西日本豪雨お見舞い申し上げます。

 

《4万人のボランティアの記事》

 

 

西日本豪雨の被害に遭われ亡くなってしまった方々、

心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

そしてまだ避難所生活をされていらっしゃる方々が

早くご自宅に帰れますように。。

 

 

この連休中に日本全国から4万人もの方がボランティアに行かれたそうで、

連日続く悲しいニュースの中でなんて素晴らしいんだろう!と嬉しく思いました。

 

 

暑い夏のお休みの日に

西日本で被害に遭われたかたの少しでもお役にたてるならと

ボランティアに出かけて行った方々。。。

本当に素晴らしいなぁと思いました。

 

何かが起こってしまったとき、

やっぱり人はお互い助け、助けられて生きていくんだろうなぁと思いました。

そんな世の中であって欲しいと改めて思いました。

 

被害に遭われた方々にまたいつもの穏やかな日常が

1日でも戻りますように。。

 

 

 

 

 

栗山さやか | ひと言日記 | comments(0)

ブログの内容

 

最近、この自分のブログは

現地の様子の暗い内容ばかりのような気がしていました。


起こってしまったことでも、

悲しくなるようなことは自分の胸にだけしまって、

ブログに書くのは控えたほうがいいのかな、

と考えてしまっていました。


もっと嬉しい明るい出来事を書いたほうが

ブログを読んでくださるかたも

明るい気持ちになれるのではないかと思いました。


ですが、やはり現地の様子、現地の人たちが感じていること、

協会の子供たちがどんな環境の中で生きているのか、

正直に書いていこうと思います。


ただ嬉しかったこと、素晴らしいなぁと思ったことも

小さなことでも書いていけたらと思います。

 

 

以前いただいておりましたブログのコメント(日本への帰国)のお返事を書かせていただきました。

 

Makiさん、かんくらさん、Airiさん、CANDYさん、遅くなって本当にごめんなさい。。。ご確認いただけたら幸いです。


写真
アシャンテママに通う女の子(ルヴィナ)と小学校2年の教科書

 

栗山さやか | ひと言日記 | comments(3)

日本への帰国

 

協会以外のことでの

今年の目標は、親孝行を少しでもできたらなぁと

考えていました。

 

2月は1年でも飛行機のチケットが安い時期なのもあって

この時期に日本へ一時帰国をしようとなんとなく決めていました。

 

そして赤ちゃん付きでも安い航空券が見つかり

今月日本に一時帰国します。

とても楽しみです。

 

しばらくは実家に滞在し、

子育てとそれとずっと出来ずにいた

協会の会計簿のまとめを完成させるつもりです。

またご報告させてくださいね。

 

2年ぶりの日本への帰国ですが、

春の季節に日本にいれるのは13年ぶりになります。

梅や桜がとても楽しみです。

 

今はインフルエンザがどこもはやっていると

聞きました。

 

皆さまどうかお気をつけてくださいね。

 

また日本からブログ更新しますね。

納豆も楽しみです。

 

いつもアシャンテママをご支援してくださっている皆様に

お会いできるご機会があれば嬉しく思います。

 

 

 

栗山さやか | ひと言日記 | comments(9)

離れて思うこと

 

スペインの小さな町に来てしばらく経ちました。

 

ここには日本のように24時間のコンビニや

ファミレスはないけど、夜9時まで開いているスーパーがあって

一人で行った帰り道、

夜こうして一人で道を歩くなんて

モザンビークでもマラウィでも

安全を考えるとできなかったなぁとふと思いました。

 

私がモザンビークを離れた後、

私の家に夜中泥棒たちがやってきて

家の入口の部分を壊して入ってこようとして、

代わりに住んでくれているご家族が大声を出しくれて

泥棒たちは諦めて逃げて行ったと聞きました。

 

送られてきた壊れされた家の入口の写真を見ながら、

今ここで安全な場所で過ごせていること、

ありがたい気持ちと罪悪感のような気持ちがあります。

 

アシャンテママで働いているルーシアさんたちとは頻繁に

電話やメッセージでやりとりしていますが、

最近も協会で起こった問題や悲しい知らせを聞いて

なんだか自分だけ抜け出してきてしまったような

申し訳ない気持ちにもなります。

 

ただみんなが安全で元気でいてくれたらと思います。

 

 

協会のご支援をしてくださる皆様

いつも本当にありがとうございます。

 

 

写真

 

モザンビークの二つ目の勉強小屋のお昼を食べた後の

休憩時間、丸く円を作って遊んでいる子供たちと

手前であったかいお茶を飲む子供たち

 

 

 

栗山さやか | ひと言日記 | comments(2)

マラウィ南部の町にいます。

 

 

今はマラウィの南部の町にいます。

 

マラウィは1964年に

イギリスの植民地支配から独立した国で

貧しい国と言われていますが、

人々も雰囲気もとても穏やかな気がします。

 

マラウィにきて、

ずっと監視され続けていたように感じた日々から抜けれて

夜普通に眠れるようになって

安心して眠れることが心からありがたいです。

 

尿意を我慢して移動を続けていたためか、

膀胱炎になってしまっていましたが

それもやっと治り嬉しく思います。

 

マラウィで活動しているイギリス人の知り合いの

小さなNGOのある村に行ったり、

毎年遅れてしまう協会の会計簿のデータベースの作業を進めていたり、

マラウィの法律を調べたり、

電話でモザンビークの協会のみんなとやりとりをしながら

今やるべきことをと思っています。

 

ここ数カ月の協会の活動や出来事等も

ブログにアップしていけたらと思います。

栗山さやか | ひと言日記 | comments(4)

後悔

 

 

自分のとってしまった行動、発言に関して、

なんであんなことを言ってしまったんだろう。

もっと違う言い方をすればよかったのに。

あああすれば良かったのに・・・。と

後悔してしまうことが、最近増えていました。

 

国の情勢が悪化するに伴って

小さな現地の協会で活動する外国人である自分の立場、

それぞれの現地政府の管轄機関に対し的確な対応ができずに

落ち込んでいました。

 

でもある人が、

 

「過去の自分が良かれと思って出した決断を責めることは良くないよ。

その当時の自分はそれが最善と思ってしたことだから。

 

それよりも今現在どうするべきか、今後どうすべきかを前向きに

考えたほうがいいよ。

 

それにすべてのことは起こるべくして起こるものだよ。

長い人生、もっと後から振り返ってみると全然たいしたことじゃないことの

ほうが多いんだよ。」と言ってくれました。

 

「自分でどう頑張っても、結局はなるようにしかならないこともあるからね、

物事の見方を変えて、流れに身に任せることも時には大切だよ。

 

過去を後悔してばかりでも、未来のことを心配しすぎてばかりでも

今ある目の前の小さな幸せなことを見逃しちゃうよ」とも。

 

対応しなければならない問題がまだ多くありますが、

これも全て勉強だと思って、

今やらなければならないことを着実にやっていきたいです。

 

 

 

 

写真。

 

勉強小屋の近くのパン屋さんとルーシアさん。

 

 

栗山さやか | ひと言日記 | comments(6)

物事の見方の違い


自分が良かれと思ってしていることや、考え抜いて出した行動でも、
立場が違ったり、権限のある人たちからみたら全く逆の
とらえ方になったり、優先順位が全く逆になってしまったり。

日々の手続きなんかで起こることは
何があっても冷静に受け止めて対応できるようと思うのですが
自分の無知、視野の狭さ、考えの甘さ、勉強不足、配慮不足が思い知らされて
なんでいつまで経っても自分はこうなんだろうと思ってしまいます。



勉強小屋の授業中



栗山さやか | ひと言日記 | comments(16)

ポテトチップスの袋


日本に戻ってくると、
すべての食べ物がおいしいです。

貴重な日本での時間、
毎日何を食べようか、コンビニに行っても
スーパーに言ってもすみからすみまで見てしまいます。

和食がやっぱり好きで、
納豆、お刺身、お味噌汁、生卵かけごはん、
たこわさび、イカの塩辛、梅干、お豆腐、わかめなどなど。

お菓子もうまい棒とか、じゃがりこ、
ポテトチップスおいしいです。

ポテトチップス食べ終わったときに
ポテトチップスの袋の簡単にはやぶれない
頑丈なものであると気づきました。

あと段ボールがすごい立派で
捨てるのにもったいないなぁと思いますが、
きっと日本はリサイクルがものすごく
発達しているのできっと捨てても
上手くリサイクルになるのだろうなぁと思います。

100円均一のお店も
やっぱりすごいなぁと思います。

向こうは使い古しのよたよたした段ボールが道端で
売られていて、買える余裕のある人は、
みんな服いれるタンスがわりとかにします。
ねずみがかじってボロボロになって
しまったりしますが。。

モザンビークの協会の子供たちが
ゴミから拾ってきたものでも
大切に大切にして使っているのは
それはそれでいいことだなぁと思います。


写真。
ペットボトルの鉛筆入れ。
バナナの茎でできたお人形

三枚目。
ゴミ捨て場から拾ってきた
マーガリンの空き箱の鉛筆入れ。







栗山さやか | ひと言日記 | comments(3)

夕焼け

 

最近は冬が近づいてきているので
徐々に日が沈むのが早くなり、

勉強小屋で夕方まで働いているときも
ルーシアさんたちに

「そろそろ日が沈んで暗くなってしまうよ。
帰らないと危険だよ」 と言われながら

 勉強小屋から急いで1人で帰る帰り道、
太陽が沈むほうに向って帰るので
あたりが暗くなる直前のきれいな夕焼けを見ながら
あぁきれいだなぁ。幸せだなぁと思いながら

帰ってきます。 

生きていると
誰でも辛いこととか悲しいことがあって、
でも一番幸せなことは、
どんな小さなことでも、
あぁ、幸せだなぁと思える気持ちが持てること
なのかもしれないなぁと思いました。

 
 

 

写真。

見えたきれいな夕焼け




栗山さやか | ひと言日記 | comments(8)

金の星社さん。



 今月の末にまた本を出させていただけることになりました。
 

 金の星社さんからです。http://www.kinnohoshi.co.jp/
 

 
 前に岩波ジュニア書店さんからださせていただいた
 「なんにもないけどやってみた」とは、
  本の雰囲気がだいぶ違うと思います。 
 (ブログに書かれている内容や、エチオピアの患者さんたちのことは
  また載せてくださっていますが。)



 今回の本は、日本からアフリカにくるまでの
 バックパック背負ってうろうろしていた旅での
 小さな出来事や感じたこと、
 あとちょっとくだらないような話なども書いてあります。
 (本までくだらなくなっていなければいいのですが。。)
 


 どうか宜しくお願い致します。
 

 「渋谷ギャル店員ひとりではじめたアフリカボランティア」
 http://www.kinnohoshi.co.jp/shop/result.php?keyword=%B7%AA%BB%B3%A4%B5%A4%E4%A4%AB

  アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%AB%E5%BA%97%E5%93%A1%E3%80%80%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%9F%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2-%E6%A0%97%E5%B1%B1-%E3%81%95%E3%82%84%E3%81%8B/dp/4323073208/ref=sr_1_1_twi_1_tan?s=books&ie=UTF8&qid=1430207896&sr=1-1


写真。

 日本にいたときもずっと文章の書き直しにいやな顔せず
 何日も一生懸命付き合ってくださり、たくさんの
 写真の中から丁寧に本に載せるものを選んでくださったり、
 編集してくださった真純さんが
 出来上がった本の写真だけでもと送ってくださいました。
 本当にありがとうございます。


栗山さやか | ひと言日記 | comments(9)
このページの先頭へ