<< 温かいコメント、ご支援本当にありがとうございます。 | main | 医療技術学校 >>

シャワー


 
 

アフリカ大陸で三番目に大きな湖が
ここから150km離れた場所にあって、
遊びに行ってきました。

1泊だったけどすごく気分転換になりました。

 

デンマーク生まれとイギリス生まれで
南アフリカ育ちの2人の友人が小さなロッジを

ここの湖のそばに今建てていて、たまには息抜きにおいでーって
誘われて

ほぼ完成したロッジに泊まらせてもらいました。

 

なんとシャワーが設置されていてしかもお湯がでました!

 

 

何年もタライシャワー(自分でタライの水すくって体洗う)の生活なので

シャワー、両手が自由に使えて水もわんさかでて、

しかもお湯!がでて感動でした。

何年ぶりの普通のシャワーかなぁと思いました。

 

いつもタライとかバケツ一杯の水で体洗い終えないといけないため、

最初の頃は慣れてなくて水が足りなくなってしまって

まだ体中泡だらけなのに水終了。。になってしまったときもよくありました。

 

今ではタライ一杯分の水ですべて髪も体も全部洗い終えれます。

 

それでもやっぱり蛇口をひねって頭の上から水がでる

普通のシャワーは本当に偉大だなぁと思いました。

 

 

ここの湖で採れる魚、(タイみたいなの)をお料理してくれて

私の住んでいる町ではすごい高い値段で売られている魚で

全く手がでないので嬉しかったです。

そしてとてもおいしかったです。

 

彼たちから南アフリカの話またいろいろ聞きました。

南アフリカ、モザンビークのすぐ隣です。


何回か行ったことありましたが、

ヨハネスブルクは大都会です。

 

アフリカで一番栄えている国で、
南アフリカはヨーロッパみたいって

言われているの本当だなぁって思っていました。

ドバイにたくさんあったような迷子になりそうな
巨大なショッピングモールもたくさんあって。

 

それでも前からよく聞いていた
いろんな政治、法律の問題、人たちの話を聞くと

アパルトヘイトが廃止されてもう18年も経っていますが、

白人と黒人の人たちに根強く残る問題は
本当に難しいなぁと思いました。

またブログに書きたいです。

 

 

 

写真。

 

 

湖の水をパイプで引いて、
このミサイルみたいなのの下に火をくべて

温めてそれがお湯シャワーになってました。

感動しました。

 

ちなみに私の履いてるスニーカー、
ずっと前に行ったオランダの安宿で

誰かが忘れて行ったのを
宿のお兄さんがくれたものです。

もう6年以上も前にもらったもので
裏のとこ縫って直してはいているのに

今写真見て新品みたく写っててすごいと思いました。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

 

栗山さやか * 日々の暮らし * 13:19 * comments(19) * trackbacks(0) * - -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 13:19 * - * - * - -

コメント

最近、お風呂で湯を使うたびに
「モザンビークの方は。。。」と考えるようになりました。
息抜きできて、よかったですね!!
プラ子さん美人で、素敵です!

アフリカは貧富の差が激しいと思うのですが、
裕福な方たちは、自国の貧困地域の方々を
どう思っていらっしゃるんでしょうか?

同じ国の仲間なんだから助けるべきでしょうと、思うのは
単純でしょうか。。

Comment by もも @ 2012/07/03 8:19 AM
さやかさん、こんにちは。

先日のグッと地球便、大分県では放送がなくがっかりしていましたが、今日たまたまお仕事がお休みでそしてたまたまテレビを付けたらなんだか見覚えのある顔が、、、。うわーっ、今やってるっ!そして、今見終わりましたっ&#8252;
さやかさんを見て涙、ご両親を見てまた涙でした。治安が悪いので本当に心配ですが、子供達の笑顔が素敵すぎて、、、。なかなか日本に帰れないのもわかる気がします。同じことしか言えませんが体に気をつけて頑張ってください。
Comment by しえこ @ 2012/07/03 10:39 AM
リフレッシュ出来て良かったね。あんな風に湖の水暖めて使うなんてすごいなあ。
先日皆にも地球便観てもらおうと思ってアルバイトさんとお客さんと一緒に観てたんやけど、自分は前に座ってて、後ろ何か静かで反応ないし、興味ないんかなあって思って後ろみたら感動して涙ながしてました!
こんな風にプラ子さんの活動をしったら感銘受ける人はまだまだ沢山おると思うよ。テレビで言うてたように変わらない事はないって俺も思います
Comment by てんくー @ 2012/07/03 1:38 PM
今日てんくーで振込みさせて貰いました。差し支えなければ半分は是非プラ子さんが栄養しっかり摂れて気持ちもリフレッシュ出来るような事に使って欲しいです。
勝手な事言うて迷惑かけてしまうだけになってもアカンので、このコメントは公開しなくていいですよ。
活動の邪魔になるようであれば全然気にせずにメールアドレスの方にその旨送って貰えば今後気をつけます。

Comment by てんくー @ 2012/07/03 1:55 PM
明治の最初の頃の特許に
 「黒く塗った竹を、屋根の上に並べて、中に水を入れ
その水でお風呂を沸かせば、薪の本数が減る。」
というのがありますが、私は昔、黒いホースを100M屋根の上に転がして、温水器のタンクにつないでいました。
 夏場のシャワーなら十分な量でした。
アウトドアのアイデアで、黒く塗ったポリタンクを、海水浴場の駐車している車の屋根の上に置いておけば、簡単な簡易シャワーが出きると書いてありました。
他に、蛇口(コック)、ジョーロのシャワー口などを取り付けているようでした。

水もペットボトルも、入手が難しいかもしれませんが・・・

アウトドアに詳しい人、どなたかお知恵を貸してあげてください。
Comment by もう一人のマロン @ 2012/07/03 8:56 PM
プラ子さん、おいそがしいところを度々のコメント、失礼いたします。夢咲でございます。

先日は、ご丁寧に、コメントのお返事を書いてくださってありがとうございました。
うれしく拝見しました。

湖の近くまでお出かけになってこられたのですね。
お写真をとおして、プラ子さんの笑顔を拝見できて、うれしいです。

プラ子さんのブログ、ほぼ全記事、拝読しました。
あまりのことに言葉がありません…。
途上国の方々を支援してゆかれるということは、本当に難しいことなのですね。
胸が痛いです。

そのような大変なご状況の中で、一度も帰国されることなく頑張ってこられたプラ子さん、本当に本当に素晴らしい方だと心から思いました。
どうしてそんなに愛が深くていらっしゃるのでしょう?
どうしてそんなに優しいお心を持っていらっしゃるのでしょう?
プラ子さんはまるでかのマザー・テレサさんみたいです。

もし、ご迷惑でなければ、わたくしのサイトとブログから、プラ子さんのブログにリンクを張らせていただけないでしょうか?
せめて、何か、少しでもお役に立てれば、と思っております。
もし、よろしければで結構ですので…、お返事くださいませ。

どうぞ今日もお元気にいらしてくださいね。
全てがよきに流れますよう、神様のご加護とお導きがありますよう、心からお祈りいたしております。

長々と失礼しました。
最後までお読みくださいましてありがとうございます。
Comment by 夢咲璃い @ 2012/07/04 11:49 PM
ぷら子ちゃん。

よかったね、ホントに。
シャワーのありがたみってあらためて感じるとすごいよね。
とはいえ、失って気づくものだらけだけど・・・(ToT)

タライ1杯の水で、私は全身&体はまだだな・・・修行が足りないね。(苦笑)3月にはフィリピンの田舎で、やっぱり大き目のバケツ2杯使っちゃってました。
シャワーってすごいよね。ほんとうに文明の利器だよね。

南アフリカは、何年経っても人種問題は変わらないのではないかとつくづく思うよ。
ショッピングモールも、スーパーも、白人・黒人が行くところは基本的に分かれてる。あ、病院なんて一番わかりやすい・・・信じられないけどさ・・・ってことで、私と一緒にいた白人はとってもよい人たちって信じられて、黒人によく話しかけられました。これ、すごいことなんだよね。私は日焼けで真っ黒だったから、いつもカラード(インド・マレー系)というポジションに見られてて・・・そのカラードを仲間にしている白人たちはいい人なんだろうって見られるんですよね。わかりますか?色で区別はしたくないけれど、そんな現実がありました。今でもね・・・

ということで、南アフリカはモザンビークの近くだったね。
南アフリカの都会さには、最初降り立って本当に私もびっくりしたけどね。でも、SOWETOとか、タウンシップの状況はよくないよね。衛生面が一番心配。そして、人々の状況が心配・・・

ああ、早く帰りたいなぁぁぁ〜。

ぷら子ちゃん、機会あったらどんどん外へ出ていかないとだよ。ずっとずっと同じ人たちの中で毎日ルーティン作業してたらおかしくなっちゃうよん。みんなでがんばってお金ためないとだよね・・・(><)


とにかく、ぷら子ちゃん、美味しいおさかな食べて、シャワーして・・・嬉しかったね。その気持ち大切に!

スニーカーは新品とは言わないけれど、ピカピカに見えるよ。きっと相当大切に履いているんだろうね。靴も喜んでるよっ!!

じゃまたねん♪



Candy
Comment by Candy @ 2012/07/06 1:51 AM
こんにちは。

最近、更新が多くて嬉しいです。

泡がまだ残ってるのに、水終了って悲しいですね。
でも、プラ子さんのぼーぜんとした姿が想像できて、ちょっと笑ってしまいました。

私も韓国の田舎に住んでたとき、
少々苦労したので、
あー、あんな感じかなってちょこっと想像できちゃいます。
だから余計に明るく乗り越えられるプラ子さんの精神力に脱帽です。

久しぶりのシャワー、良かったですね。

Comment by かんくら @ 2012/07/06 9:39 AM
・・・温水シャワーが出て感動。

こちら日本では、ごくごく普通の生活なのに
苦しい環境下での生活また、
プラ子さんの大いなる志に思わず頭がさがります。

マラウイ湖での息抜き、十分楽しんできてください。
人と人が出会い、互いを思い、心を通わせることが、生きる力になるのでしょうね。

いつもブログを拝読させていただいております。
今後とも、プラ子さんを見習い
釜石での復興作業がんばろうと思います。

くれぐれも、お体を大事にしてください。
Comment by にこにこのujicyan @ 2012/07/07 10:48 PM
「ぐっと地球便さん」

静岡は、だいいちテレビで、来週、
7月15日(日)に AM10:55 から AM11:25
放映されるようでさっそく予約しました。

予告だけ見れました!!
よかったー♪
Comment by もう一人のマロン @ 2012/07/08 11:36 AM
テレビで見ました、非常に感動しました!
少額ながら寄付させていただきます。
そして僕も生き方を見つめ直し人の為、社会の為に貢献していく所存です。
応援しています。頑張ってください!僕も頑張ります、ありがとう!
Comment by 富山 @ 2012/07/08 1:51 PM
元バックパッカーです。
今は、仕事をしながら1歳の女の子のママをしています。

旅の途中、モザンビークはバスで通過しただけでした。
そこでどんな人たちがどんな生活を送っているか、
全く知りませんでした。

さやかさんの活動をテレビで拝見して、
とても心を打たれました。
私も何かしなければと思いました。

Just Giving から、少額ですが寄付させていただきました。
他にもできることがないか、考えています。

さやかさんと子どもたちの健康と安全を、
心からお祈りしています!!
Comment by tomokoy @ 2012/07/11 12:16 AM
プラ子さん、とても元気そうな笑顔が見れて安心しました&とても嬉しいです!

蛇口をひねればお水がでる・・・本当に幸せな事ですよね!
モザンビークの生活とは比になりませんが、たった数時間の断水(水道工事など)の時に私もしみじみ感じた事があります。
これからは水道にも、当たり前のライフラインにも、全てに感謝していこうと思いました。

プラ子さん、とってもきれいです!内面からにじみ出る美しさというか・・・心の美しさが外見に現れていると思いました(*^^*) 

いつも思いますが、プラ子さんのブログはとても心がきれいになります。
自分だけ幸せではいけないんだ、みんな笑顔が1番いいと心から思います。

テレビ(私は関東なので見れませんでしたが)の影響でたくさんの人がプラ子さんや地球の裏側の現実を知ってくれて私も嬉しいです。

私のできること、力は微力ですが、これからも応援していきます!
どうかお体に気をつけて。プラ子さんの健康と平和な毎日をいつも祈っています!
Comment by チーコ @ 2012/07/11 12:19 PM

自分は今、高3なんですが、
将来、アフリカの地で貧困問題と戦っていきたいと思っています。

そして、アフリカ関連の本を読みあさっている時に、
「なんにもないけどやってみた」に出会いました。

今ちょうど読んでいる最中なんですが、
自分の想像を超えるアフリカの現実を、
ほんの少しではあると思いますが、知ることができました。

実際に現地で働くことの大変さや、苦しみ
逆に、日本では感じれない喜びがあることも
この本を読みながら伝わってきました。

まずは、何よりも、チャラカさんのように
現地で働こうと思います。

是非、またアフリカの現状を日本に伝えていってください。

最後になりましたが、
チャラカさんの健康を祈っています。
Comment by シャー @ 2012/07/11 9:27 PM
管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2012/07/12 3:11 PM
先日プラ子さんの著書を読ませていただきました。
地球便でプラ子さんの存在を知った時と同じで、
またいろいろ考えてしまいました。

モザンビークでの生活のお話しとか読んでて、
なんで同じ人間なのにこんなに環境が違うのだろう…とか、

毎日のように買ったり捨てたりしてるペットボトル、
ボロボロになっても使っている人々に使ってほしいなーとか、

TVで大量の料理を食べる企画で、
タレントの方が「もう食べれないよー」と
つらそうな表情してるの見てなんだかなーと思ったりとか…。

私今、無職なんですが(^_^;)…
そのおかげで地球便も見れたのだろうし、
本当色々考える良いきっかけを頂きました。
私にもできることあれば、少しでもやっていこうと思ってます。

青森に住んでますが、最近めっきり暑くなってきました。
外からは、夏祭りのお囃子の練習が毎日聞こえてきます。

日本の祭りのパワーが、プラ子さんにも届きますように!

Comment by トムトム @ 2012/07/14 4:58 PM
<ももさま。
 コメントありがとうございますっ。日本は停電等、今年の夏は大丈夫でしょうか。

>アフリカは貧富の差が激しいと思うのですが、
裕福な方たちは、自国の貧困地域の方々を
どう思っていらっしゃるんでしょうか?
>> とてもとても貧富の差が激しいです。
とても大金持ちなのは、逆に海外の貧困等を助ける大きな組織で働く現地のかたのマネージャーレベルの人たちだったりします。。
 彼達は、先進国がこうやって莫大なお金の援助するのは、結局、アフリカ大陸に大量にある天然資源が狙いだからでしょ。と話しています。
そういう組織で働いてもそれは仕事であって、本当に貧しい人のことを考えて、、というかたは少ないように思ってしまう場面が何度かありました。。。
一般的に裕福な人たちは、そこまで貧しい人たちを気にしてないように思います。 ただキリスト教やイスラム教の強い信者のかたたちは、宗教の教えて1週間に一度店の残りのパンなどを配ってくれていたりするお店がここにも私が知っているだけで2軒あります。
モザンビークの人たちは他人に対してとても警戒心や嫉妬心等が
アフリカのほかの国の中でも強いって言われています。
同じ国同士の人で戦った内戦があった影響が強いと思います。。

コメントありがとうございます。。

<しえこさま。
 コメントありがとうございますっ。そして地球便のことも
教えてくださりありがとうございます。
大分県でも。。。と思い嬉しく思っています。。
本当にありがとうございましたっ。

<てんくーさん。
 てんくーさん。。。本当にありがとうございます。。
 お客さんや、アルバイトさんにも見ていただいて。。
 涙まで流していただき。。。
 私のほうがこのコメントを何回も読ませていただき涙涙です。。。 ご寄付までいただいてしまい、こんな風にいっていただき。。。。迷惑なんてとんでもないですっ。。。
とてもとてもお気持ち嬉しく、ありがたい気持ちでいっぱいです。。。 心から深くお礼を申し上げます。。。。
本当に本当にありがとうございます。。。。


<もう一人のマロンさま。
 色々なアイデアをいつもありがとうございますっっ。
 今は寒い季節なので、お湯は炭で沸かして温かいお湯浴びを毎日できています。 いつも本当にありがとうございますっ。


< 夢咲璃いさま。
 コメントをまた書いていただきありがとうございます。
 だらだら書いていた読みづらい中学生の日記のようなブログなのにたくさん読んでくださったようで感謝を申し上げます。。

 そしてこんな風におっしゃっていただき、とんでもないです。。
 私は活動をしながらも、いつも自分の軽率な行動やなにげなく発してしまった言葉にいつも後悔と反省を繰り返して落ち込んでいます。。ブログにリンクをといっていただき本当にありがとうございます。 もしよろしければ。。と思います。。
本当に励みになるコメントを今回もいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。。。


<CANDYさん。
 いつもありがとうございます。。
 南アフリカの問題、人種の問題、肌の色の違い、とても難しい問題ですね。。いつもいろいろ考えさせられます。。
こういう場所で育つ子供たちにはとても大きな影響を与えて行ってしまう問題だなぁといつも思います。。
 静岡の今年の夏はどんな感じでしょうか。
 夏の雰囲気、食べ物楽しめていらっしゃいますように。。。



<かんくらさま。
 ありがとうございます。
 私もかんくらさまがブログを読んで笑ってくださったお姿を想像してにっこりしてしまいました。
いつも本当にありがとうございます。。。。


<にこにこのujicyanさま。
 復興作業でお忙しい中、ブログを読んでくださり、コメントまでしていただき本当にありがとうございます。。
<<人と人が出会い、互いを思い、心を通わせることが、生きる力になるのでしょうね

本当にその通りだと思います。。


 今の釜石市の様子はいかがでしょうか。
 どうかどうかお体にお気をつけてくださいね。
 コメント本当にありがとうございます。。


 
<もう一人のマロンさん。
静岡では放送されてないって聞いていたので驚いてしまいました。。そしてとても緊張します・・・。

 

<富山さま。
 テレビも見てくださり、コメントまでくださりありがとうございますっ。そしてご寄付もとおっしゃってくださり。。
 感謝感謝です。。。。いただいた温かいお気持ちを大切に受け取らせていただき活動を続けさせてもらいたいです。。
本当に本当にありがとうご
Comment by purako @ 2012/07/15 12:52 PM
< tomokoy さま。
 元バックパッカーのかたからのコメントとても嬉しいです。。そしてモザンビークにも滞在されたとのこと。。。
 ご寄付までなさっていただき本当に本当にありがとうございます。。



<チーコさま。
 チーコさん、本当に温かいコメントありがとうございます。。
 とても励まされてありがたく思い、何回も読み返してしまいました。。。 いつも読んでくださってありがとうございます。。。


<シャーさん。
 はじめまして。 本読んでくださって、コメントまで
いただけて本当にありがとうございます。
高校3年生、きっといろんなことを考えてしまう時期だと
思います。 どうか夢に向かって頑張ってくださいね。私も頑張りたいです。。 本当にコメントありがとうございます。。



< トムトムさま。
  コメントありがとうございますっ。  
  本まで読んでいただいて、お気持ち聞かせていただいて本当に嬉しいです。 青森に住まれていらっしゃるんですね。 今年の夏はどんな雰囲気でしょうか。 青森のねぶた祭りとても有名ですね。 どうか素敵な夏を過ごされていますように。。。
 本当にコメントありがとうございます。。


Comment by purako @ 2012/07/15 12:54 PM
プラ子さんが書いた本「なんにもないけどやってみた」を読ませてもらいました。僕の人生で何度も読み直したい本になりました。この前支援寄付窓口の欄を見て振り込みました。少しですが一人でも多くの子どもを助けてあげて下さい。
Comment by スマート @ 2012/07/31 5:01 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ