<< 雷のこと。 | main | 2月になりましたね。 >>

ナディアの赤ちゃんのこと。


 勉強小屋に通っている新しい子で、
 ナディアっていう16歳の女の子がいます。
 2人の子供がいますが、ナディア自身も歩くのもたいへんなほど
 骨だけの体になってしまっていて。

 アフリカの子達、
 特に足はみんなすらっと細い子達ばかりですが、
 彼女のふくらはぎは、私のふくらはぎの
 10分の1ぐらいしかないです。

 それでも体調がいいときは頑張って
 勉強小屋に小さな赤ちゃんを背中に背負って
 通ってきていて具合が悪くて来れないときは、
 いつも食べ物を持って
 ルーキアがお見舞いに行っています。
 (肌の色が違う私はあんまり
 みんなのおうちに行かないようにしています。
 近所の人に見られて彼女たちがいやみを言われたり、
 余計ひどい対応をされたりしてしまったりします。)

 彼女がいつも背負っているがりがりの赤ちゃんも、
 2歳だっていってたけど生後3ヶ月ぐらいにしか見えず、
 目もうつろで弱りきっていて、
 目のまわり口のまわりにたくさんたかってくるハエたちを
 自分ではらいのける気力もなく、まばたきもあんまりせず、無表情で。。

 こっちの人たちは病気や栄養失調で
 がりがりに痩せこけてしまった人をみると
 かわいそうに。。って思ったりする人たちももちろんいますが、
 差別対象になったりもします。

 エイズだって言ったり、もうすぐ死ぬって言ったり、
 気持ち悪がったり。。

 みんなの話を聞いていると、
 親子や兄弟、家族同士なのに
 ひどい扱いをする人たちがあんまりに多いような気がします。

 ナディアの赤ちゃん、あんまりに弱りきっていて、日に日に
 食べ物を食べる気力まで無くなっていってしまって、、
 ふかしたおいもを潰したものが好きみたいだったから
 いつもお金も渡したりして
 勉強小屋のない日は食べさせるように、
 緊急援助として食べ物も渡していました。

 でもこのあいだの月曜日、
 勉強小屋の授業が終わった後、忙しくてあたふたしていたら
 彼女にいつも渡すはずだった
 おいも代の30円と緊急援助としての
 お米やたまご渡す前に彼女ふらふら出て行ってしまって
 渡せずじまいになってしまって。

 心配していたら、次の日、赤ちゃん、
 その日の夜に亡くなったって聞いて。。

  勉強小屋にくる前、長い間、
 「病院という場所に行くと
 私の赤ちゃん殺されるから行かないっ」て
 ずっと弟に言っていたみたいで
 説得して治療を受け始めたばかりでした。

 赤ちゃんの小さなお葬式が終わったあと、
 勉強小屋で撮った写真を調べて、
 ナディアと赤ちゃんが小さくだけど写っている写真、
 見つけれて、印刷して彼女に渡しました。
 ナディア自身も写真を撮ったことがないし、
 赤ちゃんの写真も一枚も撮らないまま
 亡くなってしまったので、
 驚いて不思議そうにじーと写真見て、ありがとうって。

 赤ちゃんが亡くなってしまう前に、
 他にもっと何かしてあげられたんじゃないかって思うし、
 あの日、おいも代のお金と食べ物しっかり渡していれば
 赤ちゃん亡くならなかったのかもって思って
 私はまた取り返しのつかないことをしてしまったって
 思って申し訳なくて涙が出てきます。。
 
 
 きっとあの状態の赤ちゃん、もう手遅れだったんだと
 あそこまでがりがりになっても
 生きていてくれたのは
 赤ちゃんの最後の生命力の強さだったのかもしれませんが、
 それでも、、と思わずにはいられないです。。

 どうか今は天国で穏やかに暮らしていますようにと思うばかりです。。


写真。 唯一あったナディアと赤ちゃんの写真。 大雨で勉強小屋の中も
     ぐちゃぐちゃになってしまったときの写真。
     壁のそばに立って野菜スープ食べてるのがナディアと赤ちゃん。








栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(3)

コメント欄

ぷらこさん、はじめまして。アフリカの国々に関して検索中、このブログと出会いました。過去のブログを拝見して普段、メディアでは報じられることの少ないモザンビークのリアルな現実に衝撃を受けています。


僕は国際郵便の仕事に就いています。発送先は日本と関係の深い欧米や東アジア、ブラジルが大半を占めており、アフリカ宛ての物はとても少なく、モザンビーク向けに至っては一通も無い日もあります。そして、アフリカ宛ての多くが国際援助関係の物であり、仕事を通じてこのような日本とは縁遠い国々で活動されている方々の事が気になっていました。


今回、偶然とはいえ実際に現地で活動されている方のブログを見ることが出来、とても勉強になりました。ただ、モザンビークの公務員の人達の腐敗が深刻そうで、我々が発送した郵便物が現地ではどのように配達されているのか、心配もしています。


これからも拝見させていただきます。ぷらこさんの活動が大きく実ることを願います!
Comment by しむー @ 2011/01/17 12:52 PM
プラ子さんお久しぶりです!
このお話すごく胸にささりました。私のお腹の中の赤ちゃんはもうすぐです。

妊娠10ヶ月はあっとゆう間のようで、でも今が一番つらくて…
ナディアちゃんはなんて強いんだろうって思いました。私本当にダメな母親だなって…

以前本で読んだんですが、赤ちゃんって、お空にいる時の記憶からお腹の中にいた記憶も3歳くらいまでは覚えていて、聞くと自分で色々話すそうなんです。

お空にいる時にこのママがいいって、自分でママを選んで来たってゆうそうです。だから生まれてくる前からどうなるかわかっていて、それでも生まれて来たいって思うんだそうです。

私は全然強くもないし、教えてあげれる程しっかりした人間ではないけれど、この子に選んでもらえた限り自分の出来る事してあげたいと思います。
Comment by yuri @ 2011/01/21 1:28 AM
しむーさん。
 はじめまして。 読んでくださってありがとうございますっ。 国際郵便のお仕事のこと教えてくださってありがとうございますっ。初めてお話伺えましたっ。
残念ながらやはり、途上国、特にアフリカ?かなと思いますが、郵便局のかたたちや空港で働く人たちの郵便物の泥棒行為もとても多いと思います。。価値が少しでもあるものは運にもよると思いますが届かないことが多いと思います。。
変わっていってくれるといいなぁと思うのですが。。
コメントありがとうございますっ。


<YURIさん。
 お久しぶりですっ。 お腹の赤ちゃん、順調のようでなによりですっ。 赤ちゃんがママを選んで産まれてきてくれるんですね。。私の友人も前に同じこと教えてくれましたっ。
 応援していますっ。
どうかどうか出産まで体調を崩してしまいませんように。。 暖かくして過ごしてくださいね。
またご報告待っていますっ。

Comment by purako @ 2011/02/03 2:55 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ