<< よーこさんチャリティお茶会、本当にありがとうございました。 | main | 2014年協会アシャンテママ会計報告書になります。 >>

ノートのカバー作り

 

ここで売られている一番安いノートは1冊約13円です。

でも日本に売られているような丈夫なノートではなくて、ペラペラのタイプのものです。

すぐに表紙まで破けてしまってボロボロになってしまったり

雨に少しでも濡れたり、雨でぬかるんだ道端に落として受けるダメージがひどく、

みんななんとか乾かして大切に使っています。

 

ものすごく使い込んだ聖書やコーランを

何かの余った厚紙で手作りできれいにカバーをつけている人を見かけて、

 

子供たちのよたよたのぼろぼろになってしまったノート、

時々、セロハンテープやホッチキスで直してあげていたのですが、

新聞紙でみんなでカバーを作りました。

 

小さい子がうまくできないと年齢が上の子が

手伝ってあげていました。

 

完成後みんな大喜びでした。

 

ないならないなりに、あるもので工夫をして物を大切に使うこと、

大切なことだなぁと思いました。

 

 

写真

 

1枚目みんなでノートカバーつくり中



完成後

 

栗山さやか * モザンビークの協会の女性たち。子どもたち。 * 21:03 * comments(7) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:03 * - * - * - -

コメント

以前,readyforを通じて応援させていただきましたが,その後も継続してブログを拝見しております.子供たちを笑顔にするさやかさんのご活動にいつも感銘を受けています.その一助になればと,僅かですが寄附させて頂きました.くれぐれも,ご無理なさらず,ご自愛下さい.
Comment by mukaide @ 2016/08/09 6:13 PM
新聞紙でノートのカバーを作るなんて、日本の子供たちは誰も経験がないだろうけど、人はこういうささやかなことにでも喜びを見出すことが出来るのですね!もちろんモザンビークの子供たちが今の環境のままでいいとは思いません。でも豊かさとは何だろう、何でも買ってもらえて遅くまで塾通いをする日本の子供たちは幸せなのかと考えさせられるお話でした。
Comment by 前野 優 @ 2016/08/10 10:41 AM
古書店で買った、分厚い本に包装紙で、カバーを付けたことがあります。
買うときに、店のレジのおばさんが、高い値段を見て、何の本か しげしげ見てました。(これは、失礼なことだけど!)
Comment by もう一人のマロン @ 2016/08/10 5:42 PM
こんにちは。
栗山さやかさん。お元気ですか。
今日は、栗山さやかさんのことを。モザンビークの現況を。
詳しく知っている素敵なお二人の方とお会いできましたよ。
おかれている現状の厳しさを知りました。驚きました。
現状に心を痛めています。
一度、日本に戻ってきてください。
現状から離れ、じっくりと思索することも大事な時期に来ているのではないでしょうか?
命あっての活動です。栗山さやかさんがいないくなったら、そのほうが、モザンビークにとって、大きな不幸です。
605人の子どもたち、オアシスレンジャーに、モザンビークの現状を伝えることも大事な、これからの活動です。第二のさやかさんを育てましょうよ。今はそういう時期です。戻ってきてください。私に、力を貸してください。
Comment by sata @ 2016/08/10 9:05 PM
こんにちは。栗山さやかさん。
お元気ですか?ノート、支えあって手作り修理。「学び合い」ですね。これ、大事な教育です。素敵な交流ですね。
体を大切にしてくださいね。
Comment by sata @ 2016/08/11 1:20 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2016/08/11 11:38 PM
<mukaideさま。

 READYFORさんを通じてご寄付をなさってくださったこと、ありがとうございます。 
おかげさまで、わらの勉強小屋から雨も風も怖くないレンガの勉強小屋を建てさせていただくことができました。感謝の気持ちでおります。
そして3年経った今も、このブログを読んでくださったり、ご支援してくださってありがたい気持ちでいっぱいです。。。

先日、mukaideさまのお名前で多大なご寄付をいただいていて、どなただろうと思っておりました。 本当に本当にありがとうございます。 いただきました温かいお気持ちをここで苦しい生活をしている子供たちにと思っております。 心からお礼申しあげます。。





<前野 優さま。

  ほんの小さなことから幸せを見つけることは
モザンビークをはじめとする貧しい国の子供たちが得意かもしれないですね。 
小さな子供たちには、どこに住んでいても最低限の安全のある生活、食べ物の心配をしないですむことができる暮らしがあればと思っております。 
前野さまいつもご支援心から感謝申し上げます。
ブログにもっと色々なことご報告をしていきたいと思っております。

日本は今はお盆の時期ですね。 穏やかなお時間を過ごされていますように。。。。



<もう一人のマロンさま。
 包装紙や新聞紙でもカバーがあるとなんだかさらに大切に扱えるようになりますね。  レジの女性もやっぱり気になっちゃったのでしょうね。  素敵な夏を過ごされていますように。。





<SATAさま。

 いつも本当にありがとうございます。 お二人にお会いしてくださったようでSATAさまにもお二人にも感謝感謝の気持ちでおります。 モザンビーク中部北部の情勢はまだ不安定ですが、私は今は安全な場所にいます。 またブログでもご報告させてもらおうと思っています。  ご心配してくださりありがとうございます。   SATAさま、今いただいておりましたメールアドレスにご連絡させていただきましたが、残念ながらまたメールが戻ってきてしまいました。。。 たいへん申し訳ございません。。 



 





  


 
Comment by 栗山 @ 2016/08/15 3:51 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ