくださってありがとうございました。  お正月、ゆっくりのんびりご家族のみなさんと過ごされましたか。
そうであったらいいなぁと思います。


 「自分が幸せって思うことが大切」 その通りですね。
 そう思えることが大切で幸せですね。

 教育の大切さ、これは本当に思います。
 全く教育を受けて来なかった人たちと、少しでも教育を受けたことがある人たちは、現地でも考え方、物事の受け止め方がかなり違うように感じることが多いです。
 例えば、暴力で解決するのではなくて話し合いで解決することを考えたり。。 
 今はそういったことも一人で悶々と考えたりしています。
 
 実は来月に日本へ娘と二人でしばらくの帰国とアフリカへ少しの間だけでも行くことを考えています。  CANDYさんにお会いできることを私も楽しみにしております。
寒くなっている日々と思いますが、どうかご自愛くださいね。




< KENさま。

 ありがとうございます。
 今日は七草がゆの日ですね。
 新年になり、1週間が経ちましたね。
 KENさまにとって2018年がまた素晴らしい1年になりますように。。。






<Eiichi tabata さま。

 昨年も多くのご支援、ご協力本当にありがとうございました。 どうかどうか生徒のみなさま、ご協力いただいた皆様にどうかお礼をお伝えくださいね。
 スペインでの生活は、ただただ安全な場所に入れることがとてもありがたく思います。 

 2018年もこちらこそどうぞよろしくお願い致します。
 そしてTABATA校長先生、ご家族のみなさん、学校の先生、生徒のみなさん、元気で、嬉しいことがたくさんの1年になりますように。  いつも本当にありがとうございます。





<colorful さま。

 明けましておめでとうございます。
 
 お正月ご家族の皆様とゆっくり過ごされたとのこと、
 1年の疲れを取り、のんびり過ごすことができたのだなぁと私も嬉しく思いました。     日本は寒い日々が続いているのですね。  私の今住んでいる場所は曇りや雨の日が多くて寒いですが、雪が降ったりはしていないです。

今年も1年、colorfulさんお仕事ご無理のないように、
お元気で素晴らしい1年になりますように。。


 


<スマートさま。

 明けましておめでとうございます。
 今年は素敵な出会いがあるといいですね。
 応援しております。

 お仕事の面接等、とても大変なことと察します。
 どうか素晴らしいお仕事場との出会いもありますように。
 スマートさんにとって幸が多い一年になりますように。。


 

Comment by 栗山 @ 2018/01/07 9:19 AM
美木朋子 様


初めまして。 朋子さん。 

頂きましたコメント、何度も何度も読み返させていただいておりました。 
まず何から書かせていただいていいのかわからないのですが、書いてくださったすべてに深く感銘を受けました。

朋子さんのことも教えてくださってありがとうございました。
リベリアの女の子のことも。人生の幕のことも。


朋子さんのこと、マーサさんのこと、「スペシャルガール」というご本について書かれたサイトを拝見させていただきました。

朋子さんがおっしゃっていたお言葉、

「私にはこの国の状況は変えられないかもしれない。でもせめて出会った人だけでも自分ができる精一杯のことをしたい」と
書かれていて、深く共感致しました。

10年近く過ごしていたアフリカから離れて、まだ戸惑ったまま日々が過ぎていて、そんな中、色々な感情もあり、なんだか朋子さんからのこのコメント、そしてお言葉に救われたような気がしました。  

メッセージを書いてくださって朋子さんのことを知るご機会をいただけたこともとても嬉しく思います。
 本当にありがとうございます。

ご紹介くださった五味香織記者にも感謝です。
以前取材をしてくださったとき、後日、心のこもった手書きのお手紙を私の実家の両親の書いてくださいました。

今は、ご家族で日本での生活が始まり、
学校にも通われるとの事、新たな人生の幕のスタートですね。
応援しております。

日本も寒い日々が続いていると思いますが、皆さまご自愛されますように。

朋子さんのこと知るご機会がいただけて、本当に良かったです。 来月日本に一時帰国する予定です。
「スペシャルガール」ぜひとも読ませていただきたいと思います。

コメントをいただけて、心から深く感謝申し上げます。

 
Comment by 栗山 @ 2018/01/13 10:02 AM
コメントを書き込む









トラックバック

このページの先頭へ