<< 日本のお友達からの手紙。 | main | 胸が痛くなること。 >>

親からのメール。

エチオピアの施設で、
現地のワーカーの子に
日本の家族のことを聞かれて話をしながら
薬品の整理していたら
管理の初老の女性が、そばでそれをきいていて、

「あなた、ご家族いるの?
私あなた一人で生きていたから
こうして働くんだと思ったわ。 
あなたは、いつも笑顔でいるか、
誰かが亡くなって泣いているかどちらかね。
あなたの国の人はみんなそうなの?」

「あなたしばらくここにいるけど
ご家族心配してないの
日本はとても遠いでしょう。」
 
これは、旅をしていてもよくされている質問です。
私、もともと日本で8年も離れて家族と住んでいたけど
やっぱり日本国内で離れて住んでいるのと海外とじゃ
心配して当たり前かなって思いました。

今回、南アのジョハネスブルクで
待ち合わせしていて
パソコン持って来てくれたアメリカの
70歳になるお友達、スティーブンは、
エチオピアに私がいたときも
わざわざフライト変更して会いにきてくれました。
  
彼はザンビアでプロジェクトがあって
私がエチオピアにいることをいって
ザンビアに行く前にアメリカからエチオピアに
2日間だけだったけどよってくれました。

旅をしていて、自分が違う国の友達のとこいったり、
仲良くなった旅人と別の場所で
待ち合わせしたりとかはあっても、
友達が私を訪ねてわざわざきてくれるのは
はじめてだったからすごく嬉しくて、
彼をアディスの空港まで迎えにいって、
(嬉しすぎて油断して警戒度が下って、
デジカメ盗まれちゃったけど・・。)
彼に私がボランティアしている施設を
案内してまわっていたとき、
その途中彼はずっと叫んでいました。

「長いこと僕は生きていて色々みてきたつもりだけど
こんなに感動したこともう随分なかったよ。」

「君のご家族はこのことしっているの?
患者さんがどんなに苦しんでいても
とびきりの笑顔で君にハグとキスをすること。
君が汚物だらけの子を丁寧にきれいにしてあげてること
手足がなかったり、ぶらさがっているだけの子達が、
あごと肩をつかって地面をはって、
君に抱き上げてほしくてやってくること。
君は写真かビデオをぜひ撮っておくるべきだよ。」

その言葉で、数ヶ月前、
お母さんからきた手紙を思い出しました。
心配している文章と、あと、
 
「日本で普通に育ってきたことで
優越感にひたっているのはないですか?
そんな風に想っていたら
エチオピアの子達に嫌われますよ。」
     
忙しく毎日働く中、
少し悲しかったのと、そうなのかなって思いました。
あんまり忙しくて、どういう気持ちで自分がいま
ここにいるのかとか考える余裕なくて、
毎日忙しくて、ネットやさんにいく時間もあんまりなくて、
もともと電話代の値段気にして
ほとんど日本に電話もしてなかったし、
自分の両親が心配しているのは当然かなって思いました。
海外にいったことも、飛行機に乗ったこともない
お母さんだったし。

ボランティアについても
色々な意見があると思います。
 
でも私は、自己満足でも、
実は、ほんの少ししか役に立っていなくても、 
私がされる側の立場だったら、
全然知らない人からでも、ほんの少しでも
気にかけてもらえて、
おはよう。今日は調子どうですか?って笑顔で
声を掛けてもらえるだけでも、
それだけでも、やっぱり嬉しいんじゃないかなってこと、
たった一言話しかけられるだけで、
ほっとしたり、あったかくなったりする気持ち
あるんじゃないかなってこと、エチオピアの施設で
過ごして思いました。

つい最近も、父親から、

「アフリカにいつまでいるの。
女一人でアフリカは、危険がいっぱいに見える。
なるべく早くアフリカ大陸を離れて欲しい。」
ってメールがきました。

短大卒業して、
109のショップに就職して
まだ準社員だったし、
長時間労働でたちっぱなしで
上下関係厳しくてだったけど
お給料とってもちっぽけで(時給でたとえると800円以下 だった気がする)で
どうやって家賃払って、
髪型のお金とか化粧品とかネイルとか
やりくりしていこうか本当に貧乏だったけど、
会社は、見た目に手を抜いたらくびで厳しかったし、
肌黒くなくちゃだめで、
日焼けサロン代も友達が日サロで
バイトはじめてただ焼きさせてもらえるまで
かなり痛い出費で、
 
実家いろいろお金のこととかたいへんなときだったし、
それに親には短大でてから金銭面で頼るのは絶対いやで
たぶんみんなもそうだと思うけど
大根とかもやしゆでたり、
卵掛けご飯とかマヨネーズご飯とか
ポテトチップスとかお菓子ばっか食べて
食費削ってた。
今思うといい思い出ですが。

今回海外出てきたときも、
何かあったときや、薬とかの荷物送ってもらうときのために
ある程度まとまったお金通帳に入れて渡してきた。

自分で貯めたお金なくなったら
帰ってくるだろうって思っているけど
もう1年半近く帰ってないからたぶん心配絶頂なんだろうな って思った。

でもアフリカもう少し、
国のこと、人たちの生活のこと、
みてみたいなってちょうど決めたときにきた
メールだったから
ちょっと今回もこたえた。

安全な町選んで移動しているから大丈夫ってメール
父親に返したら、

「そうか。さやかが安全っていえばそれなら安心だ。
実際現地に居るんだからね。
今、世界中何処に居ても危険が溢れてる。
世界中の宗教が 人の命の大切さを説いているのに
自国の利害で平気で殺しあってる
いつまでたっても世界の何処かで戦争してる。
お父さんは超強力な宇宙人が
世界を支配してくれた方がい いと思ってる。
パワーがあって世界のすべてを支配しても、
でも全ての命を大切にする
神様が現れて欲しい。
この無駄な戦争によって亡くなった人達…可哀想だよね。
それぞれの大事な時間は戻らない。
さやかも自分の信念にそって生きてくれ
安全で有意義な毎日を送れる事を祈ってる。 頑張れ」

ってメールきた。
涙でた。
 
こんな風にメールをくれる家族がいるだけで
私は本当に恐ろしいぐらい幸せだって思った。

ちょうど、このメール読んだとき、
モザンビークの捨てられてしまった子達や
HIVや病気の子たちの施設で少しだけお手伝いしていて、
ここの管理の人たちは、

「HIVはにんにくやトマトをしっかり食べたら
HIVポジティブ反応が出た子が
HIVネガティブになってなくなるのよ。」
 
ってみんな真剣にいっていて、
ここには他の国のボランティアの子達はいず、
私一人でそんなことないって、薬必要って
否定をしていて苦しい状態のときだったから
嬉しかった。

ビザの関係やイギリスの会社手伝うために
別の場所に移動しなきゃ
いけなかったので、長く働けませんでしたが、
またいってみようと思っています。

父親からまたメールがきて、
「アフリカのその町並みとか
お金の価値(いくらで暮らせるとか食べ物の値段とか)
人々のは収入源は何かとか
どんな建物 どんな服装 価値観 習慣 教えて欲しい。
そうすればお父さんもサヤカと一緒に旅ができる」

みくしにそういったことも書いていこうと思います。
父親が娘のみくしみてるってなんか変だけど。
母親もみくし読んでいるようで
今ではただただ早く帰ってきてちょーだいメールです。

* ボランティア * 16:34 * comments(0) * trackbacks(1) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 16:34 * - * - * - -

コメント

コメントする









トラックバック

神様って・・・

ちょっとでも『検索エンジンで認知されて、もっと沢山の人の目にふれる』お手伝いがしたいと思うので、こっちでも載せてみます。 この(↓)ブログ読んでみてください! プラ子旅する。---ただいまアフリカでボランティア中 いきさつはこちら 同じJugemuブログだ

From kepoの育児・思い出ぶろぐfrom但馬 @ 2007/09/28 4:26 PM
このページの先頭へ