<< 日経ビジネスさん。「次代を創る100人」 ありがとうございます。 | main | 自分の住んでいる町に戻って >>

モザンビークの素晴らしいところ

 

日本から戻ってきて、、(もう1か月前になりますが)

モザンビークの首都のマプトに5日間ほど滞在していました。

 

自分の労働ビザの変更について移民局や労働局に通っていました。

労働局のかたの接してくださる態度が予想とは全く違って、

丁寧でとても嬉しかったです。さすが首都だなぁと思いました。

 

マプトはますます発展していて、
人々もケニアの首都のナイロビの人たちのように
洗練されていておしゃれな感じがします。

みんなフレンドリーで、にっこりしていて。
 

道を歩いていても色々な国出身の外国人も多く、
そこまでを人種差別用語を言われることもないし。

町沿いにインド洋があってビーチもあって、トロピカルな雰囲気です。

 

ポルトガル系の人が経営している

6人相部屋のドミトリーの安宿も

きれいでシャワーが使えます。

 

もしかしたらアフリカの多くの首都での暮らしは

ものすごく大雑把に考えると

あんまり日本での暮らしと変わらないのかもしれないなぁとも思いました。

(断水とか停電、路上のゴミ、強盗泥棒誘拐殺人は日本よりかなり多いですが。)

 

そういえば首都のマプトには8年ぐらい前から

何回も来ていますが、比較的安全な場所を選んでいるからか

道を一人で歩いていてもすりにあったり、襲われたことが一度もないです。

 

どこにいても襲われるか襲われないかは、

本当にそのときたまたま自分が通りがかった場所に、

強盗たちも偶然通りかかっただけってことが多いと思うので

やっぱり運なのかなぁと思って油断大敵だと思い直しましたが。

 

でもマプトは滞在するたびに色々嬉しい発見が多いです。

 


写真。
新しいビルの建設もさかんですが、
ポルトガルの植民地時代の建物がまだたくさん残っています。


栗山さやか * 国などについて * 04:38 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 04:38 * - * - * - -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2016/02/03 11:20 AM
最近、世界の村で発見!こんなところに日本人を片っ端から見ています。
残念ながら、さやかさんの出演された動画は見つからないんですが、今年、1月に放送された動画がモザンビーク編なんです。
市場とかに行った時、売られているものとか、さやかさんが言っていた通りで、“うわ〜、呪術の道具〜〜”とか思いながら見ていました。
やっぱりモザンビーク、アフリカの場所の中ではかなり危険な国ですね〜(泣)
時間があるとき、モザンビークバージョン、見てみてください。

https://youtu.be/b63yj9VkgI0?list=PLy-2EmEvXwuV3y36c6kWJEGnoxlKVY0iE
(1/22)

https://youtu.be/X6IixhgCL3g?list=PLy-2EmEvXwuV3y36c6kWJEGnoxlKVY0iE
(1/29)
Comment by かんくら @ 2016/02/09 3:20 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ