<< 仲良しのお友達のこと。 | main | まだ寒い毎日です。 >>

マイクロファイナンスのこと。

 


  2ヶ月前から協会の数人の女性たちにマイクロファイナンス
 (小額のお金を貸してあげて彼女たちが小さな物売りなどをして、
 毎月少しずつ返していく)が始まっています。

 マイクロファイナンスについてはなんとなく聞いたことが
 前にあったような気がしますが、
 いつもメールで相談に乗ってくださっているよーこさんが
 (よーこさんのブログ)
 http://blog.sakanoue.com/
 
 詳しく教えてくださいました。

 半年ぐらい前から現地の人たち、ネットでも調べ始めて、
 勉強していました。

 そのままお金を受け取って逃げてしまったり、
 お金を全部使い込んでしまったり、
 あと、返済ができなくなって協会のひとたちに、
 家のもの(服とかお皿とか)を
 借金の肩代わりに奪われて
 前よりもっと貧しくなってしまったり。

 読み書きも公用語のポルトガル語も話せなく、学校へ通った経験が
 今までの人生でない協会の女性たちに
 どんな方法でお金を稼ぐことができるか、
 貸す側の協会としてどんなサポートができるのかと考えていました。


 初めて、協会の女性たちに 
 「こういう案(マイクロファイナンス)があるよ。」って
 伝えたとき、たくさんの女性がやってみたいって言いました。


 みんな読み書きができないので、それぞれ商売の経験があるかどうか
 (道端に座ってお豆やバナナを売ったことがあるなど。)
 やどうしてその商売が潰れてしまったのか、
 これからどんなものをどこで売りたいか、
 (だいたいは炭をずた袋1つ(360円)まとめ買いして
 小さな袋ににいれて売る(15円)や、
 お豆をバケツ1杯分まとめ買いして小さなコップ
 1コップ(15円)で売る。。とかです。)
 などを聞いていきました。

 全部売り切って利益はだいたい200円ぐらいです。
 毎月80円から200円ぐらい
 返していく仕組みです。


 最初はまず数人から
 最低金額で600円、最高金額で3000円ではじめました。。
 本当は、6000円ぐらいまでにしたかったのですが、
 借りるほうの彼女たちも
 はじめてだし、私ももちろん初めてだし、
 慎重に。。と思って本当に小さなマイクロファイナンスです。

 始まって3ヶ月目が経って、
 もしかしたら最悪こういうことが起こってしまうかも。。って
 頭の隅で心配していたことが本当に起こってしまってとても悲しいです。

 ここに住む現地のかたたちは、近所の目をとても気にします。
 それに近所の人たちの行動や生活にとても興味があります。

 (テレビもラジオもなく学校も行ったことがなく、
 閉鎖的な環境にいて 入ってくる情報はいつも
 近所のうわさ話だけなことが影響していることのひとつだと思います。。)

 近所の女の子が新しい布身に着けてるのを見ると
 早速、みんな想像力を勝手に膨らませて、

 「あの子の旦那、無職なのに、
 いったい誰にあの新しい布買ってもらったのかしら。
 旦那に隠れて他に男がいて貢いでもらったか、
 絶対売春してるに違いないわ。」

 

 とすぐに噂話に花が咲くそうです。


 本当に当たっていることもありますが、
 あっという間に他の近所の人にも話して
 みんなで新しい布を持ってる彼女に嫉妬して冷たい目で見るそうです。

 今回マイクロファイナンスをするに当たって、
 もしかしたらマイクロファイナンスで小さな物売りをはじめたのを
 彼女たちの近所の人たちがみて嫉妬されて泥棒に入られたらどうしようって
 不安に思ってたことが本当になってしまって、

 一人の女性は日曜日の朝、教会にお祈りにいっている間に
 泥棒に入られて、蚊帳と服、布などを盗まれてしまいました。


 旦那さんを亡くしてしまって残された子供たちと
 雨で崩れかけた本当に小さな家に住んでいて、穴トイレを作る余裕すらない女性なのに。

 もう一人の女性は、夜中寝ているところにドアを壊されて男の人(近所の)に入られて
 ぼこぼこに気を失うまで殴られて、蹴られて、
 彼女の赤ちゃんも奪い取られて思いっきり壁に打ちつけられて。
 2人とも命は大丈夫でしたが、
 横になったまま、座ることも立ち上がることもできなくなってしまっていて。

 タクシーを呼んで、アンジェリーナに病院まで付き添ってもらいました。
 (肌の色が違う私が迎えにいくとまたややこしいことになってしまいます。)

 こういう風にすることでまた近所の人たちから冷たい目で
 見られてしまうのがやるせないです・・。
 

彼女が襲われたとき、助けてくれたご近所のかたたちも
いますが、すぐ隣に住む女性は、大爆笑して

 「学校なんかのんきに行ってるからだよ( うちらの協会のこと。。)」

「私もお父さんもお母さんも子供のとき死んでちょー貧乏で苦しんだけど
一回も協会とかそういうのに助けてもらわずに生きてきたんだから。」って。

彼女がプレミオ(お砂糖とか油、お塩など600円相当のもの)
を月に1度ぐらいのペースでもらうたびに
彼女よりはまだましな暮らしをしている近所の人たちに
「砂糖分けてよー。油ちょーだいよー。」って
言われて持っていかれてしまうって
ことも聞いたり。。

今回、マイクロファイナンスをしてたからとかうちらの協会で
勉強していることをよく思わない人たちに襲われたのかどうか
わかりませんが、
家に入る泥棒や強盗はいつもいつも聞く話で
本当に悲しくなります。

マイクロファイナンスをやってない他の協会の女性たちの
おうちにも入ったことも何回も聞いて、
これも家族の誰かが亡くなった場合と同様、
強盗が入ってしまったかたに お見舞いとして、

協会からはお米3kgとお豆2kgと
私からは最低限の必要な服、バケツ、おなべ、お皿、コップなど
協会のみんなは3円ずつ出し合って彼女たちに渡していくことに決めました。


少しでもこういうことが減っていくようにと思って
何かいい解決策はないか考えています。




 写真。

 協会の勉強会の様子です。
 人数が増えて外にはみ出して座っていますが
 今は雨期ではないので大丈夫です。

 子供たちも寒い中、元気に通ってきてくれます。
 





 

栗山さやか | モザンビークでの活動 | comments(9)

コメント欄

はじめまして。
1週間ほど前にアフリカでのボランティアを検索していてプラ子さんのブログに出逢いました。
最初から全部読ませて頂きました。
毎回毎回忘れてはいけない大切な事を教えて頂いています。
出逢えて本当に良かったなって思いました。
有難うございます。
是非多くの方に読んで頂きたく、私のブログで紹介させて頂きました。
http://ameblo.jp/babypinksnow/entry-10581493720.html
大丈夫でしょうか?

またの更新楽しみにしていますね!
Comment by babypinksnow @ 2010/07/06 10:20 PM
プラ子ちゃん、気の遠くなるような私たちには想像もつかないような現実が日々あるわけで・・・
でもブレないことが大切。
めげないように、みんなで一丸となることが大切。
プラ子ちゃんのパワーや粘り、がんばりがきっと伝わる日がくることを信じて、今はみんなで支えあうこと・・・
本当に悲しい出来事が続いて、実際被害に遭った方々にはなんと声をかけてあげたらよいかもわからないくらい・・・
でも、ねたむ人、嫉妬する人たちに屈せず、いつかその方たちも笑顔で勉強会に加わってくれる日を願って・・・
なんとか乗り越えてください。

口で言うのは簡単、実際目の当たりにしていたらとても辛くて悲しくて凹んでしまいますよね。
でも、マイクロファイナンスはとてもいいアイデアだと思います。大賛成!ヾ(^▽^)ノ
がんばってください。めげないで・・・みんなで力を合わせて・・・

だって屋根からはみ出すほどの女性たちがこうして今日も集まっているじゃないですか。これが結果ですよ。
でも、本当に大変なことと察します・・・


Candy
Comment by Candy @ 2010/07/07 4:06 PM
悲しいですね。
だから、モザンは発展しないんだよな〜って本気で思います。やっぱり内戦と貧困が人々の心を蝕んでしまったのでしょうか。
負けないで頑張ってください。
Comment by mamicco @ 2010/07/08 1:33 AM
はじめまして。

希望を失ってはいけないと思いつつ、やはり遠すぎて気が遠くなりますね。

私は、バングラディッシュのマイクロファイナンスのうまくいってる例(近所ごとグループごとにかしていました)をみていたので、
こんな事があるとは知りませんでした。

同じ女性・同じ立場の人たちが足をひっぱりあうっていうの、小さなコミュニティにいると起こる現象ですが、
もどかしいですね。

戦うべき労力を使う所は他にあるのに・・。


Comment by Lihyang @ 2010/07/12 2:44 PM
ボランティアに興味を持ち始めて
このブログにたどり着きました。

過酷な現実の一部を垣間見ただけで
気持ちが重たくなってしまいましたが、
少しでも行動に移したいと思います。
Comment by @ 2010/07/22 11:28 PM
こんばんわ・・・(*^_^*)
あずみだよ。。。
Sブログ更新有難う☆
いつも・・・Sのブログを見ると自分の贅沢さに胸が痛くなります。。なのでなかなかコメント出来なくて。。。(>_<)
Sの凛とした姿がとても素敵です☆
本当に自慢の友達だよ・・けど・・・。
友達としては、本当に心配なので一度帰国してもらいたいです。。(>_<)
もう5年は会ってないよ。。。
本当に会いたいな。。。Aより☆
Comment by あずみ @ 2010/07/30 2:44 AM
コメントへのお返事もいただいていたのに、すっかり、ご無沙汰してしまって、ごめんなさい!
お返事、嬉しく読ませていただきました。また、ぷら子さんが、元気で現地でボランティアを続けてらっしゃって、安心しています。

日本でも、嫉妬が何かとやっかいな問題を引き起こすことは多々ありますが、今回の事件、辛いですね。。。

私ごとですが、、、最近、日本では、渡部陽一さんという戦場カメラマンさんがよくTVに出ていて、人気があるようです。主に、中東(アフリカにも行くこともあるようです)をメインとしているようですが、ぷら子さんのブログと同様、メディアではなかなか報道されない視点での内容に興味を持ち、バックナンバーから少しずつ、読んでます。
自分なりに「知ること」を続けていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします。


日本は猛暑です。ぷら子さんもくれぐれもお体には気をつけて毎日過ごしてくださいね!
Comment by mayu @ 2010/08/06 7:18 PM
<babypinksnow さん。はじめましてです。読んでくださって本当にありがとうございます。。 ブログに紹介までしてくださってとてもありがたく嬉しく思いますっ。
<Candyさん。
 本当にいつもありがとうございますっ。
 彼女たちにとって協会で勉強しているということが少しでも気持ちの張り合いや支えになれればと思っています。。

<MAMICCOさん。
 貧困と内戦があった影響はかなりあると思います。隣の国、マラウィやジンバブエのかたたちと比べても人間性が全く違うように思います・・。

<Lihyangさん。
 ありがとうございます。少しでもいい方向に進めるようにと思っています。

<@さん。
  コメントありがとうございます。
 ボランティアを始められるとのこと応援していますっ。
 
<あずみちゃん。
 コメントありがとうね。忘れないでいてくれてありがとうだよー。 会える日楽しみだね。
 体に気をつけて過ごしてね。 わんちゃんたちは元気かな?

<MAYUさん。
 お久しぶりです。どうもありがとうです。
 渡部さんのこと教えてくださってありがとうございます。日本はまだ暑い毎日のようですがお体きをつけてくださいね。 本当にありがとうございます☆





 
Comment by purako @ 2010/08/20 6:36 PM
先日、NHKのドキュメンタリーでマイクロファイナンスを北米で始め、中南米の貧困層の自立支援している日本人男性の番組を観ました。
この番組を機に単なるDonationだけじゃ前に進めない、自立支援こそが真のボランティアではないかと強く感じました。


そして、こちらのブログにたどりついて、拝読して鳥肌が立ちました。

自立支援したくてもその地域、村の人々の根っこにある閉鎖的な考え方を変えなければ前に進めない。

その手段は非常に安易なものではない。

それでも諦めないで試行錯誤しながら支える。

日本人女性が遠いアフリカの地で頑張っている姿に尊敬と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

どうか健康に気をつけてお過ごし下さい。

また、ブログにお邪魔させて頂きます。



Comment by ゆみさん @ 2010/08/26 11:02 AM

コメントはこちらから









このページの先頭へ