<< 2015年協会アシャンテママ会計報告書になります。 | main | マラウィ南部の町にいます。 >>

マラウィへの移動

少し長くなってしまいますが、

情勢について書かせてください。

 

 

少しずつ前から、ブログにも書いていましたが、

モザンビーク中部北部の情勢が悪化していました。

 

モザンビークでは、今年に入り

モザンビーク民族抵抗運動党の襲撃が更に激しくなっています。

 

 

海外の報道では、内戦の始まりと報道されていますが、

その様子が激しくなっている地域が増えています。

 

別の州のひどい地域ではほぼ毎日どこかで襲撃が起こっていて、

隣国のマラウィやジンバブエにはモザインビークの人々が難民となり

1万人以上が隣国の難民キャンプで暮らしています。

 

公式な形では発表されていない人数も含めると

外国人が今年に入り何十人か殺されていると言われています。

 

私の住んでいる州はまだ大丈夫かと思っていたのですが、

3か所で政府の病院等に襲撃がありました。

 

私どもの協会運営も国内情勢が悪化にするに伴って

その影響を感じていました。

 

外国人も多くはない場所で、

大きな企業からの派遣でも政府間援助の従事者でもなく、

個人で現地で活動している自分の立場が

どんどん厳しい状況に追い込まれていきました。

 

特に私が危ないのは、偶然子供たちの勉強小屋の1つの拠点が

民族抵抗運動党を支援している人がたくさん住んでいる地域にあるからです。

 

民族抵抗運動党の支援者たちが一軒一軒家を回って軍の人々に

配給する食料を集めていて

政府が激怒して一切援助しないようにと通達を出しています。

 

自分の身の回りで見聞きする話、

現地の人々から頻繁に聞く怖い話、

色々な人々からの助言、

自分が外国人であり、活動している地域等が問題となり、政府側からの

身柄拘束や、最悪のことが起こってしまうのではという不安もでてきました。

 

そういう状況でも、なんとかならないかと模索していたのですが、

今この状況で、外国人である私がそういう地域を支援している

協会にいること自体がリスクであると思い始めました。

 

何かに巻き込まれてしまうと子供たちへの支援の

勉強小屋の継続自体が難しくなってしまいます。

 

 

 

モザンビークでは他のアフリカ諸国同様、

色々な国からの投資や、天然資源開発などもどんどん進み、

多くの海外企業もますます進出していて、

安全な場所にいらっしゃる日本人の方も

多くいらっしゃると思います。 

  

ただ私の住んでいる州は、他の州と比べると外国人がまだ少ない地域で、

一人で暮らし、一人で現地の協会で活動をしているので、

危険度もそもそも違うとも言われていました。

  

今まで、万が一、何かが起こってしまっても

自己責任としてやってきましたが、

こうした状況を知りつつここに残り、

本当に何かが起こってしまった場合、

現地のお世話になった人々だけではなく

日本大使館をはじめ多くのかたにやはりご迷惑がかかってしまいます。

 

ものすごぐ悩みましたが、

まずは、身の安全を第一に考え、

隣国のマラウィに一時的でも移動することが大事だと決断しました。

 

アシャンテママはしばらくは、電話で状況を確認しながら、

5年以上も一緒に働いてくれている

ルーシアさん、フィロメーナさん、マヌエルさんに

協会のいろいろなことはしてもらいながら、

今後も変わらず支援していけたらと思っております。

 

 

  

今は住んでいた場所から陸路で2時間半で着く

隣国マラウィに無事に到着しました。

 

皆さまにご支援していただいて続けている活動、

急いで荷物をまとめ、隣国に来なくてははならなかったこと、

ほんとうに無念です。

 

状況をみながら、短期間でも様子を見に戻れたらと思っています。

早く内戦状態が沈静化してくれることを願っています。

 

今後とも2つの子供たちの勉強小屋は続けていけたらと思っており、

引き続き見守っていただけたらと思います。

 

どうかご理解いただければ幸いです。 

いつも温かいご支援心から感謝申し上げます。

 

栗山さやか * 協会(アシャンテママ) * 05:56 * comments(11) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 05:56 * - * - * - -

コメント

栗山さやかさん。よかったです。
まずは、ご自分の命を最優先していただいてほっとしております。ゆっくりとじっくり外から、モザンビークを支えてください。焦ることはないと思います。(よかったあ〜)
きっと育てたスタッフがしっかりと、運営してくれます。

命・健康には十分に気を付けてくださいね。
オアシスのメンバーには、現状を伝え、支援できる方法を考えます。よかったです。嬉しいなあ〜
Comment by sata @ 2016/08/17 5:51 PM
無念なお気持ちは良く判ります。でも正しい判断です。
あまり気を落とさず、無理をなさらない様。
ご自分に、体と心を休める時間を作ってあげて下さい。
Comment by きよ子 @ 2016/08/17 7:51 PM
良い決断だと思います。
長らく頑張ってこられ無念だと思います。
現地の状況は部外者の私には理解できませんが、
遅すぎたようにも思います。
身の安全があってこそ初めて出来る活動です。
きっと再開できると念じて時を待ちましょう。
マラウィでもできることがあるかもしれませんしね。
御身大切にね!
Comment by たまどん @ 2016/08/17 7:58 PM
内戦状態、怖いですね、心配ですね…

とにかくプラ子さんがご無事であることが、
子供たちのためになりますよね

すべてが良い状況へ向かっていくよう、願っています
Comment by トムトム @ 2016/08/17 9:53 PM
こんにちは。
ずっと応援させて頂いております。
今回の決断、今迄築き上げてきたものや大切な仲間たち、子どもたちを現地に残してこなければいけなかったプラ子さんのお気持ちを考えると胸が締め付けられます。きっと、私の想像以上に辛いですよね…
でも、その辛い決断を下してくださり、プラ子さんの安全を優先して下さりありがとうございます。プラ子さんに何かあったら、本当に悲しいです。とにかく安全を優先されて下さい。事態が落ち着く日がくるよう、私も日本からいのっております。
Comment by なち @ 2016/08/18 8:49 PM
 それは賢明な選択です。
 モザンビークには将来さやかさんに代る人が現れるかも知れないけれども、さやかさんのご両親やご友人にとって貴女に代わる人はいないのですから。
 特に親というのは、たとえ子供が刑務所に入っていても生きて欲しいと思うものです。さやかさんもご親友を病気で亡くされているのですから(本で読みました)その気持ちはお分かりになりますよね。
 ブログを拝見していて私もハラハラすることがありましたので、少しほっとしています。日本に帰ってきてもいいし、しばらくの間休んで英気を養われてはいかがですか。
Comment by 前野 優 @ 2016/08/19 4:07 PM
さやかさん、貴女の真摯な態度に頭が下がります。貴女の文章から活動の場を離れる辛い気持ちが良くわかります。マラウィは以前貴女がモザンビーク入国前にいた国ですね。実を言うと私は初めて知った国ですが、あなたが安全な場所で休めることをただただ願います。少しは落ち着ける場所で過ごせるのでしょうか?
子供達に争い事を見せるのはつらいことですね。こんなことは私が安全地帯にいるから言える事なのでしょうか?
どうぞどうぞ貴女が健康で、少しでも心配事が小さくなっていきますように。
Comment by Kurio @ 2016/08/21 1:01 AM
とても大変な情勢のようで大変心配しております。
私はレイキヒーリングができるので栗山さんにモザンビークに愛と調和のエネルギー、レイキを送ります。一日も早く平和が訪れることを願ってやみません。どうぞご無事でいてください。毎日祈っています。
Comment by エリーズ @ 2016/08/21 10:29 AM
緊迫した状況で驚きました。
さやか様の身の安全を第一に考え、どうかご無事で
過ごされて下さい。協会の事は気がかりでしょうが、
ご無理はされませんように。
マラウイでもお一人なのでしょうか、、。
とても心配です。
Comment by EKO @ 2016/08/21 9:47 PM
<SATAさま。
 ありがとうございます。 
 協会の活動も私がいなくても現地のみんなが継続してくれていて、電話で連絡をするたびにほっとします。 
SATAさま、気にかけてくださってありがとうございます。。。



<きよ子さま。
  ありがとうございます。
  本当にありがとうございます。。。 
  今後どうするか少しずつでも
  考えていきたいと思っています。




< たまどんさま。
   そうですね。ここマラウィでもできること考えて行けたらと思っています。  ありがとうございます。。。
感謝の気持ちでおります。



<トムトムさま。
 
 ありがとうございます。
 情勢が早く落ち着いてくれればと思っております。。。

 

<なちさま。
 
 みんなの安全を私も祈りながら、
 今後のことは、前向きに少しずつでも考えていこうと思っております。 温かいお言葉本当にありがとうございます。

 
<前野優さま。
 
 いつもご支援、温かいお気持ち本当にありがとうございます。  励まされております。。
本まで読んでくださったんですね。ありがとうございます。。
 身の安全を第一にこれからも過ごしていきたいと思います。  温かいご支援に心から感謝申し上げます。。。。



<Kurioさま。

 ありがとうございます。 マラウィは、貧しい国ですが、モザンビーク北部よりだいぶ人々も雰囲気も穏やかな国のような気が昔からしています。  今やらなければいけないことをやり、少し立ち止まって今後のことを考えようと思っています。
ご心配いただき心からお礼申し上げます。



<エリーズさま。
 愛と調和のエネルギーのレイキをお送りいただきありがとうございます。 私はマラウィの安全な場所にいます。ありがとうございます。 今多くの国で安全がなくて不安の中で暮らしている人々が多くいて、 どうか少しでも安全な暮らしができる人々が増えるようにと祈るばかりです。。。


<EKOさま。
 マラウィでは、安全に思える日々を過ごせています。 マラウィでは一人ではないです。大丈夫です。ありがとうございます。。。あと同じ町に住んでいたパラグアイ人のご家族たちも同時期にマラウィに移動していて一緒の町にいます。  ご心配してくださって本当に本当にありがとうございます。 
 

 





   
Comment by 栗山 @ 2016/08/25 3:37 AM
無事に出国できて良かったですね。
今後のためにも、まずはご自分が無事でいられることが一番です。
これからも応援しています。
Comment by (な) @ 2016/08/26 6:16 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ