<< 女性の日 | main | 7月16日木曜日、永井順子さま。 >>

難民キャンプ


別の州にある難民キャンプを
コンゴ民主共和国出身の友人と数日間訪れていました。

数千人が生活する難民キャンプに入るには、
市内にある政府の事務所で許可証を発行してもらう必要があり
面接がありました。

厳しい顔をした担当官から
聞かれた質問に答えていき、

難民キャンプ内で写真は絶対撮ってはいけないこと。
難民の人たちに質問は一切してはいけないこと。
を約束し、市内から30キロほど離れたブッシュの中にある
難民キャンプにトラックに揺られて向かいました。

第二次世界大戦後最悪の死者数、約600万人が亡くなった
と言われるコンゴからの難民のかたが多くいて、
ソマリアのかたも多く見かけました。

自分の国から追われる、自分の国に帰れないって
どういう気持ちか。

コンゴ民主共和国では、
多くの天然資源がありすぎたために
色んな国の思惑(コンゴ人の友人は
アメリカが特に。。。と言っていました)があり。

私も昔、マラウィにいたころ、
ジンバブエの大統領が、自分がコンゴに
所有するダイヤモンドの鉱山を守るために
ジンバブエの軍隊を何万人?も送っていて
それも問題になっている記事を読みました。


この州から自分の州に戻るワゴン、
難民としてモザンビークで暮らす
コンゴ人の子たちみんなで帰ってきて、
休憩も取らずに車で走り続けても
ぼこぼこ道だったため、16時間以上かかってしまい(距離は600キロほど)
全身埃まるけになりながら
ずっとコンゴの歴史、戦争の話、ひどい殺され方の話、
難民キャンプ内での犯罪、
難民の人たちの辛い経験を聞きながら帰ってきました。

「国際的に大々的に報道されているのはうそが多いよ。
裏があるのに。。。」って。

「どうしてピグミー族を一回でも食べた人が
人食いだっていて
国際裁判にかけられるのに、
こんなにたくさんの人殺しをした人たちが
裁かれていないの?」って。


今はコンゴ民主共和国、
やっと平和に近づいてきているそうです。






 
栗山さやか * 国などについて * 06:22 * comments(8) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 06:22 * - * - * - -

コメント

お疲れ様です。

プラ子さんの1/100でも頑張らなくっちゃ。。。

お気をつけてご活躍ください。
Comment by akaken @ 2015/06/23 9:26 AM
こんにちは、リンデンバウムNozomiです。

今年もささやかながら6/23日付でソニ−.デジタルエンタテインメント.サ−ビス様の口座のほうに寄付金を振込いたしました。
円安で同じ金額でも価値が落ちているのが心苦しいのですが、お役立てください。

リンデンバウムのこちらの記事で、今回の寄付のことを紹介しています。
http://www.lindenbaum-jp.com/?p=12306
写真を2点ほど転載させていただいております。もし問題がありましたらお手数ですが連絡をお願いします。

コンゴは資源の豊富さゆえに争いが起きているんですね。
日本は資源がないがゆえに苦しんでいるところがありますが、どちらがいいのかというと、単純には言えないものですね。

これからもプラ子さんのご活躍をお祈りしております。
Comment by Nozomi @ 2015/06/24 12:19 AM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2015/06/24 4:28 AM
日本のメディアに接しているだけだと知りえない事も多いですね。お体に気をつけお過ごしください。
Comment by 伊月和夫 @ 2015/06/25 5:51 PM
さやかさん、こんにちは。

確かMugabe大統領だったと思うのですが、彼のように近隣諸国の資源を狙う人のために、争いや難民が生まれてしまうという話を聞いたことがあります。

天然資源はうまく活かせば、その国にとってのメリットになりそうに思うのですが、そうはならず、さやかさんが訪問されたように難民として多くの人々が逃れなくてはいけない状況になっているということ、とても悲しく思います。

さやかさんのお友達の言葉も本当にその通りなんだろうなと思いました。色々な国の思惑もあり、国際社会が事実とは違う認識をしていることはたくさんあると思います。私も今回初めて知ったことがたくさんあります。

コンゴ民主共和国も今は平和になってきているということで、難民の人々が、早く普段の生活を送れる日が来てほしいと思います。
Comment by colorful @ 2015/06/29 12:04 PM
初めまして。
栗山さやかさんの事を知ったのは、
図書館で「ひとりではじめた‥‥」のタイトルが気になって 手にした本でした。
読み始めて、内容の深さと濃さに引き込まれ、
あなたの行動力と柔軟なメンタリティに感動しました。
読み終わって、早々にアマゾンで購入し、読み直しています。

私は還暦を前に生まれ故郷へ単身で帰り、
地域の役に立てればと始めた仕事が、4年で資金が底をつき
生活にも窮する状態になりました。
資金調達の為に始めた今の仕事も、人の役に立ってるのを実感するものの
体力的には限界を感じています。

さやかさんのブログにあった「死ぬこと以外かすり傷」
本当にいい言葉です。
これからも、安全と健康に充分注意して活躍して下さい。
元気を頂いたお礼として、少額で申し訳ないけど送金しました。
アシャンテママの子供達の中から、さやかさんの知力、精神力を
受け継いだ子供達が数多く育つ事を楽しみにしています。
Comment by Fukufuku @ 2015/07/01 9:57 PM
<Akakenさま
 

 東北のみまさまの今年の夏はどのような始まりでしょうか。
 みなさん少しでも、四季の移り変わり、夏を楽しまれてい らっしゃるといいなぁと思います。

 いつも本当に本当にありがとうございます。。。



<リンデンバウムNozomiさま。
  
 あぁ。。。本当にありがとうございます。。

 まだ私どもの協会を覚えてくださったこと、
 ブログを読んでくださったこと、
リンデンバウムさまのサイトに記事を書いてくださったこと、本を読んでくださったこと、
寄付をいただいてしまったこと、
全てに心から感謝申し上げます。

FACEBOOKでシェアさせていただきますね。

本当に本当にありがとうございます。
  
どうか素敵な北海道の夏を過ごされていらっしゃいますように。。





>伊月和夫さま
 
 いつも本当にありがとうございます。
 感謝感謝です。。。




>colorful さま。

 それぞれの国でそれぞれの問題があって、なかなか解決しない、悪化していく問題もあって。

 やっぱり一番大切なのは、
 みんなが安全に暮らせることそれが一番ですね。
 
 
 シリアやイラクの難民のかたたちもどうかまたいつか自分たちの土地に安全に戻れるように願うばかりです。。

 いつもコメントありがとうございます。。





< Fukufuku さま。

 はじめまして。Fukufuku さま。

図書館で私の本を見つけてくださったこと、
購入までしてくださったこと、
このような温かいコメントまで書いてくださったこと、
本当にありがとうございます。

 そして、Fukufukuさまご自身のことを教えてくださりありがとうございます。

 故郷に戻られてから5年ほどが経つのでしょうか。

 地域のお役に立てればとお考えになられて行動なさったこと、ご苦労もものすごくあったとお察しします。

 今現在なさっていらっしゃるお仕事も、どうかどうか体力的にも精神的にもご無理のなさらないようになさってくださいね。 体と心とても大切だと私も日々思っております。
 
 ご寄付までいただいてしまったとのこと、
 本当に申し訳なく思ってしまうぐらいです。。。

 心からお礼申し上げます。

 いただいたお気持ちに答えられるように今後とも活動を続けていきたいと思います。

 本当に本当にありがとうございました。

 どうか今日もお元気でお過ごしてありますように。

 
 




 
Comment by 栗山 @ 2015/07/11 6:45 PM
< ココルルの後輩リョウコ(さん)へ。

あぁ。。懐かしい。。。。コメント欄で名前だけをみてすぐにわかりました! ありがとうー。  ぎゃーぎゃーいいながら一緒に働いていたことが本当に懐かしい。。。  元気そうでよかった。。そしてアドレスまだ持っていてくれたことに感動! みんな元気にしているかな。。 いつか会えたら嬉しいね。 まだ覚えてくれて本当にありがとうー!
Comment by 栗山 @ 2015/07/15 5:46 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ