<< マラウィへの移動 | main | 月明り >>

マラウィ南部の町にいます。

 

 

今はマラウィの南部の町にいます。

 

マラウィは1964年に

イギリスの植民地支配から独立した国で

貧しい国と言われていますが、

人々も雰囲気もとても穏やかな気がします。

 

マラウィにきて、

ずっと監視され続けていたように感じた日々から抜けれて

夜普通に眠れるようになって

安心して眠れることが心からありがたいです。

 

尿意を我慢して移動を続けていたためか、

膀胱炎になってしまっていましたが

それもやっと治り嬉しく思います。

 

マラウィで活動しているイギリス人の知り合いの

小さなNGOのある村に行ったり、

毎年遅れてしまう協会の会計簿のデータベースの作業を進めていたり、

マラウィの法律を調べたり、

電話でモザンビークの協会のみんなとやりとりをしながら

今やるべきことをと思っています。

 

ここ数カ月の協会の活動や出来事等も

ブログにアップしていけたらと思います。

栗山さやか | ひと言日記 | comments(4)

コメント欄

危なかったですね。
マラウィで身の安全を確保しつつ、それでも現在できることを一生懸命されている姿に感銘します。

膀胱炎ですが、ドライヤーで子宮あたりを温めるとすぐに良くなりますよ。
ただ、私は以前、膀胱炎だと思ってドライヤーで温めていたら、どんどん痛みが強くなり、結局、救急に行きました。痛みの原因は膀胱炎ではなく、腎臓結石が原因でした。点滴を一本打ったら、体の中の水分が増えて、痛くなくなりました。
痛みが似ているので要注意です。
Comment by かんくら @ 2016/08/27 2:19 AM
栗山さやか様 初めまして。私は1ヶ月前にさやかさんのこと知りました。娘の小学校の校長室前に並べられていたさやかさんの本を校長先生にお勧めして頂いたことがきっかけでした。
私は心から感銘を受けました。人の為に人はここまでできるのかと感動しました。アフリカの現状にも驚きました。校長先生からこのブログのことも教えて頂き、読むようになりました。
私のように、さやかさんの活動を知らない人がまだまだ大勢います。さやかさんの活動、アフリカの現状を知ることは大切なことだと思います。娘の小学校のオアシスレンジャー(思いやり・温かさ・親切・素直)と呼ばれる児童にモザンビークの現状を伝えて頂きたいです。未来を作る子どもたちに現状を伝えることができるのは、さやかさんしかいないと思います。他の誰かが話す『聞いた話』や『読んだ話』ではない話は、子どもたちの心に響くと思います。
Comment by オアシス @ 2016/08/27 8:35 PM
ひとまず無事が確保できたようで安心しました。
短期間でもモザンビークに帰って云々とのことですが、
まずはさやかさんの身の安全を第一に考えてください。
気持ちはわかりますが、命を落とせば何もできなくなりますから。
マラウィからの続編、楽しみにしています。p
Comment by fukufuku @ 2016/08/27 10:43 PM
<かんくらさま。

 ありがとうございます。下半身を温めるためにドライヤーを使うといいですね!納得です。              ドライヤーいつか買いたいなぁと思います。 
頻尿や残尿感はひどくて夜何度も起きてたいへんだったのですが、血尿などひどい症状はまだ出てなかったので、
運よくインド人のかたの薬局で売っていたクランベリーの粉を水で溶かして買って1週間、飲んだら無事に治りました。 甘くないタイプのクランベリージュースおすすめです。 腎臓結石! 痛かったですよね。 無事に治られたようで良かったです! いつもご心配いただいてありがとうございます。。




<オアシスさま。

  はじめまして。 本を読んでくださり、コメントまでいただき本当にありがとうございます。

 オアシスレンジャーのみなさんのお話、校長先生から伺っておりました。  (思いやり・温かさ・親切・素直) 素敵なお名前できっとレンジャー隊のみなさんも素敵なお子さんたちなのだろうなぁと想像しております。
 
ここでの小さな日常のことなどをただ書いておりますが、
日本の子供たちが考えるきっかけなどを少しでも持ってくれたら嬉しく思います。
コメント本当にありがとうございました。
 
ご紹介してくださった校長先生にも心から感謝申し上げます。
 

 
<fukufuku さま。

 ありがとうございます。
 そうですね。身の安全を一番に考えたいと思います。
 マラウィでのこと、モザンビークの協会の様子などできる限り報告できたらと思います。 楽しみにしてくださっているかたがいると思うと私も嬉しいです。
 いつも本当に本当にありがとうございます。
 
  
Comment by 栗山 @ 2016/09/01 3:09 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ