<< 2016年明けましておめでとうございます。 | main | モザンビークの素晴らしいところ >>

日経ビジネスさん。「次代を創る100人」 ありがとうございます。


 ブログの更新がまた空いてしまいました。
 協会の活動のご報告ができずにいてごめんなさい。

 私のコンピューターが壊れ気味で、
 画面がすごいザーザーになってなんとか文字が見えるだけの
 状態になってしまい、
 でもちょっとだけザーザーに戻りなんとか使えるようになって
 これからまた更新していきます。

 無事に自分の住んでいる町に戻って、またこっちでの
 日常に戻りました。
 
 とてもとてもありがたいことがありました。

 日経ビジネスさんの「次代を創る100人」に
 選んでいただきました。
 
 文章は坂之上洋子さん!が書いてくださいました。
 
 多くの素晴らしいかたがたが載っていらっしゃって
 そこに私まで載せさせていただいて。。

 このような素晴らしいことに選んでいただいて
 本当に恐縮でとてもありがたい気持ちでいっぱいです。

 こうして載せていただいたり、協会を設立してから
 今年で7年目になりますがまだ活動を続けることができて。
 
 以前に記事にかいていただいたり
 何回かお会いさせていただいている
 日経ビジネスオンラインの柳瀬さま、日経ウーマンの
 瀬戸さま、日野さまをはじめ、お散歩会の幹事のみなさま、
 お散歩会に来てくださったり、
 地元でご支援してくださったり、
 色々な形でご支援をいただいたりしている
 みなさまのおかげです。。

 本当に本当にありがとうございます。

 これからも視野を広く持って
 もっといろんな人のことを考えられるように
 活動していきたいです。
 
 



栗山さやか * お礼 * 15:53 * comments(5) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 15:53 * - * - * - -

コメント

 すごい!まだ記事は読んでいませんが、これでさやかさんの認知度が一層高まりますね(いつまでも「元ガングロギャル」でもないでしょうが)。私よりずっと年下なのに、貴女の行動力そして現地の人に寄り添う心にはいつも勇気づけられています。
 いま日本人の関心はシリアからヨーロッパに押し寄せる難民のほうにばかり集中していて、UNHCRやユニセフなどもそちらを大々的に取り上げていますが、この機会にモザンビークのほうにも心を寄せる人が増えることを願ってやみません。願うばかりでは何にもならないので、また先日ちょっぴりですがアシャンテママに寄付をさせて頂きました。今後も細々とですが支援を続けて行きたいと思います。
 
Comment by 前野 優 @ 2016/01/17 9:52 AM
よかったですね!
お気をつけて。
Comment by 谷口智彦 @ 2016/01/22 5:55 AM
久しぶりの日本滞在で、大いにリフレッシュできたことと思います。
日本からモザンビークに戻って、生活のギャップにはすぐ慣れたのでしょうか。
この前TVで、モザンビークのナティティで、さやかさんと同じような活動をされている女性が紹介されていました。
南北に長いモザンビーク、場所によってかなり環境等が違うと思われますが、さやかさんの活動拠点「アシャンテママ」はモザンビークのどこにあるんでしょうか?
また、日本円で1000円は、そちらでどれほどの価値があるんでしょう。
質問ばかりで申し訳ないけど、教えて頂けるとうれしいです。
それと、こちらの都合で毎月の寄付が難しくなりました。
時々しか出来ませんがゴメンなさい。
Comment by fukufuku @ 2016/01/25 11:28 AM
様々な賞の受賞おめでとうございます☆
初めてさやかさんの活動を知った時、心から尊敬の念を抱きました。
メディアを通じて、たくさんの人に知ってもらえたら私も嬉しいです。
少しですが、ソニーデジタルエンタテイメントサービスさんのほうに寄付させてもらいました。モザンビークの子供達の支援と共にさやかさんの身の回りのことにも使っていただきたいと思っています。
こんなことしかできず申し訳ないですが、私ももっともっと自分にもできること考えて行動できるように頑張ります。
Comment by yucca @ 2016/01/27 6:41 PM
<前野 優さま。
 
 ご支援いつもありがとうございます。 年末年始でご出費が多かった時期だったと思います。本当にありがとうございます。 こうして気にかけていただけるだけで本当にありがたい気持ちになります。    シリアなどの難民の人々、つらい思いをしている人に穏やかな日々が一日も早く戻るといいなぁと思います。。



<谷口智彦 さま

 柳瀬さんをご紹介してくださったのは、谷口さんです!!!! 心から感謝を申し上げます。。。。





<fukufuku さま。

 アシャンテママは、ニアッサ州にあります。首都より陸路で2000キロぐらいです。(地図上の直線距離だともっと近いです。)
日本の1000円、価値は国内でもかなり変わります。首都のほうが食品が安い場合もあります。(運送費がかからないため) その土地でとれるものは、もちろん安くなります。(私の町だとバナナ、乾燥トウモロコシ、お豆、さとうきびなどなどは安いです。) 日本のほうが安い食品もたくさんあります。(チーズ、ハム、ソーセージ、牛乳、卵、ここでは栽培していない野菜、果物、ポテトチップスなどなど)日本のスーパーにいったとき、あまりの品ぞろえ、そして安さに驚いてしまったりもします。  ここでは、みんなの平均月給はものすごく安いのに、物価が比較的高いです。。
ご寄付はどうかどうかご無理なさらないでくださいね。

いつもご支援ありがとうございます。



 
<yucca さま

 温かいコメント本当にありがとうございます。
 ご寄付をいただき心からお礼申し上げます。
 今後とも精進して活動させていただきたいと思います。

 


Comment by 栗山 @ 2016/01/31 2:46 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ