<< 親からのメール。 | main | モザンビーク >>

胸が痛くなること。

日本でてから、もう50カ国ぐらい旅してきました。

アフリカ大陸を旅して、エジプトも含めると、
今は8カ国目になります。
エチオピアの物乞いの
路上生活の人達の数は、
今まで行った国の中でも、群を抜いていると思います。

首都などの都市、どの国でも悲しいことですが、
物乞いのかたいると思います。

でも、エチオピアでは、
地方の町にも小さな町にも
本当にたくさんの物乞いの子達、人達がいました。

地方の施設に何箇所かいったとき、
施設によって支給するものはばらばらですが、

南部の施設にいたときに、
週に1回、インジェラ(主食)を作る粉と
インジェラを作るオイルを無料で配っていました。
前日の夜から、施設の門の外に、
支給を待つ人達がみんなで眠って
朝が来るのを待っていました。

朝5時前に、人達の声で目が覚めて、
まだ暗い外にでてみると、
数百人の人達が、冷え込む朝にもう待っていました。

朝8時に粉とオイルの支給がはじまります。
500人以上のかたたちが嬉しそうに待っていました。
最初にみんなでお祈りを捧げて
それから現地のワーカーの子と
粉まみれ、オイルまみれになりながら、
支給のお手伝いしていました。

北部の施設にいたとき、
夜明け前のまだ薄暗くしーんって静まり返った町に
でたとき、
町の一番大きな道路の両脇に、
薄暗い中で、
たくさんの人達が横になっているのがわかりました。
ずらーと何百メートルも本当にたくさんのかたたちが
みんなでびっしり眠っていました。

ここの地域の施設では、
毎日、コップ1杯のミルクと、
ビスケット一人6枚支給していました。
支給のお手伝いをしながら、
みんなが美味しそうに飲んで
食べる顔がとても嬉しかったです。

北東部の施設では、
お米と、オイルを毎週月曜日に支給していました。
みんなが大切そうにもってくる、
お米を入れる袋、
本当にぼろぼろで
小さなバケツ一杯分のお米いれてあげて、
そしたら袋がぼろぼろ過ぎて
全部こぼれてしまったり、
よたよたした小さなおばあちゃんに
どうやったらこんな重たいお米とオイル運べるのか
いつもはらはらしていました。
でもそういう時は決まって、
若い男の子や女の子たちが助けてくれていました。

この地域は、日中、本当に暑くて、
それでもみんな暑い中、お米とオイルもらうために
何時間もかけて頑張って歩いてきます。

1000人以上の方々が毎週来るので、
待ち時間も、暑い日差しの中、長く、
それでもお米、
袋にいれてあげたときの本当に嬉しそうな顔を
みて、私も嬉しくなっていました。

エチオピアには小雨期、大雨期あります。
この施設に一緒にいった、スイスの女の子と、
夜眠るとき、
二人で色々いつも話していました。
 
小雨期に入りかけた時期は、
太陽がある日中は暑くても、
夜はかなり冷え込みます。
夜、眠る前、大雨が降っていて、
部屋の中にいてもお互いの声が
良く聞こえないほどの大雨で、サンドラが

「さやかー想像できる?
こんな寒い大雨の夜の中、
みんなどうやって路上で眠るの?」

二人で、
もしもこの子たちがうちらの国に
生まれていたら。ってよく話していました。

ただ、安全で安心できる場所が、必要だと思いました。

レイプや暴力、肉食のハイエナやハゲタカから
身を守れる場所
日本みたいに屋根のある建物がないから
みんな雨が降ったらずぶぬれで、
体もとても冷えてしまうし、
病気や雨や寒さをしのぐ場所、
安心してぐっすり眠れる場所。
1日2食でもいいから食事の確保、
時々はおなかいっぱい食べれるだけの食料。
細菌ばかりの泥水のようなお水ではなく、
しっかりきれいな飲み水。
雨の降らない乾期は川のお水もなくなってしまうから
何ヶ月も体を洗えない状態で衛生状態の悪化、
それを防ぐこと。
最低でも病気の痛みを和らげるお薬。

学校とか仕事とかの前に、
人として生活していくうえでの
ほんとうに最低限の
安全であること、
薬が手にはいること、
飢えないことが
難しい生活。


エチオピアは今だに100年以上前から断続的に
戦争し続けているっていわれています。
隣国のエリトリアやソマリアなんかと
今も緊張状態にあります。

そのため、国は防衛のためのお金、
戦争のためのお金
国も経済も政府も戦争によって混乱して、
国民のみんな、特に貧しい生活の人たちは、
もっと混乱した中で、
他国からの援助支援なんかも
本当に援助を必要としている人には
ほとんどいってなくって、
きっと戦争のための武器や
装備に使われていたり
賄賂だったりに使われているんだと思います。

5歳になるまえに亡くなって
いってしまう子供たち。
5人に1人、4人に1人の割合とも
いわれています。

下痢になっただけで、生まれたとき、
生まれる前から極度の栄養不足の状態の
小さな体は、
とても弱く、脱水症状になって
しまったりして
亡くなっていってしまいます。

どうしてうまくいかないんだろう。
みんなたくさんは望んでないのに。
ただ普通の暮らししたいだけなのに。
いつもいつも思って、
他のボランティアの子たちと
たくさん話しをしていました。

こんな苦しい状態のみんな目の前でみて、
たくさん話して、
みんながどれだけ苦しんでいるかわかっているのに、
それでも、旅、もう止めて、
私の今持っている日本で貯めたお金全部使って
そのこたちに尽くすことしてない自分がいて、
私はいったい何なんだろうって。
一番ひどいことのような気がして。

今でも考えて思ってわからなくなって。
これでほんとうにいいのか、

苦しむ国のひとたちを、
みてしまうこと。知ってしまうことが
こういうことだったんだって。

自分の弱くてずるい気持ちが
はっきりわかって。
今でもずっと考えています。
ぐちゃぐちゃな文章でごめんなさい。
| ボランティア | comments(13)

コメントありがとうございます!

涙目でブログを一気に読ませていただきました。
本当にすごいことをされていますね。尊敬します。

世の中のためや人のために何かやりたいと思っても、なかなか今の生活を捨ててまでできるものではないと思います。
その行動力と人を想う優しい心に感動しました。これからも頑張ってください!日本から応援しています。
Comment by angelyumi @ 2007/09/27 10:04 AM
こんにちわ。お元気ですか?

プラ子さんの彼らを真剣に思う暖かい心と心からの優しい言葉。本当に
涙が止まりません。
南アの人々の暮らしの現状は恥ずかしながらプラ子さんの日記を見るまで知りませんでした。知ろうともしていませんでした。

でも、今は私にも何かできないかと、とても考えます。

くれぐれもお身体にはお気をつけて。
Comment by BANRI。 @ 2007/09/27 10:32 PM
大切なことを教えてくれてありがとう。私もあなたのブログを通して一緒に旅をさせていただきます。
Comment by Hiroko @ 2007/09/27 11:25 PM
「ビスケット6枚支給」にドキッとしました。
今日、クッキーを食べて「パサついてるなぁ〜」なんて言ったコトを思いだして。
健康に気をつける余裕なんて実際は無いでしょうが、それでも健康には気をつけてほしいと思います。
Comment by あよ @ 2007/09/27 11:49 PM
はじめまして。

いかに自分が恵まれて生活できているんだな〜と痛感しております。

心打たれました。
Comment by Richard @ 2007/09/28 1:09 AM
はじめまして。
よーこさんのところから参りました。

上手く言葉にできないけれど、胸の奥が熱くなりました。
恵まれ生活の中で、いつの間にか何でも当たり前になってしまっている、自分の頭の中にある、ちっぽけなことが恥ずかしくなりました。

プラ子さん、どうかお体を大切にしてください。
心から応援しています。
Comment by ひー @ 2007/09/28 10:51 AM
初めまして。

プログ読ませていただきました。

同じ地球に生まれて、同じ時代に生まれて なぜ こんなにも人生が違うんだろう・・・、自分には何ができるんだろうと・・・
考えていただけの自分が恥ずかしい。。。
現地で頑張っているプラ子さんには
本当に心打たれました。

どうか健康には気をつけて、 プラ子さんを心から応援します。

そして 全世界の子供たちが笑顔で毎日を過ごせるように。。。
Comment by Dinchan @ 2007/09/29 12:34 AM
私も、毎日をとにかく一生懸命に過ごそうと改めて思わされました。ありがとう。

無理はしないで、マイペースにがんばってください。

また読みに来ます!
Comment by yuko @ 2007/10/01 1:44 PM
はじめまして。
ブログ一気に読ませていただきました。
アフリカの状況は想像していた状況を遥かに超えていましたが、そんな中で頑張っているプラ子さんに心打たれました。
これからも読ませていただきますので、現地の色々なこと教えて下さいね。
Comment by ゆう @ 2007/10/02 9:38 AM
毎日が当たり前に来るのではなくって、回りにあるものが安心して手に入れられるのではなくって、自分のことに、そして自分の子どもにと考えました。
人は誰かを幸せにするために性生を受けてきたのだといいます。必ず思いは届いていると思います。
よーこさんのコメントにもありますが、無理せずにマイペースで、続けていってください。
Comment by イノウエヨシオ @ 2007/10/02 8:51 PM
今日、初めてあなたのblogを読みました。うまく書けないけど、あなたのblogを読んで、心がむくむくして、目が熱くなって、声を抑えることもできなくなって、うーうー言って、それでも読み続けたくて、ぼやけた画面を見ようとして、それもできなくなって、立ち上がってただただ泣きました。ありがとう、と伝えたくて、見ず知らずの私ですがコメントを書きました。
Comment by yk @ 2007/10/13 1:59 AM
コメントどうもありがとうございます。こんな風にコメントをいただいてただただありがたいです。
なかなか更新できてなくてごめんなさい。感謝感謝です。
Comment by purako @ 2007/10/25 6:19 AM
はじめまして。ブログ、読ませていただきました。
私は今、カナダに留学してきていて、ソマリア人のお父さんたちと暮らしています。彼の話や、あなたのブログを読んで、確かに胸を痛めているのに、明日になったらまた忘れていつもの生活に戻って、考えることすらおろそかになるのが、怖いです。それでも、このブログを見て、あなたの思いや言葉には表せないけど、なにかを感じることができました。だから、ありがとうございます。旅、応援しています。一番大切なのは、あなたの無事です。体に気をつけて、生きててくださいね。
私も、できること以上のことをしていきたいと思います。
Comment by かおり @ 2008/04/13 4:41 PM

コメントはこちらからお願いします!









このページの先頭へ