<< マラウイの南部の村 | main | 日本のお友達からの手紙。 >>

生まれた国の違い。

エチオピアの施設に
マッサラートっていってまだ若い
10代半ばのお母さんがいました。

マッサラートには、
小さな赤ちゃんがいました。

本当にかわいい赤ちゃんで、
私が抱っこして
「あーかわいいかわいい。
なんでこんなにかわいいんだろーっ」て
言っていると、

「ちゃらか、お願い。その子,
ちゃらかの国に
一緒に連れていって。
会えなくなっちゃうのいやだけど、
きっとちゃらかの国の人は
みんないいひとだから、大丈夫...。」

大きな透き通った目で、
まっすぐ私をみて、
いいました。

初めてされたこの質問に
私は、泣きそうになりました。

 
「ママと離れ離れになるのよくないよ。
この子にはマッサラートずっと必要だよ。」

っていいました。
 
「わかった。迷惑にならないように、ちゃらかの
おうちで一生懸命わたし、働くから。
そうじだって洗濯だって、
ちゃらかのすきなインジェラ
毎日上手に作るから。」

何て答えていいかわかりませんでした。
 
一緒にベットに座っていたワーカーの子が
私の様子を見て、
 
「マッサラートだめだよー。
ちゃらか、
日本に帰ったら、お仕事いっぱいで忙しいんだよ。
それに日本はしゃべる言葉が違うんだよー。」
って慌てたようにいって。
 
あとからワーカーの子が、
「ちゃらか、マッサラートね、
ディスチャージするように管理の人に
さっき、言われたばかりだったんだよ。」
って教えてくれました。
 
施設をでたら、どうやって
食べていけばいいのか、他に頼る人がいない
マッサラートはきっと悩んでいたんだと思います。
 
私は、結局は、何もしてあげられない自分の
立場がよくわかって、苦しくなりました。
 
でも、次の日、
マッサラートが笑顔で、

「チャラカー私、
ここで寝泊りして働けることになったの。」
っていってきました。

行き場のないマッサラートを心配して
ワーカーの子が
管理のかたにお願いしてくれたようでした。

私はもう、ほっとしてほっとして。

この施設では、ワーカーの子が、
病気に感染してしまっったり、
病気だったことがわかったりして、
次の日には、患者さんになって
しまったりしていましたが、
患者さんの子が、
ワーカーになったりも
していることがあるって
知ってすごくすごくほっとしました。

でも結局は、自分は何もできなんだなってこと。
思い知らされました。

働く場所がない。

エチオピアでは、
会社も企業もとても少なく、
国自体の収入も本当にわずかで、

日本にいたら、どんな風にこの子たちは
過ごせていたんだろう。

どんな風な職業につきたいって思うんだろう。
そのためにしっかり学校に通って。
恋愛もたくさんして。
映画にいったり、クラブにいったり。 喫茶店にいったり。
電車に乗ったり。お買い物したり。テレビみたり。


ただ生まれた国がちがったっていうこのことだけで、
薬も手に入らず苦しむ子たち、
ボロボロの体でよたよたして、物ごいしている子たち。
 
この子たちの未来には、何が待っていて、
どこにつながっていて、逃げられない現実を
一生懸命笑顔で受け止めている
この子たちが苦しくてたまりませんでした。

私の無力さにもいつも愕然としていました。
| ボランティア | comments(2)

コメント欄

「なぜ神様は人に知恵を授けたか」を、プラ子さんのブログを読ませてもらって少しだけ分ったような思いです。
http://www.mixwave.net/?plugin=rakanrss3&commu=97&type=1&no=1
↑見れますか?日本で放送していた番組からです。プラ子さんに役立つ情報があるかも、と思って。(サシデガマシクてすいません。)
自分にできることをしていきたいと思っています。応援しています。
Comment by maki @ 2007/10/09 12:55 AM
Makiさん。 どうもありがとう。
 エアチェックみさせていただきました。 本当にどうもありがとうです。
Comment by purako @ 2007/10/25 6:31 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ