<< 成長した女の子達の写真 | main | 難民キャンプ >>

女性の日



あっという間に6月で、
季節もあっという間に変わっていきますね。

日本はかなり夏に近づいてきて暑い日も増えて
きたんだろうなぁと思います。


モザンビークでは6月1日が子供の日で、
4月には女性の日があります。

お金持ちの家庭は誕生日をお祝いしますが、
ここの貧しい人たちは自分の生まれた日を知らないので、
誕生日を祝う習慣がないです。
そのかわりに割礼の儀式が終わって家に戻ってきた日、
こどもの日や、女性の日はとても大切です。

女性の日は、
男性は女性にきれいで派手な布をプレゼントしなければ
いけないようになっている日で、
別名、布を買わなければいけない日だとも(男の人たちにかげで)言われています。


毎年この日は布を買ってもらえなかったり、
一夫多妻のご家庭が多いので
別の奥さんたちや愛人の子達と修羅場になったして
けがややけどをおってしまう人たちがいて
(普通に殴られたり、熱くした油を顔にかけられて
 おおやけどをおってしまったり、
 顔噛まれたり、指噛みちぎられたり。)


去年もこの日に勉強小屋のある地区で
旦那さんにこの日に布を買ってもらえなかった女性が
自分の子供を殺してしまいました。

ここでは、キリスト教の人たち、お金に余裕がある人たちは
亡くなるとしっかり棺にいれて土葬します。

イスラム教のかたや、貧しいかたたちは
そのまま真っ白い布やござに遺体をくるんで土葬するのが
一般的です。

この女性は、自分の子どもを殺した理由は
「女性の日に私に布を買ってくれなかったから、
私たちの子供が死んだら
白い布を買うか知りたかったから」って。

協会に通っていた16歳だった女の子、
彼女の赤ちゃんも亡くしてしまって、彼女自身も
数年前に亡くなっていってしまいました。

このあいだ、その子のお母さんが、
警察官だった旦那さんに
銃で撃たれて病院に運ばれたと聞きました。

旦那さんには二人の奥さんがいて
1週間ぐらいずつ行き来していて
ある日、彼女のお母さんが他の男の人を
家に泊めているのを発見してしまって、
彼女の肩と足に2発発砲したそうです。

一命はとりとめて病院に入院して
治療を受けています。


銃の犯罪はこの町では、
強盗が家に来たとき銃を持っていたとはときどき聞いたり、
町中にある刑務所や拘置所から脱走を図る人たちに威嚇で発砲したり
銃を持った見張りの人が強盗とかに発砲したりとかは聞きますが、
最近では本当に撃たれたというのは年に何回か聞くか聞かないかぐらいです。

このあいだ、うちから歩いて30分以上かかる地区で、
炭を売りに村から自転車で引いてきた男の人に
警察官が、「自転車証明書」を見せるように言って
その男の人が見せずにそのまま行こうとして

怒った警察官が発砲してその人を殺してしまって
それを見た周りの人たちが逆に警察を襲って
暴動のようになり数人が亡くなったと聞きました。

学校のすぐそばで起こったため、
たまたま通りがかった一人の生徒も居合わせて、
撃たれてしまって亡くなってしまったと聞きました。


子供たちも大勢その現場にいて目撃していて
こういう出来事が日々の中にあると
どんな影響を子どもたちに与えてしまうのだろうと
いつも思います。



写真 妹のおしめを替えている写真。

 お母さんが亡くなってしまっても
 みんな、残されたまだ小さい兄弟たちの
 お世話をしています。









 
栗山さやか | 日々の暮らし | comments(8)

コメント欄

先日コメントしたインドネシアのEKOです。
インドネシアも大多数がイスラム教の国で、女性の日のような日があります。
今日の記事の中で
自分の子を殺めてしまった理由が悲しすぎますね、、。
私の住んでいる所より100万倍は苦しい環境だろうと、いつも掲載して下さる写真を見ながら思います。

そんな中での長年の活動、さやかさんは本当に凄いと思います。きちんと食べて寝て、ご自愛下さいね。

そうそう、イスラムの人はもうすぐ断食月ですね〜。
私もやるんですが、今年はとても暑いので、
1か月どこまでできるかな。

以前の記事でさやかさんが靖国神社で引いた大吉のおみくじの記事が印象的でした。
文章が衝撃的で思わず紙に書き移して持っています。
さやかさんは何か使命があって何か大きなものに護られての、モザンビークでの活動なのかも、などと勝手に思ってしまいました。
まだ壁にあのおみくじは貼られているのでしょうか、、。

丁寧なお返事、私も嬉しかったです。
こちらこそ有難う御座いました。


Comment by EKO @ 2015/06/06 8:23 PM
どのような言葉をかけていいのか分かりませんが、そのような国で頑張ってるさやかさんに敬意と感謝でいっぱいです。
さやかさんも体に気をつけて下さい。
Comment by 伊月和夫 @ 2015/06/09 8:11 PM
ぷらこちゃん

本当に悲しい信じられない犯罪や出来事が
周囲で起こってるよね。

日本でも、数日前に彼女がいるのにほかの女の子に声を
かけたからって、河原でその子の彼女を含む10代の子たちが
あつまり、3人の男の子が殴る蹴るの暴行を加えたうえで
川を泳いで向こう岸にたどりつけば許してあげるって・・・
川へ入った男の子は真ん中あたりで「もう無理・・・」
といってそのまま溺れて亡くなってしまいました。

ついこの間、やっぱり河原で10代の男の子が殴る蹴るそして
ナイフで刺して仲間を殺してしまう事件が起こったり。

日本でも、おかしな事件、犯罪がいっぱい起きてるよ。
地球も怒っているから、火山噴火や洪水、地震、津波が
起こったり・・・

子供にはまったく罪はないと思うこともあったりする。
泣いたからって親が赤ちゃんをベランダから投げて落として
殺しちゃったり・・・
エレベータで乗り合わせたご近所さんを、被害妄想から
1歳の子供の前で刺殺しちゃったり。

最近は5月病ではなく6月病という言葉もできてしまったよ。
天候がおかしくなっていて、地球もおかしくなっていて
人間も自律神経が、特にこの時期、低気圧によって
狂ってしまうって。


あのね、自分の周り・・・せめて自分の身の回りの
家族、そして自分を大切にすることから始めよ。
政治を変えることなんて、すぐにはできないし、
自分ひとりじゃできない。
でも、ひとりひとりが身の回り、本当に身の回りを
クリアに、そして大切にしていけば、その正のスパイラルが
広がるって。
負のスパイラルは怖いよね。

だからまずは自分の回りをきちんと、クリアにして
自分を、そして家族を守ることから始めようって。

教育が行き届いていない地域で、こういうことを広めるのは
とても難しいことだけど・・・
協会の子供たち、大人たちには、そういう大切さを
広めてほしい。もちろん、すでにしていると思うけど。

目の前で人が殺されるシーンを目にしてしまった子供の
トラウマは計り知れないと思う。
本当に・・・
悲しいよね・・・辛いよね・・・

でも、ぷら子ちゃん、まずは自分を大切に、感謝の気持ちを
常に持って、そして自分の身の回りはいつもクリアに。
そしてお友達、知り合いたちにそれを広めていこ。

私もとくに、最近そういうことをとても意識して
生きています。


Candy

Comment by Candy @ 2015/06/10 11:40 AM
さやかさん、こんにちは。

モザンビークには女性の日というのがあるんですね!
ですが子どもの日や女性の日は、みんなでお祝いする大切な日というだけではないんですね。
みなさんにとって大切な日に悲しいことが起こってしまうのは、とても残念です。

悲しいことがあったりする中でも、
小さな兄弟たちで支えあっているというのは本当にたくましいと思います。

これからも嬉しいことや楽しいことがきっと起こると信じて、お互い支えあっていってほしいです。

colorful
Comment by colorful @ 2015/06/11 10:18 PM
プラコちゃん
初めまして。新しく出た本を買い
届いたその日にぜんぶ読みました。
3年ほど前にプラコちゃんの事を知り
それからずいぶん経ってしまったのですが
私にはどんな風に応援が出来るかなぁと
ただ募金するだけじゃなく自分の決まりごとを
探していて、今は一個人の気持ちばかりの募金になりますが、毎月 送らせて頂こうと決めました
プラコちゃんと同年代33歳です。
奈良在住で
働きながら子育てをする3姉妹の母です。
本を読ませて頂き。感動で大号泣でした!
いろんな事への感謝
気づきがたくさんありました。
尊敬します!いつかお会いしたいです。
そして現地の現状を自分の目で見たいと思います
初めましてで、どんな風にメッセージを書いたら良いのか迷いましたがとにかく1度メッセージ送らせて頂こう!と思いました。

プラコちゃんお身体大切に。
日本から応援しています。
Comment by Hironobita @ 2015/06/13 11:35 PM
はじめまして。高校一年生の紗英と申します。はじめてコメントさせていただきます!でも父のパソコンを借りて、ずっとずっと見てました。この人はすごいなぁって!最近携帯電話を買ってもらったので、ドキドキの初コメントです☆
わたしは小さい頃から海外への憧れがあったのですが、このブログを見つけた時に衝撃を受けました。こういう面を知らないで、簡単に外国に行きたいとか言えないな、って。それでもわたしの将来の夢は、変わらず外国に行って、さやかさんのように困っている人々を助ける仕事をすることです。これもさやかさんのお陰なんです!本当にありがとうございます。辛い時も、しんどい時もあったと思います。でもさやかさんは本当にすごくて、勇気があって、ずっとわたしの憧れです!今は、高校でボランティア部に入って活動をしています。少しでも何かできることはないかなって考えた結果です。さやかさんががんばっているから、わたしもがんばれます!お体に気をつけて!長くなってすみません(。>_<。)
Comment by 紗英 @ 2015/06/14 10:31 PM
&#8226;栗山:< EKOさま。

 お返事ありがとうございます。 
 インドネシアにも女性の日があるんですね。なんだかとてもエキゾチックなイメージです。

 モスリムのかたがたの断食がはじまりましたね。
私の場所はこの時期は寒いので、そこまで辛くはないと思いますが、
熱い地域は脱水症状になり亡くなるかたも毎年でると聞きます。 どうかどうかお気をつけてくださいね。

 おみくじの記事のこと覚えてくださってありがとうございます。 紙に書き写してくださったなんて・・・。涙。。


はい。まだ壁に黄ばんでよれよれになったまま貼ってあります。ふとしたとき、落ち込んだ時によく読み返して心に落ち着きをもらっています。

 こちらこそ、こうしてコメントをいただけてとても嬉しいです。 本当にありがとうございます。
インドネシアでのご生活、どうか安全でありますように。。





<伊月和夫さま。

 いつも支えてくださって本当に本当にありがとうございます。 伊月さまたちのご支援のおかげでこうしてまだ活動を続けさせていただいております。
 本当に本当にありがとうございます。。。暑い日々が始まると思いますがどうかご自愛くださいね。





<CANDYさま。
いつも本当にありがとうございます。
 そうですね。まずは自分のまわりから。
それが広がっていけば、もっと幸せだと思える人が増えるのかな。 私も一度裏切られたりだまされたりしたからといって、その人と距離を置かずにもっと心を広く持ってと思っています。心穏やかに過ごせる日が増えると嬉しいですね。
 小さなつながりでも大切に。。ですね。
 ありがとうございます。。。



<colorful さま。

 いつも本当にありがとうございます。
  支えあって生きていくことはとても大切ですね。
  協会も小さな体で頑張る子たちの支えに少しでもなれればと思っています。

 colorful さま、大学生活、アルバイト生活、進路のこととてもお忙しい中いつも気にかけてくださってほんとうにありがとうございます。。。





<Hironobitaさま。
 はじめまして。
 3年も前から。。本当にありがとうございます。
3姉妹のお母さんでいらっしゃるのですね。
 大忙しの日々と思います。そんな中、私の本まで読んでくださり本当にありがとうございます。
募金をとおっしゃっていただいて本当に本当にありがとうございます。 どうかどうか本当にご無理のないように。。と思っております。
 こうしてメッセージをいただけてとても嬉しかったです。
 本当に本当にありがとうございました!








< 紗英さま。
 はじめまして。
 ブログずっと読んでくれていたようで嬉しく思います。
 本当にありがとうございます。そして初コメントもありがとうございます☆ 
 通われている高校ではボランティア部で頑張っていらっしゃるとのこと、素晴らしいなぁと思います。        紗英さんからのコメントをいただけて私も元気になりました。 本当に本当にありがとうございます。
 始まったばかりの高校生生活だと思いますが、素敵な3年間を過ごせますように。。
 コメント本当にありがとうございました☆☆




Comment by 栗山 @ 2015/06/24 2:29 PM
お忙しい中、返信ありがとうございます。
そして、いつも話す時にぷらこちゃん…と
呼ばせてもらっていたのでそのもまの勢いで呼んでしまっていました。これからはさやかちゃんと
呼ばせてください。
さやかちゃん!
日本から応援しています。
そして
モザンビークの子どもや女性の幸せを願います。

1度mailのやり取りをしてからスタートしようって思っていました。募金…自分のおこずかいの範囲でなので個人だし…どうしようか悩んでいましたが、なにかのお役に立てれば嬉しい!無理されないように!とお気遣いありがとうございます。

出来る範囲で続くようにさせてもらいます!

さやかちゃんみていると勇気もらえます!
ありがとうございます&#9825;



Comment by Hironobita @ 2015/07/01 10:00 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ