<< 出産しました | main | プレミオの日の写真です。 >>

色々な出産

 

赤ちゃんとの生活が始まってしばらく経ち、

アフリカとは全然違う日々に

ふとしたときに色々考えてしまいます。

 

体調が悪くボロボロだった妊娠期間を

途中からこの安全な場所で過ごせたこと、

強盗たちが今夜来るかもしれないとびくびくせずに

今こうして赤ちゃんと夜安心して眠れていること、

毎日眠る前に感謝しながら布団に入ります。

 

アフリカで色々な出産を見てきました。

 

設備の整った病院で無事に出産を迎えられる女性もいる一方、

そうでない女性もまだ多くいました。

 

陣痛に耐えながら遠くの病院まで一人で歩いて向かう途中、

道端の草むらで出産した女性たち。

 

夜病院にいく手段がなくて

家で一人で産み落とし、

自分でへその緒を切って出産した女性たち。

 

夜中に陣痛に耐えながら、

自転車の荷台に乗って病院に運ばれてくる途中に

強盗に襲われて、ナタで切り付けられ、

肩に大けがを負いながらも必死に分娩をしていた女性。

 

12歳で出産したまだ子供のような女の子。

 

性的暴行を受けて見ず知らずの人の子を出産した女の子たち。

 

出産で赤ちゃんと共に命を落としていった女性たち。

 

出産間近で殺されてしまった女性たち。

 

私が偶然見てきた出産は、

広い世界のたった一部の人たちですが、

こういった厳しい現実に

向き合わなければいけない女性が一人でも減りますように。

 

どこで生まれても、

まだ小さな子供たちが苦しむことのが

少しでも減りますようにと願っています。

 

 

 

 

 

栗山さやか | 病気などのこと | comments(7) | trackbacks(0)

コメントありがとうございます!

 このブログの内容には深く考えさせられました。
私が家族や友人の出産に遭遇したなら、ただ母子共に健康で無事に生まれて欲しいと願うことでしょう。日本のような平和な国に住んでいれば、病院で医者に任せておけば大丈夫という安心感があるので、ほとんど心配なくただおめでたを待つだけです。
 しかし世界には出産することが命がけの出来事であることが、まだまだあるんですよね。そんなことは普段まったく思いもしないことでした。
 そういう事実を知っているのと知らないのとでは、大きな違いがあるような気がします。出産だけではなく、他の多くの日本で普通のことが世界の何処かでは危険を伴うことなんだという事実を、もっと平和な国に住んでいる人も知らなくてはならないと感じます。
 今回さやかさんの妊娠と出産を知ったときも、安全な国でお産に臨んで欲しいと願ってました。もしさやかさんがモザンビークで産むことになっていたら、それはかなり心配したでしょう。さやかさんにとっては、友人や知人の多くがそのような環境で出産を迎えてるんですよね...。
 本当は世界のどの国でも安全な出産ができなくてはいけないですね。
Comment by nov @ 2017/11/17 11:57 AM
>こういった厳しい現実に
>向き合わなければいけない女性が一人でも減りますように。

>どこで生まれても、
>まだ小さな子供たちが苦しむことのが
>少しでも減りますようにと願っています。

私も さやかさん同様に減ることを切に願います。
Comment by もう一人のマロン @ 2017/11/19 9:59 PM
 日本では妊娠・出産というとほぼ無条件に「おめでとう!」となるのですが、悲しい結末に終わることも多いのですね。ユニセフなど支援組織では子供たちへの予防注射や栄養補助などのための寄附金集めに力を入れているようですが、暴行とか殺人とか日本では想像がしにくいケースだと資金があっても打つ手がなかなかありませんね。
 それにしてもルアラちゃんは幸せ!健やかに成長されることを祈っています。
Comment by 前野 優 @ 2017/11/20 3:40 PM
さやか様
太陽がいつも貴女と瑠碧ちゃんを照らすようにと祈っております。
貴女をサポートしている御主人にも。
Ken
PS:国際協力銀行と三井住友銀行などの民間銀行団が、モザンビークで実施している鉄道・港湾開発に総額約3000億円の融資を決めました。これが貴女のプラスになれば良いなと思わずにいられません…
Comment by Ken @ 2017/11/20 11:48 PM
ぷらこちゃん

母子ともにお元気そうでなによりっ&#128155;
Wow!!! ルアラちゃん・・・可愛らしいお名前♪
このお名前には何か意味があるのかしら〜?

毎日ルアラちゃんと、そしてパートナーさんと安心して
生活できる喜び、それはそれは相当なものでしょう。

私には子供はいないけれど・・・
愛するパートナーと、そして私を愛してやまなかったママと
元気にやっています。いつも温かいお言葉ありがとう。

毎日のこの元気で生活できる体(健康)に感謝♪
そして、本当に両親には親不孝ばかりしてきたけれど・・・
今は亡きパパも見守ってくれている(そう信じています)
もと、ママに一生懸命恩返し!?しているつもりです。
おかげ様で、ママは足は弱ってきましたが、風邪もひかず、
ケガもせず、元気に暮らしております。
来月も横須賀にまた1週間連れてくる予定です。
年末年始も、毎年恒例、静岡で3人で過ごす予定です。

私の周りにも、今たくさんの妊婦さんがいて・・・
お腹を触らせていただいて、幸せいただいております。(笑)

ぷらこちゃん、これからは母としての目線で世の中を見る
ことができるようになって、もっともっと視野が広まって
いくことと思います。
でも、まずは自分の体、そして家族を大切に。
産後しっかり養生しないとダメですよ。ここが大事!
母乳いっぱい出すためにも、栄養とって、体しっかり休めて
パートナーさんにいっぱいいっぱい甘えちゃってーーーっ!
パートナーがいるって、本当に素晴らしいよね。
そして、今はそこに宝物のルアラちゃんもいて・・・
ぷらこちゃん、幸せにね♪

いつも、ありがとうっ!

Candy

Comment by Candy @ 2017/11/21 8:09 AM
無事出産されたとの事、本当におめでとうございます。

守るべき大切な人が出来た事は、今までとは違った大きな強さとなる反面、決断に迷いも多くなるかとも思われます。

今までは予行演習で、これからが本番かも知れませんね。

さやかさんのブログを読んで、いつも元気をもらっています。ありがとうございます。

赤ちゃんは「あっ!」という間に大きくなります。
今は子供との時間を大切にして下さいね。


Comment by fukufuku @ 2017/11/22 1:03 PM
<nov さん。 ありがとうございます。
自分のいる場所、置かれている状況によっての現実の違いに考えさせられてしまいます。様々な現実があることNOVさんが書いてくださったように多くのかたがたに知ってくれたらその人々の日常もまた違ってみえるのではとも思います。 NOVさん、いつもいつも本当にありがとうございます。。




<もう一人のマロンさま。

 ありがとうございます。







<前野 優さま

 いつも本当に本当にありがとうございます。
 遠く離れた過酷な状況に生きる異国の人々、子供たちを想い、長年ご支援してくださる前野様のような方々の存在に世界中の多くの人々、子供たちが救われているのは紛れもない事実です。
協会アシャンテママの子供たちも教育を受ける機会をいただけています。 いつも心から深く感謝しております。




<ken さま。
  
 いつも本当にありがとうございます。
 
 多大なる融資があったのですね。 現地の大きな発展が現地でも最も貧しい人たちにもいい影響がありますようにと私も願っています。教えてくださってありがとうございます。






<Candy さま。

 いつもありがとうございます。
お母様、パートナーさん、そしてCANDYさんみなさんお元気そうで何よりです。お母様こんなに大切に思われて嬉しいでしょうね。 私もこういうお話を聞けるだけで嬉しいです。 大切な人々と過ごす年始年末楽しみですね。
 家族がいる、大切な人がいるとてもありがたいことですね。

私も来年、両親に孫を見せてあげようと日本に一時帰国する予定です。2年ぶりになります。 CANDYさんたちに最後にお会いしたのも2年以上前になりますね。 時が経つのはいつもあっという間ですね。

<<母としての目線で世の中を見る。。
そうですね。また多くのことが違って見えてくるように思います。

CANDYさん、いつも本当に本当にありがとうございます。

どうか素晴らしい楽しい年始年末を皆様で過ごされますように。。





<fukufukuさま。

いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

<<守るべき大切な人が出来た事は、今までとは違った大きな強さとなる反面、決断に迷いも多くなるかと思われます。

おっしゃっていただいた通りに感じでおります。
毎日赤ちゃんの世話に追われる一方、いつも協会のことも同時に考えております。。

<<今までは予行演習で、これからが本番

そうなのかもしれませんね。
なんだかこのお言葉、気持ちがしゃっきとしました。
ありがとうございます。

<<ブログを読んで、いつも元気をもらっています。

あぁ、ありがとうございます。 嬉しいです。

コメント本当にありがとうございました。

Comment by 栗山 @ 2017/12/02 7:15 PM
コメントを書き込む









トラックバック

このページの先頭へ