<< 干ばつの影響 | main | 勉強小屋の壁をペンキで塗らせていただきました。 >>

北朝鮮の医師のみなさん

 

 

※ 知り合った北朝鮮の方々とのことを書きましたが、もしかしたらその方々が

北朝鮮に戻られた後に何か問題になってしまう可能性もあるのではとアドバイスをいただき、

以下のブログの内容のいくつかを削除させていただきました。

 

+++++++++++++++++++++++++

 

北朝鮮は1975年にポルトガルからモザンビークが独立する前から

支援をしていてモザンビークと関係がなかなか深い国の一つです。

 

今年に入ってから悪化している襲撃などに対応するため、
中国軍、ベトナム軍だけではなく、北朝鮮の軍事専門家も
モザンビークにきていると言われています。

 

少し前には、北朝鮮の外交官がモザンビークのサイの角、象牙などを
密輸をしていて捕まったというニュースもありました。

 

北朝鮮からモザンビークに派遣されている医師の方々は、
3年ごとの契約で交代で派遣されているようです。
子供は連れてこれないけど
結婚している場合は奥さんは連れてきていました。

 

北朝鮮の方々は見た目が日本人にやっぱり似ていて
アフリカの人々の中にいると、
自分にそっくりなので親近感がわきます。

 

この北朝鮮のお医者さんとその奥さんたち10人ぐらいに
初めて知り合った時の第一印象はあまりよくありませんでした。

 

自己紹介をした際、
「日本人です」と言うと

 

「君は日本人かい。 日本はアメリカの犬だからね」と
いきなり言われてしまい。。

 

みなさんの上着の胸元には、将軍様のバッチがつけてありました。

 

片言の日本語をみなさん知っていて、
「我々は〜」など知っている日本語を教えてくれました。

 

病院で実習をしていた頃、グループ全員で病院に忘れものをしてしまったときは
わざわざ医療学校まで来て、「忘れものだよ。」と持ってきてくれた
北朝鮮の医師たちもいてなんて優しいんだろうと

モザンビーク人のクラスメートたちと感動しました。

 

今回、モザンビークに来たことが、
初めての海外で、なにもかもあまりに違ってびっくりしたそうです。

 

一緒に大きなお祝いごとに呼ばれていったときも
林家パー子さんみたいに写真パシャパシャ撮っていて

モザンビークの人たちとみんなで踊ったりして
すごい陽気なご夫妻でした。

 

おいしい北朝鮮の料理を作ってくださったり、

お宅に遊びに行って私が帰るときも、いつも家の前の道まで出て、
私が自転車こいで見えなくなるまで手を振ってくれて

見送ってくれてとても優しいご夫妻でした。

 

 

今は無事に北朝鮮に戻り、
3年ぶりにご自身の子供たちに会えて、

わいわいされているんだろうなぁと思います。

栗山さやか * 色々な国の人々 * 20:33 * comments(12) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:33 * - * - * - -

コメント

北朝鮮。日本に居ると隣国ながら遠い国なのに、そんな国の方々と親しく交流を持てたとは素晴らしい体験ですね。アジア人同士、遠いアフリカに住んで共鳴する部分もあるのでしょうね。日本にいると、北の批判的なニュースばかり耳にして、実際に住んでいる人々のことなどほとんど知り得ないので、先入観で否定してしまいがちですが、そこに住んでいる人々は、我々と変わらない普通の人間なんですよね。人同士の繋がりは国籍とか国交とか関係なく築けるものなんだと実感できる日記でした。さやかさんが実践しているような、人同士の交流や繋がりがもっともっと広ろがって、将来お互いの国が歩み寄れるようになると素敵だなと思いました。
Comment by nov @ 2016/10/27 10:22 PM
こんにちはさやかさん、
国は嫌いだけど、そこに住んでる個人の人は好きと、友達になってる人がいます。
韓国から武道の稽古に来た人を横に乗せて、話していた時に、
自分の師匠は、(現代に生きる)侍だと。言ったら、
サムライという言葉に敏感に反応して、お爺さんの時代なら・・・。と、不機嫌になりました。
そうだ、豊臣秀吉の時代に、海を渡って、平和な国に攻め込んで、戦をしたことがありました。
歴史認識のずれや、ものの見方は、なかなか変わらないと思います。
テレビで、北朝鮮は、日本の戦時中のように、欲しがりません勝つまでは! と、何十年も、軍備拡大し続けていると言ってましたが、指導者はどこに向かっているのでしょうか?
Comment by もう一人のマロン @ 2016/10/28 11:11 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2016/10/28 1:33 PM
とても貴重なお話です。ありがとうございました。さやかさんも、くれぐれもお気をつけて。
Comment by 谷口智彦 @ 2016/11/01 2:23 AM
北朝鮮の医者の話、面白いですね。ちなみに彼らとは何語で会話したのですか?
 さやかさんはやはり日本人の知らないことをたくさん見聞されているのだから、静岡新聞の連載も含めてそろそろ次の本を書きませんか?すっごく楽しみです。
Comment by 前野優 @ 2016/11/01 2:37 PM
こんにちは。さやかさんはいろんな人と知り合うのですね。すごいな〜。日本で日本人をやってるとそんなに毎日新たな人と知り合うことはないのだけど。
一度だけ行ったことがあるエチオピアを再訪しようと、現地のガイドさんとメールで連絡をしていたのですが、「非常事態宣言が出て、今観光業は壊滅的」と言われ、私の計画は保留になってしまいました。さやかさんはアフリカ各国の良い面、悪い面の両方をご存知と思いますが、私は大好きな土地です。そんな場所で争いが噴出することが本当に残念で悲しく思っています。アフリカの多くの国で沢山の問題を抱えている事は遠い国にいる政治素人にも想像できますし、きっと想像を超えることがあるのでしょう。
北朝鮮、韓国、中国の話題は日本では毎日どこかしらのTVでニュースになっています。大抵は否定的なニュアンスで報道されますね。どこの国に生まれても不足のないご飯を頂けて、その人それぞれの幸せと希望のある生活を送れること、それだけでいいんだけどね。
現実をまじかにしているさやかさんに愚痴っちゃった。愚痴ってないで行動するさやかさん、憧れちゃう!でも本当に安全には気を付けて下さい。
Comment by Kurio @ 2016/11/02 2:14 AM
先日福岡に行きました。博多駅の南口を出ると、『モザンビーク』を書いた小さな看板を首からつりさげた方が2名ほど。

資金カンパらしく、男性はモザンビークから、女性は福岡の方。

さやかさんの話をしながら、ささやかにカンパしました。(*.*)
Comment by senda3 @ 2016/11/04 11:41 AM
北朝鮮の方ともふれあいがあったのですねー!
なんか、リアルですごい引き込まれました。
喜び組はやっぱり苦笑いなんですね。笑
Comment by 土 @ 2016/11/09 9:41 AM
北朝鮮の医師も派遣されたりするんですね。
まだアフリカだから、管理もゆるいのかもしれないですね。
先日、ヨーロッパの方で北朝鮮大使館の大使をされていた方が、任期が終わってからも北朝鮮に戻らないでその国で暮らしたいと申し出たら許されず、結局、韓国に亡命されました。
一回自由を体験してしまったら、またもとの生活に戻るのは厳しいんでしょうね。特に政府の幹部たちはお互いに告発し合うような感じで生き残るのが大変そうに思えます。
日本語の変な言葉を知っている、というのもなかなか驚きですね。日帝時代のなごりなのか、現在のポルノビデオとかが実は出回っているのか・・・。でも、そういうことを言ってくるっていうのも、なんか幼稚だなって感じがします。
韓国の歌やドラマ、映画なんかが不法で入っているとよく聞きますが、そこに派遣されている医師たちはそういうのに触れる機会がなかったようですね。
色々生の声が聞けてすごいですね。
でも、ちょっと心配です。
まさかさやかさんのブログまでチェックしないと思いますが、その方々はまた北朝鮮に帰らなければいけないい立場だとしたら、あまり公開しないほうが良いと思います。亡命された方なら大丈夫だと思うんですけど。
すみません、老婆心からちょっと気になりました。
Comment by かんくら @ 2016/11/11 4:29 PM
さやかさん、いつも色々な情報をありがとうございます。北朝鮮のお医者様がモザンビークに派遣されていることは知りませんでした。色々な国の人と個人的に話して分かり合えると、その国に親近感を持つことがあります。そんな風に話して信頼関係が生まれると、とても、その国を戦争等で攻めることはできないのではないかと考えたりします。どんなに悪いイメージの国であっても、そこで暮らしている心優しい人と触れ合ったならば、どうしてミサイルなど落とすことができるでしょうか。私は、趣味で英語を勉強しています。英語圏だけではなく、多くの国の人々が集まったときに、英語という共通言語で心を通わせた経験をしたことがあり、その時に、世界の国の皆は、本当は仲良くなれるはずだと思うようになりました。
さて、一昨日、娘の小学校で音楽会が開催されました。その開会式で、校長先生がさやかさんへの募金を送金したことについてお話下さり、さらに、さやかさんから届いたばかりだという御礼メールを読んで下さいました。私は、家族3人で学校のバザーの日に募金させて頂きましたが、私のママ友は「バザーの時、募金箱に気付かなかったの。募金しかたったのに。」と非常に残念がっていました。募金は今回だけではないので、その友達も次回は募金したいと申しておりました。
さやかさん、お体に気をつけて下さい。心より応援しております。
Comment by オアシス @ 2016/11/14 9:00 PM

<nov さま。
そうですね。 生まれた国が違ったり、国の在り方が全然違う国の人々でも多少の違いはあってもみんな同じような日常があって、幸せに暮らすことを願っていることには変わりないんだなぁと私もいつも思います。 ふと立ち止まってそういう不運ことを考える時間も大切なことだろうなと思います。 
  novさんtokoさんいつも本当に本当にありがとうございます。 どうかお元気に毎日過ごされていらっしゃいますように。。。。 






<もう一人のマロンさま

そうですね。過去にあった出来事にたいして複雑な思い、その国の印象が深く刻まれてしまうことはきっと自然なことですね。 そういった会話になると私も今もどう反応していいのか戸惑ってしまうことがあります。 
そんな中でも武道などを通しての交流、素晴らしいなぁと思います。

北朝鮮を含め、どこの国に住んでいようと
子供たち、人々が安心して暮らせる世界になればと思います。

いつも温かいご支援本当にありがとうございます。。



<谷口智彦さま。

 ご無沙汰しております。
 今もブログを見に来てくださっていること、とても嬉しい気持ちになりました。本当にありがとうございます。
ご活躍をされ、お忙しい日々のことと思いますが、お元気で過ごされていらっしゃいますように。。



<前野優さま。

 いつもありがとうございます。北朝鮮の先生方とはモザンビークの公用語、ポルトガル語で話しました。 派遣されるには北朝鮮でポルトガル語の試験があるそうです。
何回か受験してやっと受かったとおっしゃっている医師のかたもいらっしゃいました。 海外で働きたいと思う方々はとても多いようです。

あまりブログを更新できずにいますが、こうして前野さんに気にかけていただいてありがたい気持ちでいっぱいです。

本を書く機会をいただけることは今後あるかどうかわかりませんが、、もし万が一またいただけることがありましたらご報告しますね。

多大なるサポートをいただいていること、心から感謝申し上げます。  どんどん寒くなる日々と思いますが、どうかご自愛くださいね。







<Kurioさま
ありがとうございます。  
エチオピアも今とても混乱しているようですね。
観光ができないほどとは、心配ですね。
現地で生きる苦しい生活をしている人を思うと心が痛みます。

どうか一日も早く安心して人々が暮らせる場所になって、Kurioさんもまた現地で知り合った皆さんを訪問できるといいですね。 



<Senda3 さま。

 思い出していただきお話ししてくださってありがとうございます。 心がほんわかしました。
感謝感謝です。。





<土さま。
当たり前のことですが、
日本人と見た目がそっくりなの別の国出身とは、なんだか不思議な感じもしますね。いつもありがとうございます。



<かんくらさま。

貴重なアドバイスありがとうございます。
早速、まずいかなと思う記述は削除しました。 

もしも万が一を考えてはやはり大事なことですね。 
 いつも本当にありがとうございます。




 

 









Comment by 栗山 @ 2016/11/17 4:24 PM
<オアシスさま。

 お返事が遅くなってしまってたいへん申し訳ございませんでした。 温かいコメントありがとうございます。

 色々な国の方と交流を持たれたとのこと素晴らしいお時間であったのだろうなぁと思います。
 そうですね。文化、宗教や習慣などが違っても、お互いがお互いを理解し合えば、きっと争い合うことはなくなりますね。

そんな世の中になればいいですね。


ご寄付をなさってくださったとのこと、本当にありがとうございます。娘さまにもどうぞよろしくお伝えくださいね。

ご寄付をしたいなと思ってくださったママ友さまにもどうぞよろしくお伝えください。

オアシスさん、校長先生ありがとうございます。。


Comment by 栗山 @ 2016/12/03 5:40 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ