<< お散歩会のお知らせです。 | main | フロリンダさんのこと。 >>

ビザとボランティアのこと。



  

  日本のパスポートを持っていると、
 ビザがなくても入国できる国がたくさんあって
 本当に恵まれているなぁと思います。


 国と国の国交がなかったり、関係が悪かったりすると
 出身の国によって入国ができない国があったり、
 ビザ代が異様に高かったり。

 インドにいたときにバングラデッシュの観光ビザをもらいに
 インドにあるバングラデッシュ大使館に行ったときも、
 簡単な面接がありましたが、ビザ代、日本人なら無料でした。

 確かアメリカ人の子達は
「バングラデッシュの
 ビザ代100ドルだー。。。」と悲しんでいました。

 アメリカ人の子達は、
 確かいくつかのアラブ圏の国、
 イエメンとかシリア?(だったかなと思いますが)
 は観光ビザ取得は難しく
 「簡単には入国できないんだよー」って
 言っていました。

 イスラエル出身の子達なんて、
 ほとんどのアラブの国はもちろん入国できないです。
(あんなにモダンで都会なドバイがあるUAEですらだめみたいです。)

 イスラエルも他の
 アラブの国の人たちの入国を認めてないし、
 前にも書きましたが
出身国関係なしに、自分のパスポートに
 他のアラブやイスラム教の国の入国スタンプがある場合、
 イスラエルへの入国拒否されたり
 別室に連れてかれて質問攻めや
 全ての荷物の細かいチェックがあったりしていました。
(持っているノートまで一ページずつ目を通されて質問されたそうです。)

 逆にイスラエルの入国スタンプがあると
 たくさんのアラブの国では入国拒否されます。


 アフリカの国でも、
 南アフリカとかマラウィ(現在は必要)は
 日本人ならビザなしで入国できます。
 出身の国によってはかなりの額のビザ代を払わないといけないです。

「日本人はいいね。
 ビザなしでOKの国がたくさんあって、、」って色んな国の旅人に
 貧乏バックパッカーしてた頃よく言われました。



エチオピアの施設でボランティアしていたとき、
観光ビザでエチオピアに入ってボランティアしていました。


エチオピアの観光ビザは最大で3ヶ月もらえて、
 本当は数週間の滞在の予定でしたが、
施設に住み始めて3ヶ月経っても、
まだここでボランティアを続けたいと思って、
移民局にビザの延長の手続きに行きました。

私は、ボランティアとしてこの国にいても、
きっとあっさり延長認められるものだと思って
気楽に行ったら面接があって、

「はっ ボランティア? ふんっっ」て、
鼻で笑われて、却下されそうになりました。。。
なんとか頼みこんで
そして1ヶ月だけの延長を許可してくれました。

私はびっくりして、エチオピアに何回かボランティアで来ていた
ヨーロッパ出身の女性に聞いてみました。

そしたら、

「移民局でボランティアがしたいから、
ビザの延長をお願いしたいなんて言っちゃだめだよ。
国は観光できてお金をじゃんじゃん使って、
国にお金を落としてくれる外国人が欲しいんだよ。
ボランティアして、
全くお金を使わずにいる人たちには、逆にうざったいのよ。」って。

そういうものなんだと勉強になりました。

今いるモザンビークでも、

「ボランティアとかいってるけど、
実はがっぽりお金もらってんでしょ。」


「貧しい人のためとか言ってるけど、
自分もすごい額のお手当てもらっているんでしょー。
俺にも分けてよーー。」って。



こういう偉い地位にいる男の人たちと、
その人たちの事務所とかで2人っきりになるのが少し怖いです。

土地の問題で土地のリーダーと揉めまくっていた時に、
国の法律をしっかりしっている相談できる人が必要で
やっとあの人だったらって思える人にお願いしに行きました。

モザンビークでは挨拶のときに、尊敬の意味も込めて
両方のほっぺにキスするのですが、
そのときに、このかたに口にもキスされたり。。。。


先週もまた別の書類関係の手続きで、
緊張しながら、他の担当者のかたのところへ言ったとき、
たまたま友達の旦那さんが担当の人で良かったって
心の中で喜んでいたら、
この旦那さんと事務所で二人っきりになったときに、
「今日の夜、君の家に遊びに行っていい?」っておしり触られました・・。

いつも現地の男の人たちに口癖のように言われるのは、

「肌の色、人種が違うと性器の感じも違うのか
試してみたいんだよー。お願いだよー。」って・・・。


色んな揉め事がいつもありますが、
モザンビークの法律で、

「組織や協会で働く外国人や、協会自体、
土地のリーダーや、土地の責任者が、
やつらは悪いやつだって政府に訴えれば
外国人であるあなたを簡単に24時間以内に国外追放できる」
っていう法律があるから
本当気をつけたほうがいいよ」ってよく言われます。

そういうこともあって
いつもいろんなことに慎重にならないといけないし
時々とても怖くなります。

やっぱりどこの国でも外国人として、
そこの国に住ませてもらうには
とても厳しい目が向けられているんだなぁと思います。。

 ビザ代も一気に値上がりして私が払ったとき、
 1年間有効のの在留ビザ代、7万円2千円でした。。
 はぁ。。と思います。。

今日は日曜日で日曜日は停電していることが多いのに
今日はしてなくて嬉しいです。

写真。
 前住んでいた家の玄関とルーサ、家の中の台所と猫たち。
 しっかり育ってます。
 電気のスイッチがないところは、線をひっかけて使います。

 電気がない村に住んでたときは、
 電気がないならないなりに生活できたけど
 やっぱり電気はすごいなぁといつも思います。






栗山さやか | ボランティア | comments(3)

コメント欄

ニュースなんかを見てても日本の政治にガッカリする事多いけど、それでもまだ安全に暮らせる点ではダントツに凄いんやなあ。書類の手続き一つでもこんなに嫌な思いしたり、身の危険を感じたり、プラ子さんのブログ読みはじめるまではそこまでとは思ってへんかったです。ただプラ子さんの身を案じるだけしか出来へんで歯痒いけど、ホンマにくれぐれも自分の安全を第一に過ごして欲しいです。緊張した日々で知らず知らずに疲れも溜まるやろうし、無理せず時々自分の心や体にご褒美をあげてな。そういえばピンク色のものをイメージすると心が若返って免疫力もアップするって聞いた事あるで〜
Comment by てんくー @ 2011/10/24 2:00 PM
プラ子さんこんにちは。

今年、縁あってスワジランドに行きました。
日本ではなかなか資料がなくて、ネットで探していたらこのブログに当たりました。
モザンビークのお話を読んでいると、スワジランドも本当に貧しいけれど、まだ少しはいい方なのかな、なんて思ってしまいます。


現地で暮らすなんて、なかなかできることではないと思うので、本当に尊敬します。
いつも、応援してます。
体だけは、本当に本当に、大切にしてくださいね。
プラ子さんがいつも安全で、安心して暮らせますように、日本からお祈りしてます。


Comment by NAKO @ 2011/10/27 1:56 AM
<てんくーさん。
 いつもありがとうございます。
 ここで生活していても自分はとても恵まれていることを毎日感じています。。 こうして心配してコメントをいただけるだけで本当にありがたいです。  へレンが家の壁をピンク色に塗ってくれました。 免疫力あがっていそうで嬉しいです。いつも本当にありがとうございますっ。


<NAKOさん。
 はじめまして。 ブログ読んでくださって、
コメントも本当にありがとうございます。
 スワジランドにいらっしゃたんですね。
 小さな国で、でもかなり都会で、警察のかたがとてもしっかりしていて感動したの覚えています。
 今は日本にいらっしゃるのかな。。 寒くなってくる季節だと思います。どうかお体にお気をつけくださいね。
 コメント嬉しかったです。ありがとうございます。
Comment by ぷらこ @ 2011/10/30 9:30 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ