<< エチオピアの基本情報。 | main | アフリカの女の子たち。 >>

失明している子たち。

 エチオピアで失明している人をたくさんみかけました。
 施設の中だけではなく、外を歩いていても失明した物乞いのかたも
 子供たちもたくさんいます。

 失明した家族をつれて、物乞いをしている
小さな4、5歳ぐらいの子供たちよくみかけました。
 
今いるモザンビークでも、ちらほらみかけます。
お父さんもお母さんもお姉さんらしき子も失明してしまっていて
その3人を小さな男の子が引き連れてゆっくり一列に並んで
歩いていました。

目の見えなくなってしまう原因は、たくさんあると思いますが、
細菌感染や栄養失調からくる場合がアフリカではとても多いと思います。ほかの国にいたら防げるはずのことなのに。。


エチオピアの施設にいたときに新しい患者さんがきました。
ユリガートってゆって16歳だといいました。
その子は、施設にきたばかりのとき
二日間ずっとベットに横になっていて
眠っちゃっているのかな
手当てが必要かなって思って話しかけてみると、
両目の黒目の部分が、白くなって飛び出しており、 
あっ両目ともみえてないんだなって思いました。
 
 顔をみてみると、ほっぺから首のまわり全体にかけて
 ただれたのようになっていて血と膿と皮もめくれてしまっています。
 皮膚結核の症状がでていました。

 その子は、たどたどしい言葉を話す私を最初はすごく
 警戒して困惑したかんじでした。
 
 毎日、手当てをしていくうちに少しずつ話すようになってきて 
 日本という国を知らないユリガートは私の髪の毛、顔を触るのが
 すきでいつも触っていました。

 こっちの子はエチオピアのこともあんまりしりません。
 村出身の子たちは、自分の村のこと以外のことはあんまり知る機会が少ない子が多いです。
 もちろん外国のことも地球ってこともまったくしりません。

 目のみえないユリガートは、ただ言葉が同じでない人
 としか思ってなかったと思います。

 手当ての後に、耳そうじしてあげていたら
 ユリガードの目から涙が出ているのがわかりました。
 
 ユリガードどうしたの? どこか痛いの?
 ってきくと、

 私、病気にもなっちゃった。 私何にも見えないのに。 
 っていいました。
 
 私は、彼女の目がよくなることは難しいこと
 ドクターからきいていました。

 ただハグをしながら大丈夫だよっていうことしかできない私のそばで、
 それをきいていた、違う施設から移ってきたばかりの10代後半ぐらいの子が、

 「 あのね、 違う施設にもこの施設にも
 もっともっとすごく体、めちゃくちゃなひとや、 たくさんたくさん
 毎日痛い思いしている人がたくさんいるんだよ。 まだまだ
 ユリガードは健康なほうだよ。 私も足ないよ。
 でも悲しくないよ。」

 って太ももまでしかない自分の足をじっとみて言いました。
 
 それをきいていたユリガードはそれから少し変わりました。

 たくさん笑うようになったし、顔も自分で洗えるようになって
 お手洗いも自分ひとりで行く努力をはじめました。

 なんだか少し大人になったようなユリガードに
 感動しました。
 
 ユリガートは前まで、手当てのとき以外
 ほかの子と二人で交互の向きに寝てつかって
 いる小さなベットに体を小さくしてじっとしている毎日でした。

 でも、施設のそばの教会に行くことは患者さんも
 許されていたので、夜6時半から始まるアドレーション(礼拝のようなもの?)
 には手当て、その時間抜け出せれたらときどき連れて行ってあげていました。

 そのアドレーションではクリスチャンのかたたちが
 歌を歌ってその歌を聴くのがユリガートは大好きなようでした。
 夕方になるとベットのすみに座って黒いプラスチックの靴をしっかり履いて
 私が迎えにくるのをうれしそうに待っていてくれていました。

 ときどき、手当て一区切りつかなくて、教会につくともう
終わる5分前だったりして「あー遅くなっちゃって本当にごめんねっ」って
謝ると 「チャラカと教会までの道、
手をつないであるけるだけで嬉しいの。だから気にしないでね。
 今日はいつもより寒いねー。」
ってくっついてきて。

私がほかの患者さんと病院に朝からいっていて、
施設に戻ってくるのが遅くなると、ユリガートと同じ病室の子達が
「チャラカー、ユリガードがチャラカが今日はこないって朝から
ずっと泣いていてたいへんだよー」って教えてくれて。

いつもそっと近づいて声、男声にしてユリガードっていかつく呼ぶと
嬉しそうに「チャラカーチャラカー」って私の手握って。

他の患者さんともたくさん仲良くなって、他の患者さんも
手をひいてゆっくり日なたぼっこにつれていってくれるようになって。

施設のみんなびっくりするぐらい優しくて、
一人2粒づつ支給されたみんなにとって貴重な貴重なキャンディや
小さなバナナ一本だけ支給されたとき、みんな大好きなのに
具合の悪そうな子にあげたり、私にまでくれようとして。

大勢いる寝たきりの患者さん同士、
助けが必要だけど声がでない子や、吐いてしまっている子
仰向けのままだと吐しゃ物で窒息死してしまうから、
患者さんみんなで私やワーカーの子に
「あの子今吐いちゃってるよーいってあげてー」
って教えてくれたりいつもしていて。

私はいつもどうしてみんなこんなに苦しくてどうしようもないのに、
この優しさはどこからくるのか、家族というものを知らない子も多い中、
誰が教えてくれたのか、不思議にも思い、とても嬉しく思っていました。
栗山さやか | | comments(0) | trackbacks(0)

コメントありがとうございます!

コメントを書き込む









トラックバック

このページの先頭へ