<< 犬のルーサ | main | 2つ目の勉強小屋の子供たち >>

高校時代の野球部野中キャプテンとリツアン号

 

25歳で亡くなってしまった地元の親友と、
中学校の頃はソフトボール部、
高校生の頃は一緒に野球部のマネージャーをしていました。

 

ボール縫ったり、アナウンスしたり、麦茶作ったり、スコアブックつけたり、
ひたすらグランドの草むしったり。

 

私たちが1年生の時に
3年生の野中キャプテン、熱血な野球部の先輩がいました。
マネージャーにはとても優しい先輩でした。

 

モザンビークでほそぼそと活動を始めて
ご寄付をいただくようになってから、
ご寄付を下さる見慣れない企業のお名前があり
ずっと気になっていました。

 

地元で応援する会を作ってくださった
河田さんが調べてくださって
(御前崎市池新田のパソコン教室「ハイネ池新田」を経営なさっている)
なんと高校を卒業してから一度も会っていない

野中キャプテンの会社とのことでした。

 

20年前のユニフォーム姿、坊主頭の野中キャプテンの姿を
思い出しありがたい気持ちでいっぱいになりました。

 

派遣会社勤務を得てご自身で、
素晴らしいシステムの派遣会社をと会社を立ち上げられたそうです。

 

ご自身のブログ「ピンハネ屋と呼ばれて」に
派遣会社を立ち上げられたきっかけ、
ご自身のご家族のこと、

子供の頃、職を転々としながら

一生懸命働くお父さんを心配していたことなどが書かれていて、

その温かい思い、お人柄がとても伝わってきました。
ぜひぜひ読んでみていただけたらと思います。

 

野中社長のブログ 「ピンハネ屋と呼ばれて」
「派遣会社を設立した理由」

http://rstc928.hateblo.jp/entry/2015/06/13/173805


去年日本に一時帰国した時に
河田さんとご一緒に20年ぶりにお会いさせていただき、
ありがたさ、懐かしさでいっぱいになりました。

 

野中先輩、河田さんは、
モザンビークの二つ目の勉強小屋が町から離れていて
茂みの中に強盗が多い道を通っていることを心配してくださりました。

そして少しでも安全に活動が続けられるようにと
今までくださっていたご寄付金を使って
白いきれいな中古車を購入してくださいました。

 

船で送る前に、
掛川市大東にある有限会社アトムさんがしっかり整備してくださいました。

そしてモザンビーク北部の港町まで送っていただき
無事に受け取らせていただき、最終的な書類等の手続きも終わりました。

 

心からお礼申し上げます。

 

車(リツアン号)には大きな荷物を運べるように、
アトムさんのご協力もあり、
車の屋根の上に荷台をつけてくださりました。

 

現地では、黒板の移動や、木材の移動大きな荷物の移動に大活躍で、
そしてマラウィに移動するときも、
このリツアン号のおかげで、たくさんの荷物(お鍋や布団まで)
持ってこれました。

 

ガソリン代がもったいないので、
歩けるときはもちろん歩いています。

 

ただ荷物が多いときに本当に大活躍しています。
大切に大切に使わせていただきます。

 

株式会社リツアン

http://ritsuan.com/company/president/

   
ハイネ池新田(お子様からご年配者までのパソコン教室、

優しく丁寧な河田さんがご本人が先生をなさっています)

http://haine.hamazo.tv/

 

有限会社アトムさんは、掛川市大東町にある中古車販売、車検や車の修理等を
なさっている会社です。

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

深く感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

勉強小屋1と勉強小屋2の子供たちとリツアン号

 

 


栗山さやか * お礼 * 23:52 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:52 * - * - * - -

コメント

さやかさんを支える沢山の人々、みなさん一所懸命に生活していらして素晴らしい。支援者の方に美しく感謝をできるさやかさんって素晴らしい。書きながら、「美しく感謝」って何?って思ったけれど、どうもこの言葉しか浮かびません。
初めてアフリカへ行ったとき(観光旅行ですが)、”飢えた子供の目”がノホホンとした私には衝撃的でした。さやかさんの写真にある子供達みたいな年頃の子達でしたが、恐怖さえ感じました。
毎日水や食べ物を必死で集める子供達、毎日銃声の中で過ごす子供達、親や家族の愛情を得られない子供達、病気に立ち向かう子供達...勉強小屋を作ってもらって、居場所を与えてもらった子供達はすごく幸せね。皆笑ってるもの。
Comment by Kurio @ 2016/09/29 9:06 PM
さやかさん、こんにちは。

本当に大きな車ですね!いっぱい荷物が入りそうです。
また、学生時代のつながりが今もあるというのがとても素敵だと思いました。地元の方々もさやかさんを温かく応援していらっしゃることが伝わりますね。

私はこの夏に免許を取ったのですが、あまりまだ車に乗れておらず、少し残念なのですが、いっぱい練習をして静岡にもまた行ってみたいと思っています。
日本も少し肌寒くなることが増えてきました。風邪をひかないように気をつけないとと、思います。さやかさんも体調には気をつけて過ごしてくださいね。

colorful

Comment by colorful @ 2016/10/01 3:04 PM
<kurio さま。
 
 温かいコメントをいただき私も心が温まりました。ありがとうございます。 多くの方々に支えられてまだこの活動が続けることができております。 できることは感謝することだけで時々申し訳なくてそして同時にとてもありがたい気持ちになります。 ここうして温かいコメントをくださったKurioさまにも感謝感謝の気持ちでおります。とても励みになりました。  Kurioさまもアフリカにご旅行をされたのですね。 とても思い出深い旅だったように察します。 教えてくださってありがとうございます。  日本は秋らしくなってきた日々でしょうか。 これから徐々に寒くなる季節かと思いますが、どうかご自愛くださいね。
 
Comment by 栗山 @ 2016/10/07 1:34 AM
<colorfulさま。
 
 車の免許を取られたのですね。おめでとうございます! 遠出は緊張してしまいますよね。静岡まで! はかなり遠いですね。                           大阪から御前崎までいらっしゃってくださったこと私はずっと忘れないと思います。

そのたびは、本当に本当にありがとうございました。   

そうですね。 地元のみなさんに支えてもらっていて、本当にありがたい限りです。。

これから日本はこれから徐々に寒くなりますね。紅葉の季節はそろそろでしょうか。 季節の変わり目、気温も頻繁に変わると思いますし、colorfulさんご体調お気をつけてくださいね。


    
Comment by 栗山 @ 2016/10/07 1:43 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ