<< また家を借りたこと。 | main | コンピューターを買ってしまったこと。 >>

最近のこと。

もう3月も半ばですね。
日本は暖かくなってきたのかな。

みくし、毎日日記みたく書いてくつもりが、
家に来ている電気が弱いのか、
裸電球はつくのですが、
コンピュ一タ一は電源がずっと入らず、
かなりがっくりでした。
私のコンピュ一タ一も壊れ気味だからかもしれませんが・・。

なぜか久々に今日はしっかり電気が来ているようで
コンピュ一タ一使えて嬉しいですっ。

一緒に家借りた友達は、しばらく奥地の村に行っているので、
今は1人で住んでいます。

火をもらいにいったり、料理とか水汲み、
洗濯なんかも近所の女の子が
手伝ってくれているのでだいぶだいぶ助かっています。

夜は、外にある穴トイレにいくのは危険なので、
(強盗待ってたりする)
家の中で洗面器トイレです・・・。

昼間でも外に干しておいた服盗まれたり、
私、家の中にいたのに、気づいたら、家の中に
誰かはいった形跡があって家の鍵、お皿とかお釜、ぞうきん、家の外の裸電球、盗まれてたり。。 
音とか全然きづきませんでした・・。

現地のひとたちにも1人で住んでるなんて
強盗とか大丈夫?って心配されて、
あなた肌の色違って目立つんだから、
絶対誰か夜の見張りの人を雇ったほうがいいって
いわれますが、金銭的なこともあるし、
逆に見張りの人が強盗になったりすることもあるし、
日が沈んだら、家から一歩もでないようにしています。
なたとか斧で家の木のドア壊されたら終わりですが・・。

今は、この町のできたばかりの協会で
ボランティアしています。
まだ事務所もなくて、なんにもなくて、
自分たちで案を出しあって、
提案書をみんなで書いています。

あと週に2回、小さな学校で英語教えていて、月給3900円。
お給料いただけるなんて思ってもいなかったから、
このお金で、別の村の様子を見に行ったり、村の子で
ノ一トと鉛筆、着るものがなくて
学校に通えない子に寄付とかをしようかなって
なんとなく考えています。

あと週に1度、モザンビ一クの政府の団体のかたたちが、
町のパン屋さんや、食べ物やさんから
売りものの残りをもらってきて、
両親が亡くなってしまって、
貧しいおじいちゃん、おばあちゃんと住む子供たちの家庭、
体に障害がある貧しいかたたちに
固い小さなパン、1人ひとつ渡したり、
クッキ一1人4枚を配っています。 

いい日は、小さなコップ1杯分のお米を配給していたり、
全然十分ではありませんが、
毎月 1人に400円から1200円の
現金支給もあるときがあります。

みんな貧しくて、1日食べ物がまんの日とか、
近所のお宅をまわって主食のシマの粉、
少し分けてもらえたり、分けてもらえなかったり。
食べれるはっぱを探しにブッシュの中に入っていったり。

町に住んでるかたでも、
毎日の食べ物、お砂糖、油、せっけんなんかも
買う余裕がないおうちのかたたちとても多いです。

小さなおばあちゃんたち、この団体のかたが使い終わった
ひとつの小さなビニ一ル袋を
けんかしてみんなで奪い合っていました。

貧しい人たちのほうが
ストレスとか仕事とか将来の心配とかなくて、
幸せそうって言葉きいたことあったし、
昔、自分でもそう思ってたことあったと思いますが、
お金も、食べ物も、暖まる毛布も、
しっかりした家も、病気に関しての正しい情報もなくて
苦しむかたたちを
みていると絶対そんなことはないなって
また思って、役に立っているのかどうなのかも
わかりませんが、小さなことから少しずつですが
自分なりにやっていこうって思っています。


栗山さやか | | comments(5) | trackbacks(0)

コメントありがとうございます!

purakoさんののブログを読み
コメントを残し、私のブログに
purakoさんの事を掲載させて頂いたり、それぐらいしかできませんが、応援しています♪

Comment by Dream @ 2009/03/20 1:00 AM
日本もだいぶ暖かくなってきましたよ。もうすぐ桜の花が開きそうです。
プラ子さんはどこの州のどこの村にいるんでしょうか?
実は再びモザンビークに遊びに行っていて、1週間前に日本に戻ってきたところです。
以前にもコメント残しましたが、私もモザンビークに滞在していたときは、電気も水道もない村にいて、ちょっとしたものがなくなることはよくありました。けっきょくそれは近所の子どもであったり、お手伝いさんであったり、Guardaであったりしたんですが。。
女性ひとりで住むのは、本当に危険の伴うことだと思います。
夜は戸締りをしっかりして気をつけてくださいね。
プラ子さんの存在が現地の人にとって励ましになっていると思います。
これからも無理をしないで頑張ってくださいね。
Comment by まみっこ @ 2009/03/21 1:04 AM
プラ子さんにはすごい久しぶりで109の時に同じフロアのお店で働いてた静岡のayumiです。一緒に働いてた友達からブログの事聞いて。
私は今2人子供がいるけど、この子達と同じ年の子供たちが全く違う環境で生活している現実をリアルに痛感して、私もホントに毎日を大切に生きていかなきゃなって思います。今こうやって過ごしている時間も、精一杯の小さい力で生きている子にとってはどれだけ大切な時間かを忘れたくないです。
Comment by ayumi @ 2009/05/31 12:20 AM
purako様、

ブログ興味深く読ませていただきました。

やはり実際に体験されている方のお話しは新鮮で、過酷な環境にいる事の大変さ、現地の人と日本にいる私達ではかけ離れた文明の遅れ、等

読んでいてとても考えさせられました。

そしてあまりブログとは関係ない個人的な頼みなのですが

今私は寄付をする対象を探しています。
できれば喜んで出来て、寄付に値する行動をしているのが条件なのですが

是非寄付をさせていただきたいのですが
口座等を教えていただくことは可能でしょうか?

別に私がしたいから寄付をするというよりも
収入の10%をとにかくどこかに寄付したいのでより納得できる相手を探しているだけです。(これは話すと複雑になっていくのであまり気にしないで下さい)

purako様は本当に何の助けも借りず(成年海外協力隊ならちゃんとした支援も受けられるのにそれすらも無く)
頑張っておられますし、そのボランティア精神は尊敬に値するとも思います。


是非このブログに来訪される方達にもさりげなく寄付を募ればきっと協力してくれる方達は意外に多いと思います。


是非一人だけで頑張らず
他の方達の支援もお受けになればもっと
有益なボランティア活動も出来ることと思いますし
purakoさん自身もエチオピアの方々も助かりますよね??


ぜひ長文になりましたが
寄付をお受けする事について前向きな意見をお考え下さい。

私もいつかはpurakoさんのように世界を見て
ボランティア活動もしたいと思っています。
子供からの夢ですので。
同士としても応援しています

Comment by myra @ 2009/06/22 6:28 PM
<DREAMさん。
 本当に恐縮です。 感謝感謝です。。

<まみっこさん。
モザンビークいかがでしたか?
 私はほとんどの州にいきましたが、長く住んでいるのはテテ州と二アッサ州です。
 まみっこさんはどちらにいらっしゃったのかな?
 今住んでいるところは、町でどんどん発展してきてる気がします。 コメントありがとうございますっ・

<今井さん。
 ごめんなさいっっ。返信とても遅れてしまいました。 まだアフリカにいらっしゃるのかな。今からホームページ見させていただきますね。
 旅楽しんでくださいね☆☆

<AYUMIちゃん。
 AYUMIちゃん。お久しぶりです。きっとかなっちのお友達のAYUMIちゃんだよね? 
連絡くれて本当にありがとう。懐かしいですっ。 日本に帰ったらぜひぜひ会えたら嬉しいです。 ありがとうね☆☆

<MYRAさん。
 本当にありがとうございます。先日メールでご連絡させていただきました。
 支援をお願いする件、今も考えています。MYRAさんのコメントを読ませていただき、がんばらないとと思うと同時に本当にありがたくてありがたくてです。 こういうお気持ちだけでも本当にありがとうございますっっ。




 
Comment by ぷら子 @ 2009/07/26 7:44 PM
コメントを書き込む









トラックバック

このページの先頭へ