<< 子供たちの先生 | main | 更新が遅くなりごめんなさい。 >>

サントのこと。

 

 

2013年は、協会の子供たちが誰も亡くなることの

なかった初めての年でとても喜んでいました。

 

 私はこのままずっと協会の子供たちは誰も

亡くなることはないかもしれないと思いあがっていたように思います。

 

1月の終わりに首都のマプトから帰ってきて、

その日からすぐに協会の勉強小屋の仕事に取り掛かりました。

 

少しでも協会の勉強小屋を作るのに、お金を浮かせるために

協会の女性たちが必要な

土を運んでくれていてお昼休憩のときに、

その中の1人の女性、アナさんが話したいことがあると言って

一緒に火をくべてある場所に座りました。

 

アナさんは、足に奇形があって、

びっこを引きづりながらも歩いて片道2時間はかかるところから

勉強小屋の勉強会や協会の畑で仕事をしていました。

 

彼女は6人子供を産んで、3人の子供もう亡くしていて

残った3人を育てています。

 

 

そしてもう一人、男の子を引き取っていて一緒に育てていました。

 

その男の子(サント)15歳ぐらいの子で、お父さんを亡くしお母さんと

 

暮らしていましたが、足に障がいと知的障がいを持っていました。

 

お母さんが暴行を加えたり、食べ物を与えず、

がりがりに痩せてしまっていて、アナさんが不憫に思って引き取り、

彼女の家で何年か暮らしていました。

 

 

サントも勉強小屋に障がいのある足で歩いて片道2時間かけて通ってきていて、

 

純粋な子でいつも笑顔でいました。

 

少し前に、サントのお母さんがアナさんの家に突然現れ、

サントを連れて帰るといい、

サントは泣いて嫌がり、それでも無理やり連れて帰ってしまって

アナさんは心配していて、

それから少ししてサントが死んだと連絡が来たといいました。

 

サント、実のお母さんに連れて行かれる前に

「連れて帰えられたらまた食べるものがなくて、

死んじゃうかもしれないから帰りたくない。」と泣きながら言っていたそうです。

 

サントは病院に連れて行ってもらったわけではなく

家で亡くなってしまって一体なんで死んでしまったのか

誰もわからないまま土葬されたと聞き呆然としました。

 

 

どうかサントが今は安らかに

飢えに苦しまず、

小さい頃に亡くなったお父さんと一緒に

心地の良い場所にいてくれたらと思うと同時に

彼の短く辛いことが多かったように思う人生を思うと

胸が痛くなります。

 

 

 

 

 

  

 

写真

 

頑張って勉強小屋でみんなと勉強していたサント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(9)

コメント欄

人間は何のために、生きているか? 
人生の目的は何か?
地球上の2/3が飢えと戦禍に苦しんでいる。
人間として一番大事なことは、自分に与えられた使命を知り、それをやりとげるための資質や才能を磨き、使命をやりとげる努力を一生続ける。

・・まさしく
プラ子さんの志でしょうか。

人との出会い、
自然との出会い、
精神的存在との出会い。

自分も仕事(建設工事)で中近東・東南アジアに勤務し、
苦しい生活を強いられたことを考えると、
プラ子さんの志には、頭が下がります。

・生きているかぎり、世のため、人のため、いつも、
 光り輝いて生きていること

・預かりものの身体を善良なる管理者の注意を持って長く
 大切にすること。

・そしてその時がきたら、あずかりものの『命』を気持ちよ くお返しし、感謝してこの世の幕をひくこと。

自ら進む道は自分で切り開いて行かなくてはいけない。その歩みを続けていった結果
が『人生』という1本の道となる。
僕の前に道はない、僕の後ろに道はできる。
『道程』高村光太郎

くれぐれも
お体に気をつけてください!
Comment by にこにこのujicyann @ 2014/02/11 6:31 PM
サントさんのご冥福をお祈りします。

サントさんにとって人生は辛いことが多かったかもしれませんが、その間にアナさんやプラ子さんと出会って、一緒に楽しく過ごした時間があるということがとても救いがあったのではないかと思います。よーこさんの本にも書かれてましたが、一緒に笑った時間があったことをどうぞ覚えててあげてください。

悲しみがやすらぎますように。。
Comment by mango @ 2014/02/12 6:24 PM
初めて、
御前崎市の長島と申します。
あなたと同じ池高の卒業生です。
先日、あなたの本を読みました。
こんなに頑張っている子がいる
のだと、感激しました。
少し前から、ブログも見るように
なりました。
サント君のような子供がいると
思うと、本当に胸が痛みます。
天国があるなら、あちらでは、
笑顔で暮らしていると思います。
昔の日本にも不幸な子供が多く
おり、お地蔵となり、冥福を
同じ子供が出ないよう願った
ものでした。法多山に行くと
よく、手を合わせています。
今度は、サントのような子供も
手を合わせます。
子供の不幸は、皆の不幸ですから、



Comment by 長島孝 @ 2014/02/12 7:40 PM
>>協会の子供たちは誰も
亡くなることはないかもしれないと思いあがっていたように思います

さやかさん思い上がっていたのではないですよ、さやかさんもご体調やあらゆる環境条件がよくない中、周りの人のことをいつも考えて、お忙しくしていらっしゃったので、細かいほうへ気を払う余裕がなかった、もしくは亡くなる人がしばらくいなかったので安心しきっていたとか、そういった感じの状況かと思いますので

でもさやかさんがすごいなと思うのは、
ご自分のことを常に振り返って内省されるところです
内省。なかなか出来ることではないです

私も見習います

サント君のことですが
いつも思うのですが、
神様というか世の中に対して「なぜ?」という言葉しか浮かばないです
なぜここまで苦しい状況に置かれる人間が存在しなくてはいけないのか。
人間は何度も生まれ変わるから辛いことも「意味がある」とかそういった説も聞きますが
徳なんて積まなくてもいいから1回きり、平穏無事な人生を送らせてほしい。
そう神様に訴えたいです

小さな子供には
一番守ってほしい(愛してほしい)お母さんに虐待されたというその精神的苦痛も相当に酷だったと思います
Comment by もも @ 2014/02/13 10:45 AM
さやかさん、お元気ですか。
Comment by Ken @ 2014/02/18 5:13 AM
さやかさん、もう10日以上もブログを更新されていませんが、お元気ですか。
Comment by Ken @ 2014/02/21 8:47 AM
もう月が替わってしまいます。お元気にされていますか。
Comment by Ken @ 2014/02/28 9:01 AM


<にこにこのujicyann さま。

いつも考えられる文章、素敵な文章を教えてくださり
本当にありがとうございます。。。

また春がきますね。
東北にいらっしゃるのでしょうか。


どうかお体にお気をつけてくださいね。

いつも本当にありがとうございます。





Comment by ぷらこ @ 2014/03/03 10:54 AM
<Mangoさま。

コメントありがとうございます。

MANGOさん、よーこさんがおっしゃるように、
サントと一緒に笑って過ごした時間これからも
忘れずに胸にしまっていきたいです。。

コメント本当に本当にありがとうございました。。


Comment by ぷらこ @ 2014/03/03 11:00 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ