<< 蚊取り線香 | main | 移動の時のお手洗い >>

養豚プロジェクト

 

協会の豚小屋がある地域は、町のはずれにあります。

 

その地域では一か所だけ他のかたの豚小屋があって、

以前にそこの豚が強盗にその場で殺されたことがありました。

 

ただその時は、重すぎて強盗たち運べずに諦めて放置され

殺された豚がそのまま発見されていました。

 

ただ今年に入って20匹以上もいたその豚たち

全てが盗まれてしまったようです。。

 

通常、豚を盗むには、その場で豚を殺してから

背中に背負って逃げるか、

大きい豚は殺してから

自転車の荷台に乗せて運ぶ、板に乗せて数人で運ぶ、

一輪車で運んで盗むことが主流のようです。

 

豚は警戒心も強いみたいで、知らない人が近づくと

大きな声でぶうぶう鳴くし

今回はどうやって何匹も盗まれてしまったのか。。と思っています。

見張りのかたがぐるだったのかなぁとも思いますが。。

 

もしも見張りの人が気づいても

武器はナイフだけの見張りの一人の人が

武器を持った数人にはかなわないし、

下手に抵抗したら命の危険が出てしまいます。

 

協会の豚小屋の近所の藁屋根の民家も

数日、留守した間に誰かに火をつけられて

家が燃え落ちてしまっていました。

 

豚小屋の近くに住んでいて、

豚のお世話をして働いてくれているご家族に

 

「夜、強盗が来たら抵抗しないでいいからね、

襲われたりしないように、命が危険にさらされないように

どうか気を付けて」と伝えています。

見張りとしてそこで犬たちも飼っています。

 

豚小屋のそばに誰かが数人で住んでいる+犬がいるというだけで

強盗の標的から逃れる可能性がある程度高くなると思ってはいます。

   

 

去年から始めた

この養豚プロジェクトは飼育を2匹からで始めて

それからもう2匹買い足しました。

 

最初からいる黒いメス豚の名前は

協会のみんなが決めたジャパオン(ポルトガル語でジャパンの意味)です。

 

無事に妊娠をしているようで、

今日か明日かと産まれる日をみんなで楽しみにしていました。

 

豚の妊娠は約3カ月半と聞いていたのに

ジャパオンの体がぷくぷくしてきてから4カ月以上経っても

一向に産まれる気配はなく、

 

「もしやジャパオン、ただ太っただけでは」と

 

みんな怪しみ始めがっくりしていたのですが、

6月に遂に念願の子ブタが7匹産まれました。

 

今は産まれた子豚も合わせて全部で合計で11匹です。

みんなどうか盗まれずに

元気に育ってくれるといいです。

 

 

1枚目の写真 買い足した2匹の子ブタ 

 

2枚目の写真 出産間近だった時のジャパオン

辛そうに一生懸命水を飲んでいました。

   


栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(6)

コメント欄

栗山さやかさん。こんにちは。
養豚してるんですね。かわいいですね。泥棒もいて、気疲れしますね。くれぐれも「命」気を付けてくださいね。
Comment by sata @ 2016/09/03 12:49 AM
栗山さんの本を読ませていただき、コメントさせて頂きました!
アフリカでの現状がとてもわかりやすく、ストレートに伝わってきました。子を持つ母として、そのような危険な状態に常にさらされていら子供がいるという事に改めて胸が痛みました。
これから少しではありますが、栗山さんの活動を持続的に応援させていただきたいと思います!ブログも拝見楽しみにしています!
Comment by h-mama @ 2016/09/05 5:52 PM
さやかさん初めまして、私は今日「ひとりではじめたボランティア」をよみました。
私の将来の夢は保育士の資格を取って児童養護施設で働くことです。私はさやかさんのように行動に移すことが苦手で命の危険を省みてまでの行動はとる勇気がありません。でも国内の子供たちを助けながら日本でもできることをしたいと、本を読んで強く思うことが出来ました。これからもお体に気をつけてください!
さやかさんのブログこれから読んでみたいとおもいます!!
Comment by marta_ @ 2016/09/15 3:21 PM
The used key is always bright.
管理人 mayumi様

お世話になります。ばーちゃわーるどです。

以前、モザンビークに関する情報を頂きましてありがとうございます。

頂戴しました情報を参考にいろいろ検討しまして
下記の様なシンボルを模型化させて頂きました。
(4.5cm×4.5cmのミニジオラマです。)
http://www.tokyovirtualworld.com/10-yokoso-japan/10-125-mozambique

また、誠に勝手ながら同ページで御サイトをご紹介させて頂きました。

もし気になる点などございましたら
アドバイスなど頂戴できましたら幸いでございます。

この度は誠にありがとうございました。


Comment by ばーちゃわーるど @ 2016/09/16 12:52 PM
久しぶりです。さやかさん元気に過ごしてますか?俺は何とか元気です。今日俺は久しぶりに飲み会&#127867;に出席してさやかさんみたいに思いやりがあって笑顔がステキな女性見つけられるように頑張ります。もしよかったら応援して下さい。
Comment by スマート @ 2016/09/18 9:42 AM
<SATA様
 こんばんは。SATAさま。
 少しずつでも。。と思っております。
いつも本当にありがとうございます。。




< h-mamaさま。
 本を読んでいただき、心からお礼申し上げます。
温かいコメントをいただき、嬉しく思います。 このブログも協会野活動のこと、ここでの日常の小さなことなどを書いておりますが、もっと読みやすくなるように続けていけたらと思います。 読んでくださって本当にありがとうございます。






<marta_ さま
 本を読んでくれてありがとうございます。
 そして素敵なmarta_ さんの将来のことを教えてくれてありがとうございます。  私はたまたまアフリカにいて、アフリカでほそぼそと活動を始めましたが、実は今でも行動に移すまでにとても時間がかかっってしまったり、億劫だったりしています。 少しずつでも良くなるようにと思いながら日々過ごしています。   

marta_ さんの素晴らしい夢、夢に向かう日々、応援しております。  コメント本当にありがとうございました。







<ばーちゃるわーどさま。
 ご連絡ありがとうございます。 そして、素晴らしい作品! を見させていただきました。 モザンビークらしい作品ですね! そしてその他の国の作品も素晴らしいですね。  も経歴34年でいらっしゃるとのこと! 納得です。。!!

 ブログをご紹介してくださり心から感謝申し上げます。





<スマートさま
 ありがとうございます。元気にしております。スマートさんもお元気そうでなによりです。 
 飲み会があったとのこと、いかがでしたでしょうか。
楽しいお時間を過ごされたといいなぁと思います。
 
 
 
 
 





< 



Comment by 栗山 @ 2016/09/20 4:18 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ