<< ご寄付口座ご変更のお願い | main | 九州での地震心からお見舞い申し上げます。 >>

物事の見方の違い


自分が良かれと思ってしていることや、考え抜いて出した行動でも、
立場が違ったり、権限のある人たちからみたら全く逆の
とらえ方になったり、優先順位が全く逆になってしまったり。

日々の手続きなんかで起こることは
何があっても冷静に受け止めて対応できるようと思うのですが
自分の無知、視野の狭さ、考えの甘さ、勉強不足、配慮不足が思い知らされて
なんでいつまで経っても自分はこうなんだろうと思ってしまいます。



勉強小屋の授業中



栗山さやか * ひと言日記 * 08:19 * comments(16) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 08:19 * - * - * - -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2016/04/08 2:01 PM
わたしは50代ですが、いまだにさやかさん同様の失敗ばかりしています。でも仕方ありません。偉い政治家だってたくさん失敗を繰り返しているのですから。さやかさんのように謙虚にそれを自覚し反省していれば徐々に成長の糧になるでしょうが、一番困るのは周りに迷惑をかけているという自覚のない人です。そうはなりたくないですね。
Comment by 前野 優 @ 2016/04/08 3:15 PM
さやかさん、こんにちは。

今回のブログ、今の私と重なるように感じました。4月になり就職活動が始まっているのですが、自分でも考え抜いた上でやってみた行動を否定されてしまうことがありました。さやかさんのブログを読んで、まだまだ就職活動はこれからという段階で、こんなにくじけていたらダメだなーと思い直すことができました。
さやかさんもきっとつらいこととか、悔しいことたくさんありますよね…

人の数だけ色んな考え方があって、ぶつかることもあるけれど、自分の思いだけは忘れずにいたいなと思います。

colorful
Comment by colorful @ 2016/04/08 5:55 PM
春ですね。日本は、暖かい春風が吹いています。まだ桜が咲いていますよ。いろんな考えがあって、まとめていくのは、大変ですよね。さやかさんの信じる選択をしてください。価値ある活動をしているのですから。いつかモザンビークに行ってみたいですね。体に気を付けてね。
Comment by sata @ 2016/04/09 7:03 PM
同じ日本人でもなかなか意思の疎通が難しいことがあるのに
外国で、しかも発展途上国で、となると
本当にいろんな常識が覆されますよね〜。

それでもがんばるさやかさんがすごいです!
Comment by かんくら @ 2016/04/09 9:19 PM
さやかさん、
みんな、そうですよ。
何が正しいか、何が正解か。
立場や環境によって変わってきます。
人は死ぬまで勉強だと言われていますもんね。
頭を打ちながら、少しずつ成長していくもんだと思いますよ。
その時、その時、正しいと思う道を進んでいったら、それで良いんじゃない?
聖人君子じゃないんだから、間違いもあっても良いじゃん(^_-)
Comment by ちひろ @ 2016/04/09 9:44 PM
さやかさん色々大変でしょうけど頑張って下さい。遠い日本から応援してます。
Comment by スマート @ 2016/04/11 11:18 AM
学校図書館司書もプラコさんのファンです。
図書館にプラコさんの本を入れています。
学校ぐるみで応援しています。
Comment by ぼく @ 2016/04/13 8:25 PM
プラ子さん、お疲れさまです!
思うようにいかないこと、ありますよね…

でも、プラ子さんなら大丈夫ですよ!
わたし何もわからないですけど…、たぶん、大丈夫です(^-^)!

プラ子さんを知ってもう何年も経ちますが、いつも応援しています
Comment by トムトム @ 2016/04/13 10:14 PM
初めてコメントさせていただきます。さやかさんの本を拝読いたしました。さやかさんと同じ年頃の娘が海外で子育てしながら仕事をしており私は常日頃から働く女性と子供を応援したいと思っております。さやかさんの真っ直ぐな気取りのない文章にモザンビークの現実が伝わりました。少額ですがご寄附させていただきました。ご両親のためにもお身体だけは気をつけて下さいね。
Comment by グランマ @ 2016/04/14 5:22 AM
さやかさんこんにちは、いつも拝見させていただいています*実は一年ほど前にもコメントさせていただきました。優しいお返事をありがとうございました。さやかさんの悩みとは比べものにならないほどちっぽけですが、わたしもフィリピン支援のボランティアを経験して、自分の無知を痛感する日々です;;私に出来ることは学ぶことと助けを求める人に小さなお力添えをすることで、それを忘れないで過ごしたいと思います〇さやかさんはいまでも私の憧れで目標です。お体に気をつけてがんばってくださいね、いつも応援しています:)
Comment by 紗英 @ 2016/04/15 6:52 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2016/04/20 9:58 PM
こんにちは。おげんきですか?日本は、ゴールデンウイークに入りました。体に気を付けてくださいね。


Comment by sata @ 2016/04/29 6:08 PM
御無沙汰しております、インドネシアのEKOです。
何となくですが、分かります。日本人同士でも考え方、見方、前提が違う事はあるのですから、異国でなら尚更。
どうすれば、と思う時、私は本気でこの国、ここの人と付き合って行こう、と覚悟を持った以上は、粘り強く忍耐し根気よく会話を続けていくしかないなぁ、と思っています。

私もまだまだそんな感じの繰り返しですが、
お互い頑張りましょうね〜。(来月は断食月ですねー。)
Comment by EKO @ 2016/05/01 1:02 PM
初めまして。30代で子どもが3人いる主婦です。
日本はGWを夏日さながらに暑く過ごしています。 今日10歳になる娘と図書館に行き、何気なく取った本を読み込んでしまいました。事もあろうに、本を読みながら図書館で泣いてしまって…娘も自分でもビックリしました。
その本がさやかさんの本です。
言いたい事はたくさん。日本は確かに恵まれています。今、私が居なくなっても、3人の子ども達はしっかり援助を受け育つでしょう。
そして、私も。。本当はさやかさんの様に困っている人々の為に何かしたい。
子ども達が巣立ったら…いつか発展途上国で困っている人々のお役に立ちたい!
そぅ思っているけど…さやかさんの様に出来るかなぁ〜(;´Д`A
Comment by LISA @ 2016/05/01 10:09 PM
<前野 優さま。

 返信が遅くなってしまってごめんなさい。温かいコメントに励まされました。 いつも本当にありがとうございます。。。



<colorful さま。

 いつもありがとうございます。ついに就職活動の時になっているのですね。 応援しております。 

<<人の数だけ色んな考え方があって、ぶつかることもあるけれど、自分の思いだけは忘れずにいたいなと思います。


本当ですね。 私も忘れずにいたいです。。



Comment by 栗山 @ 2016/05/10 2:44 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ