<< 失明している子たち。 | main | ズンナシとママのこと。 >>

アフリカの女の子たち。

アフリカの女の子たちは、
やっぱりとっても強くてたくましいと思います。

どんだけ悲しい思いをして、
いろんなこと乗り越えているんだろうって思います。

アフリカを旅していて泊まる安宿は、ほぼ売春宿です。
どんなに小さな町でも
ぼろぼろの売春宿はあって、
そこで働く女の子たち。
私よりも全然若そうな子たちだらけです。

私は一生懸命お客さんたちと交渉している女の子たちをたくさん
見かけながら、旅を続けてます。

夜中に悲鳴が聞こえたり、
体を売ったお客さんにずっと貯めておいた売上金
持って逃げられちゃったり、
親友だと思っていた子にお金全部盗られちゃったり。
それでも毎晩、がんばっている子たち多くて、
生きていくため、家族を養っていくため、今日のごはんのため。

学校に行きたいから、学費や教科書代のためにがんばる子たち。
病気にだってなりやすいから薬代だって必要になる。

私がもしアフリカに生まれていたら間違いなくそうしていると思う。
収入が無い。お金が家に1円もない。
売るものもない。食べるものもない。
まだ小さな兄弟たちがいる。
これがどういうことになるか。
貧しい国にくるまで考えもしなかった。

アフリカにいても私はご飯を買うお金も宿に泊まるお金も
旅をできるお金もまだあって。

せっかく旅しているんだから楽しんだほうがいいよ。
ってよく言われます。同じように旅している子たちからも
現地の子からも。売春をしている子達からも、これ食べるー?
日本遠くて寂しくないですか?この国楽しめてますか?って。

アフリカに来る前、ボランティア、
してみたいなっていう気持ちはあったけど
アフリカで一人でいるなんて絶対ありえないし、
病気も怖いし、どこも汚そうだし、
南京虫にやられて肌汚くなるのやだし、
すぐ襲われそうって思っていたのが本当のところで、

ずっと旅していて、あんまり色んな国のみんなが優しくて
いつかどっかで恩返ししたいって勝手に思って、
アフリカのことを聞いたりして
アフリカに来ようって決めたときも
3週間だけエチオピアでボランティアして、
それから最長でも2ヶ月で
アフリカは危険だから離れようって決めてました。

今はこうして、まだアフリカにいてボランティアをしたり、色々みさせてもらったり、
現地の会社手伝ったり、現地の子たちともたくさん話しをして、
いろんなことが少しずつ見えてきて、
逆に、自分ではきずいてなかった
自分のこととかもわかってきて、何やっているんだろうって
情けなくなって。

それでもやっぱりいつも思うことは自分と貧しい国に生まれた子達の違い。
そんな風に思ってもきりがないのかもしれないけど

私がアフリカに生まれていて、私みたいな発展国からやってきた
フラフラ適当に旅をしている子をみたら私はどう思うんだろう。

エチオピアでもほかの国でも自分の体を売ってでも
一生懸命生きていこうとしたのに
苦しんで苦しんで亡くなっていってしまった子たち。

病気でぼろぼろの体で自分で立つこともできなくて
施設に運ばれてきた子。
ぎりぎりまで体売ってったってきいて、こんな状態の体で
どうしたらお仕事できるんだろうって。

結局なんだかんだいっても
何にもわかっていないのは自分かもしれないなって。
生きていくってどういうことなんだろうっていつも思います。

栗山さやか | | comments(3) | trackbacks(0)

コメントありがとうございます!

「生きていく」ってなんなんでしょうね。
生ぬるい生活の中でも思う事があるのだから、プラ子さんはもっと直面しているのでしょう。
知らなければラクだった事って沢山あると思います。
でも、プラ子さんは知る事を恐れずに知り、伝えてくれています。
恐れず・・・と、いうよりも直面する事により、知ってしまう・・・と、いう方が適切でしょうか。

身体に気をつけてがんばってください。
安全に睡眠をとってください。
強く生きるために。
Comment by あよ @ 2007/11/28 11:41 PM
読むたびに心が揺さぶられます。ありがとう。ホントにそう思います。ありがとうを伝えたくて、またコメントを残させていただきます。

生きていくってどういうことなんだろう。
あんまり関係ないかも知れないんですけど、誰かと「心が通ったなぁ」って思える瞬間は、人が生きている間に経験できる最も素敵な出来事だと思います。そういう経験があるからこそ生まれてきて良かったなぁって思うし、時に傷つくことがあってもまた歩き出せるんじゃないかなって思います。これってたぶん、どんな場所で生まれても同じなんじゃないかと思うんですが、私の考えが甘いのかも知れません。
思ったことをそのまま書いてしまいました。ごめんなさい。
Comment by yk @ 2007/11/30 2:03 AM
<あよさん。
返信恐ろしく遅れてしまいました。。本当に本当にごめんなさい。。コメントとてもとても嬉しく思います。「生きていくこと」
いろんな場所でいろんな生きかたがあって。。いろんな乗り越えないといけないことがあって。考えだすととまりませんが、コメント
本当にありがとうですっ。感謝感謝です。。

<ykさん。
コメントありがとうですっ。
そうですねっ。人と分かり合えたとき、すっごく嬉しくてじーんとしますよね。。確かにこれはどこの国でも一緒ですよねっ。そういうのを元気のもとにしてみんながんばれるんですよね。。
コメント本当にありがとうですっっ。
Comment by purako @ 2008/03/01 6:31 PM
コメントを書き込む









トラックバック

このページの先頭へ