<< マラウィのニュース | main | 干ばつの影響 >>

日本語でのニュース


日本語では報道されていないようですが、
英語圏、フランス語圏、ポルトガル語圏の国々では

今年になって更にひどくなってきている

モザンビーク国内で起こっている襲撃、殺害が
時々ニュースになっています。

 

欧米人の知り合いから

「日本ではこの襲撃のことニュースになってないの?」と聞かれました。

 

どうしてかなと思って聞くと

 

「日本人のバックパッカーに
モザンビーク中部の町の安宿で偶然知り合ったんだよ。

モザンビークからマラウィに入国するって言っていて

そのルートが襲撃が相次いでいるルートを通ると言っていて、

念のため別のルートを通るように伝えたよー。

モザンビーク中部で紛争が相次いでいること

知らなかったみたいだけど。。」と。

 

そのルートでも、

すべての車が襲われているわけではないし、
そのルートを通った友人たちから何事もなく

通過できたから大丈夫という話もよく聞くし、
逆に別の友人からは、襲われている車、

火をつけられている車を横目で見ながら

自分たちは逃げた、とも聞いています。 

 

ただ念には念をいれて

避けれるのなら避けたほうがいいと思います。

 

中部地方では、危険ルートを通過したい車は、
朝4時ぐらい(だったかなと思いますが)集合で、
政府軍の車が間にはいり一斉にすべての車で列を作り
護衛されながら移動することもしています。(それでも襲われてしまうことはある)

 

色々なルートで小さな襲撃も含めると増えていますが、
特に気を付けたほうがいいと言われているルートは、

 

ゴロンゴザ周辺(ソファラ州)
ゴロンゴザからモクバ(ソファラ州、ザンベジア州)
テテ市街からマラウィまでの国境(テテ州)

ザンベジア州からマラウィまでの国境(ムワンザ国境)

テテ市街からシモイオ市街までのルート(テテ州、マニカ州)
シモイオ市街からベイラ市街(マニカ州、ソファラ州)
マルパからクアンバ(ニアッサ州)
ナンプラ、クアンバ間の列車(ニアッサ州 数日前に襲撃あり、

列車のスタッフが太ももを撃たれた、死亡者なし)

 

たまたまバスに乗っていたフィリピン人の

女性教師も襲撃の流れ弾で亡くなっています。

(ザンベジア州 モクバ近郊)

 

報道されていない襲撃もあると聞きます。


逆に政府の警察から60人以上のマラウィの人々が突然、
身柄拘束されてしまったように
よからぬ容疑をかけられてしまう懸念もあります。

 

私の住んでいる町でもアメリカ人の女性が警察官からの持ち物検査を受け

手錠をかけられてしまったこともありました。

 

外国人であること、この国の法律をしっかり知らなかったり、

知っていてもやり取りの際に誤解を生んでしまい
こういう情勢の中では、

すぐに身柄拘束につながってしまうこともあります。

 

あまり政府のことなどブログで

書かないほうがいいと思っていましたが
モザンビーク情勢のニュースが日本語ではあまりネットでは

出てきていないようなので
旅している人たちのもしもの情報になればと書かせていただきました。


モザンビーク政府も情勢を少しでも良くしようと動いています。

 

ご家族がモザンビークに住まれているかたもいらっしゃるかと思います。

不安もあおるようなことを書いてしまいましたが、

ブッシュの中の道以外で

襲撃が起きているのは主に小さな町や村にある政府関係の施設のため(警察署、検問所、病院など)

普通に生活をするには問題ないと思います。

 

モザンビーク南部や、北部でもカボデルガード州は今のところ安全で、
どの州でも州都や大きな町にいれば全く問題ないと聞いています。

 

 

ただどうかモザンビーク中部、北部、
陸路での移動、そしてご自身の行動、政治的な発言は、

もしもの場合を考えて

十分気を付けていただけたらと思います。

 

 

栗山さやか | 国などについて | comments(6)

コメントありがとうございます!

 こんにちは、無知ほど怖いものはないですね。
日本のニュースは、大手のゼネコンとの利権で、作った箱ものに、不備があったとかで 政治家の汚職(追及してるようですが)の国内ニュースばかりが、地上波は主で、海外の事は、流していません。
以前、テレビで、テロや、紛争地区に Tシャツ姿で、簡単に入り込んだ日本人に、なんでこんなとこに来た、と聞いたら、「ただ何となく。」と答えたそうで、そういうのがたくさん居る。との言葉に愕然としました。
 ちゃんと、人の為に何かしたいと、目的をもって、
渡航して、事故や事件に巻き込まれるは辛いですが。
Comment by もう一人のマロン @ 2016/10/07 5:11 PM
 日本では、中東のニュースはNHKワールドニュースでアルジャジーラの報道が同時通訳付で放送されるのである程度知ることができますが、アフリカのニュース、日本ではほとんど報道されません。
 モザンビークの治安のこともさやかさんのブログで初めて知った次第ですし、マラウィでの干ばつによる食糧危機のこともユニセフのDMが来なかったら知らなかったでしょう。ジャーナリストでない貴女に申し上げるのは筋違いですが、また情報発信して頂きたいと思います。
Comment by 前野 優 @ 2016/10/11 10:09 AM
さやかさん、こんにちは。

モザンビークの情勢はなかなか安定が難しいようですね。日本では、アフリカのことといっても、こないだ開催されたTICADの話題ぐらいですね…
日本では、自分で探さないとなかなか海外のニュースにはたどり着かないように思います。

外国人としての立場は私の想像以上に大変だと思いますが、さやかさんご自身も気をつけてくださいね。
日本は少しずつ肌寒い日がやってきています。私は風邪を引きやすい体質なので、体調管理に気をつけようと思います。

colorful
Comment by colorful @ 2016/10/14 4:18 PM
久しぶりです。いろいろ大変ですね。俺は1週間ちょっと前にテレビで紹介された焼肉屋さんで焼肉食べてうまかったけど俺が一番のお気に入りの店の焼肉屋さんの方がうまいですね。遅くても来月中に一番のお気に入りの店に行こうと思いますね。この前飲み会&#127867;に出席したけど簡単にさやかさんみたいに思いやりがある女性を見つけるのは大変ですが頑張ります。
Comment by スマート @ 2016/10/16 10:56 AM

<もう一人のマロン さま

 お返事が遅くなってしまって申し訳ないです。
 そうですね。無知ほど怖いものはないですね。

 日本でも日々国内の事件事故、ニュースが多くありますから、仕方がないかもしれないですね。
私も今後とも十分気を付けたいと思います。
モザンビーク情勢早く良くなるといいのですが。。   

日本はこれから徐々に寒くなる季節ですね。
どうかマロンさん、風邪などひかないように、ご自愛くださいね。 

温かなご支援いつも心から感謝しております。 
本当にありがとうございます。。。
 






<前野優さま
 
 お返事が遅くなってしまって申し訳ございませんでした。
  
 前野さまのおっしゃる通りでマラウィ特に南部では
干ばつの影響で、村に住む人々はますます食料不足で厳しい日々を送っています。 そんな状況をみながら、マラウィ南部の貧しい村で何か少しでもできることはないかと勝手ながら考えております。

報道に関して、世界にはたくさんの国がありますから、
外国のニュースでも国が限られてしまうのは仕方がないかもしれないですね。  
アルジャジーラの報道が日本でも流れるのですね。
時々モザンビークのニュースでもアルジャジーラの報道が流れるときがあります。 
 
今後とも小さな情報になってしまうかもしれませんが、ブログにできる限り書いていけたらと思います。 
 
前野さま、いつも多大なるご支援していただき心から感謝申しあげます。   季節の変わり目をどうか楽しまれていらっしゃいますように。。。














 
 

 
Comment by 栗山 @ 2016/10/24 12:50 AM
<colorfulさま。

 いつもありがとうございます。
 10月も終わりが近づき、日本は、肌寒い日々になってきている頃と思います。 風邪をひきやすいとのこと、温かくして気を付けてくださいね。 
小さな情報になってしまうと思いますが、今後ともブログに書いていけたらと思います。
いつも気にかけていただいて本当にありがとうございます。。
学生生活最後の冬楽しまれますように。。。







<スマートさま。

焼肉おいしいですよね。 お気に入りの焼肉屋さん行って来れましたか。 おいしいものを食べれると嬉しくなりますね。

飲み会これからもわいわい楽しめるといいですね。
素敵な出会いがありますように。。。




 
Comment by 栗山 @ 2016/10/25 11:36 PM

コメントはこちらからお願いします!









このページの先頭へ