<< お手伝いしてくれた女性 | main | 話し声。 >>

アナとイスフさんのいた組織のこと。

   

   村に家族とか知り合いがいる場合とかは別に平気ですが、
 協会のみんなで突然 村や集落を訪れる場合、まず最初に、村のリーダーに
 挨拶と村内を歩く許可をもらいに行きます。

 許可をもらわないとリーダーが指示を出して村の若者たちに
 不審者と見なされてぼこぼこにされることもあるみたいです。

 どこかの協会が、集落にいって、そこに住む人たちに追い掛け回されて
 石で襲撃されたことテレビでもやっていました。

 このときのリーダーも、協会なんてどこもマフィアだって。。

 いつも貧しい人たちを助けたいってきて、
 いざプロジェクトのお金としての寄付金が入ったら
 そのままいなくなっちゃうよって。

 この町にいたイタリア人の女性も有名な組織で働いていて、
 この町の病院へ大量の薬の援助のためにしばらく滞在していました。

 そしたら同僚の現地の男の人に、
 「この薬を全部売ってお金に変えて来なきゃ
  お前殺してやるっ」って言われて、
 精神的にまいってしまって、イタリアに戻っていったって聞きました。。


 この町に1年弱いた、アメリカ人の友達、アナも同じようなことがあって。

 アナはアメリカ育ちですが、ポルトガル人のご両親で
 モザンビークで公用語になってるポルトガル語、ぺらぺらです。

 アナはアメリカの政府のボランティア(平和部隊)で派遣されて、
 この町に1年弱住んでいました。

 初めてアナにあったのは、
 現地の友達に 「私を紹介して欲しいって
 いう子がいるんだけど、」って 言われて、
 
 あぁ、またいきなり知らない現地の子達から
 お金とか物のお願いごとされるのかなって思っていました。

 そしたら、アナで、町で私が歩いてるのみかけて、
 私を知ってるっていった子に お願いしたのって。

 すぐ仲良くなって、しばらくその子のうちで一緒に生活したり、
 私が別の州で生活しはじめると、アフリカでの移動は、
 バスとか乗り合いワゴンは絶対危険だから乗りたくないって言ってたのに、
 慣れない長時間バスで12時間以上かけて会いにきてくれたり。
 彼女とは、たくさんたくさん色んな話しました。

 ですが、去年、体調も精神的にも参ってしまって
 予定を早めてアメリカに帰りました。
 
 今でもアメリカからよく、
 「大丈夫さやか?体壊してない? 
  心は大丈夫?」って国際電話してきてくれて。



 アナの働いていた現地の組織も、アメリカ政府からの高額の寄付金、
 そんな村いってないし、何にも買ってないのに、
 子供たちにユニフォーム買いましたって
 うその領収書を作ったりして、
 同僚の現地の人たちがお金使いまくってました。

 お店の人友達だったりして、余裕でうその領収書作れるし、
 領収書なんてないお店やさんも多いし。

 アナが抗議すると、アナにいろんなことを隠すようにますますなって、
 会議にも呼んでもらえず、経理関係も一切みせてもらえず、最後には
 ほぼ無視みたくなって、アナ仕事行けなくなってしまっていました。。

 アナも首都にあるヘッドオフィスに散々連絡していましたが、
 そこまでお金が不正に使われていること気にしていないようでした。。

 それでも数ヶ月経ってからようやく、
 アナのプロジェクトの責任者はアメリカにある大学の教授だったようで
 なぜか、ポルトガル語ができるからなのか、
 その教授の生徒さんが2日間だけ視察派遣されてきました。

 うちらと同じ歳ぐらいのカナダの子で、
 南米にしばらく留学していて、アフリカは初めてきたよって
 言っていました。

 私はアナからその協会のお金の使い込みのひどさを
 いつも聞いてあげることしかできませんでしたが、
 アナと私は、彼女がわざわざ偵察にきてくれたから、
 きっと何か解決策がでるんだって思っていました。
 彼女が来るのすごく楽しみにしていました。

 彼女も含めて、その組織のメンバーで会議をしたときに、
 イスフさん(今一緒に私が働いている50歳の現地のかた)が、
 使い込みをしている人たちをその会議の場で名指ししました。

 その日の夜、アナのお家で、
 そのカナダの子と3人で晩御飯一緒に作って食べたときに、
 協会の不正の話になりました。

 アナとイスフさん 、私もきっとこれで何か良くなるって思っていて
 でも彼女が言った言葉は、

 「教授にこのこと、伝えるかどうかはわからない」って。
 
 アナと一瞬2人で、固まりました。。

 アナが彼女が帰っていたあと、
 「きっと、教授のプロジェクトがこんなことになってるなんて
 報告できないんだと思う。
 いい結果を持って帰らないといけないプレッシャーが
 彼女にもあるんじゃないかな。。」って。


 世の中、こういうものなんだって思いました。


 アナがきっと、向こうも向こうで、
 お金の寄付先を探さなきゃいけないプレッシャーがあって、
 とりあえず、よさげなところに、お金渡して、
 あとは適当に証拠として写真を数枚送ってもらって、このプロジェクト成功。
 みたくなっているんじゃないかなって。


 この州には、アメリカ政府のボランティア
 (平和部隊、 日本の青年海外協力隊と同じような感じ)で
 派遣されてきた子達が3人いたのですが、 
  (残りの2人は高校で英語教えてた。)
  
 この2人の家に2回も泥棒が入って家中のもの盗まれてしまって、
 アメリカ平和部隊はこの州からは、安全性に問題があるってことで
 今は撤退してしまいました。

 彼たちも、国の税金使って、貧しい国の援助できたけど、
 学校で英語教えることが
 援助になったのかよくわからないっていってたみたいです。。

 最近アナが、働いていたお金盗みまくってた協会、閉鎖されたそうです。
 良かった良かったと思いました。
 でも結局すごい額のお金使い込んでいたこのひとたち、
 逮捕されたわけでもなくて
 お金盗み逃げみたいな感じになって、
 きっとまた別の名前の協会を立ち上げて
 色んな国の大使館や、組織に提案書を送ってまたはじめそうです。。

 首都に住んでる大使館や大きな組織の人たちに、
 この協会がどうだとかいう情報は入りづらいし、
 申請する提案書に、昔アメリカ大使館の依頼を受けてプロジェクトを
 成功させましたって書いたりすればかなり通りやすくなると思うし。。


 キリスト教関係のところ、
 特に先進国から来た子達がしっかり管理しているところは
 大丈夫だと思いますが、
 それでも、ここはほとんど、現地の人たちが主になって
 管理しているところばかりです。
 そういうところは悲しいですが、かなりひどいと思います。
 
 貧しい人たちのためや、国の発展に役立っている協会や組織も
 もちろんありますが、 
 これはきっとアフリカ中で問題になっていることだと思います。
栗山さやか | ボランティア | comments(3)

コメント欄

初めまして プラ子さん。

先日 ひょんなことからこちらが検索にひっかかり 
ふと何気なく読み始めたのですが、結局夢中になって2日徹夜で読破しました。
テレビや本では見れない、学校でも教えてくれない、誰も話したことがない、本当の「現実」がありありと書かれ あまりにもリアルな、そして残念な現実に強い衝撃を受けています。
お金についての噂は少し聞いたことはありましたが、特に誰も触れもせず事件やニュースにもならないので本当に噂なのかもと思っていました。
ただ貧しいだけでなく 寄付金や協会という名の詐欺や汚い闇の取引・裏切りが人々の心や生活や心をより貧しくさせている・・。悪循環ですよね。セレブを含め、世界中の人が多額の寄付金を納めているのに いっこうに貧しい国が変わらないのは、詐欺まがいのことをしてでっちあげ、お金を盗んで、本当に必要とする人の手まで物資が届いていないからなんですね。そして人々もまた飢えや貧困から疑心暗鬼になりお互いを傷つけたり殺しあったり。貧しさは心も貧しくさせてしまう・・
元々は悪い人はいないと思うのですが、魔が差したり、周りや暗い現実に流されてしまうのでしょうね・・。
しかも悪い人は捕まえれば済む話でもない上にとりしまるべき人間達が、村長が、協会の人間が、警察も官僚も上の人間達自身がお金に汚い。夫々の懐に入れ操っている。
この世界を変わることができないのでしょうか。悲しくなります。
募金をしてもこういう人達にお金が行くのかと思うと・・まるで日本の税金は政治家の小遣いや接待・浪費へ・・のような話ですが、納めてきた人としては馬鹿らしく、空しくなってしまいます。
国によっては洋服やおもちゃを貧しい国に送っていますが、それも結局本当に貧しい人々には届いていないように思います。
日本でも新品の服やおもちゃは寄付に受け付けると某有名協会に言われました、新品?と思いましたがこれもまた現地の上層部が売りさばくのでしょうか。
私個人ではどうすることもできずはがゆい思いですが、
もっと多くの人々がこのpurakoさんのブログを見てこの現実を知ってくれたらと思います。
一人の力ではどうすることもできなくても力のある人で理解ある人がこの話を読んで、大勢の人々の力をあわせて改善を訴えれば・・なんて 甘い話でしょうか。だけどそう願わずにはいられません。もっと多くの人に読んでもらいたいと思いました。
こうして見知らぬ土地でいろいろな悲しい現実や不遇に合いながらも毎日目の前にいる人々、お友達や子供たちの為に手助けをしたり看病して毎日がんばっているpurakoさんをこれからもブログを読みながら陰ながら応援し見守っていきたいと思います。
purakoさん 至らぬ文で長々とすみません。
(実は人のブログに書き込むのは初めてで、私自身はプログも何もしていないので場慣れしてなくてごめんなさい。)
どうかお体に気をつけて 無事でいてください。
色々悲しいことも多いですが、purakoさんの活動は多くの人を幸せにし 多くの人の心を確実に動かしています。私もそのうちの一人です。
心の安らぎと少しでも多くの幸せがpurakoさんや村人達にきますように。




Comment by noa @ 2010/03/01 8:30 AM
世界中どこの国、州、県、町、村、団体で起こる汚職や賄賂・・・後を絶ちませんね。
でも、悲しいのは、公的立場である団体でこういうことが公然と行なわれていて、なかなか改善のためのメスが入らないことですね。
目の当たりにしたプラ子ちゃんは、考えることだらけだったでしょうし。当事者だった人たちはもっともっと辛くて悲しくて嫌な思いをして、プレッシャー感じて・・・

アフリカに限らず・・・だけど、今プラ子ちゃんがいるところの村が相当治安悪いことはわかります。そこに教育が浸透していなければ、治安の悪さも諸外国とはまた異なるでしょう。

とにかく、正義感持って強く生きることも大切だけど、親御さんのためにも、日本で応援しているたくさんのファンのためにも、まずは身の安全を考えてくださいね。
そしてこういう情報をいつもありがとう。
みんなで一緒に考えていけたらいいね。ほんと・・・

健康で平和に笑顔で暮らせる世界がいいよね♪♪♪
けして他人事とは思っていないから・・・
とにかく今はプラ子ちゃんの健康と無事を毎日祈ってます。


Candy
Comment by Candy @ 2010/03/01 1:55 PM
<noaさん。
 ごめんなさい。 お返事がとても遅れてしまいました。ただただたくさん書いてくださったコメント本当にうれしくて感謝ですっ。協会が新品のおもちゃしか受け取らないのは不思議な気がします。 中古の服、おもちゃについてまたブログに書いていきますね。
 本当にいつもコメントありがとうございます!!

<Candyさん。
 いつもありがとうです。 コメント嬉しく読ませてもらっています。 お金の使い方世界のどこの国でも問題になっているみたいで悲しいことですね・・。 平和で公平な社会にどこの国もなればいいですね。。 本当にありがとうです。


Comment by purako @ 2010/04/01 2:26 PM

コメントはこちらから









このページの先頭へ