<< いつも聞かれる2つのこと。 | main | 井戸のこと。 >>

絵本が届いたこと。

 
  寒い季節に入り、風邪をひいてしまい、
 体調を1ヶ月近く崩していました。
 ですが、ベットに寝たきりだったわけではなくて
 少し良くなったりまたかなり悪くなったりしていて、
 自己管理もっと気をつけないといけないなと
 反省しました。

  毎晩、夜になると家の中なのに
 外と同じぐらいの気温な感じ(といっても
 今はまだ10度ぐらいはあります。)
 でとても寒く感じて、
 家の中で暖まるために炭を焚くと
 一酸化炭素中毒になっちゃう危険もあるし
 暗くなったら早くベットに入ってしまっていました。
 暖かい布団も、着込む服も靴下もある、
 しっかりした家に住む私でも
 こんだけ寒いのに、貧しい子供たちはと思うと
 いつもながら考えてしまいます。。



 ブログの更新がまた空いてしまい協会の報告が出来ず、
 申し訳ありませんでした。


 協会の子供たちがどんどん公用語のポルトガル語を
 話せるようになったり,
 今まで鉛筆やノートを見たことがなかったり
 使ったこともない子供たちだったけど、
 読み書きもどんどんできるようになって嬉しく思っています。


 今回、とても嬉しい冊子物が日本から何回かに分けられて
 届きました。。!
お礼を言わせていただくのがとても
 遅くなってしまい申し訳ありません。。


 私の父親のコンピューターの先生(河田さん)が、
 いらなくなった絵本を贈ってくださいました!

 合計で47冊も届き、あぁーと感謝感激です!!

 私が子供の頃読んだ絵本もたくさんあって
 懐かしいなぁ、嬉しいなぁと思ってじーんとしました。

 何冊かの本には、わざわざ貼り付けシールで
 絵のところにポルトガル語をつけてくださってあったり。


 河田さんのお友達の方々、たくさんの方が
 ご協力なさってくださったようで
 心から厚くお礼申し上げます。


 ここでは人をみたら
 強盗とか裏切り者と思えって感じなぐらい
 友人でも夫婦でも家族でも兄弟でも
 お互い裏切ったり
 騙しあったりしていることが本当に多いので
 送っていただいたこの絵本たちを通して
 道徳心なんかや、
 人を思いやれる気持ちが育ってくれればいいなぁと
  絵本の読み聞かせをさせていただきながら
 いつも思っています。




写真です。

この町では、本屋さんは1軒だけありますが、
売っているものは学校の教科書や聖書、コーラン
なんかが数冊置いてあるだけなので
絵本はみんなにとってはとても貴重です。

みんな真剣に聞き入ってくれて、カラフルな絵たちを
目をきらきらさせてみています。















栗山さやか | アシャンテママ | comments(2)

コメント欄

こんにちは!体の調子はどうですか?プラ子さんが倒れたら元も子もないので、しっかり食べてゆっくり休んで元気になってください。絵本良かったね!絵本やと分かり易いしめっちゃいいと思います。子供達も成果が出てきてるみたいやし、写真見てたらほんまに教会に来るのが楽しいんやろなあと思うような笑顔で、みててこっちも嬉しくなります。色々大変やと思うけど焦らずに少しずつ形にしていって下さい。
Comment by てんくー @ 2011/06/08 1:34 PM
< てんくーさん。  ありがとうございます。 体は大丈夫です。 寒さが厳しくなってきています。日本は梅雨の季節ですね。 てんくーさんは関西のかたなのかな。 コメント本当にありがとうございます。 励みになりますっ。!
Comment by purako @ 2011/06/20 2:39 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ