群馬大学と静岡県立大学での座談会のお知らせ

 

1月10日に群馬大学にて20名ほどの生徒の皆様と

座談会をさせていただきます。グローバルフロンティアリーダー育成プログラムがあり、

将来海外で活躍する方の育成をされていらっしゃるとのことで、

呼んでいただきました。

私の経験したお話しかできないのですが、

生徒のみなさんの何かの参考になるようなお話ができれば、、と思っております。

 

また1月23日には静岡県立大学にて、

座談会のような形でお話させていただければと思っております。

 

 

私も現地での活動を通して、様々なことを学んでいる身ですが、

このようなご機会を下さったこと、ありがたい気持ちでおります。

 

私が現地で経験してきたことが主なトピックになりますが、

共有させていただければと思います。


なお、静岡県立大学でのイベントは、

いつもご支援してくださるリツアンさん

(今回も後援してくださいました)と関わり合いがある

上野雄史先生にお声掛けいただきました。

 

草薙キャンパスにて1月23日午後1時からの開催となります。

どなたでもご参加していだだけます。

 

詳細は静岡県立大学ホームページをご覧ください。

アシャンテママ栗山さやか氏講演会・座談会

 

もしいらっしゃっていただけたら嬉しいです。

どうかよろしくお願い致します。

 

 

ポスターも作成いただきました。

 

群馬大学 (GFL) グローバルフロンティアリーダー育成企画

 

 

静岡県立大学

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(3)

2019年の活動報告


2019年のアシャンテママの活動は、現地においてとても弱い立場にある遺児を含む子供達が、一人でも教育を受ける機会、そして受け続ける場所を持てることを目的とした、教育支援施設の運営が主となりました。

 

モザンビークで3つ目となる教育施設を小さな村に新設させて頂いたこともその活動の一環で、現在アシャンテママでは、マラウィと合わせて4カ所の教育施設を運営しております。

 

以下、活動の詳細報告です。


モザンビークのアシャンテママでは、現地政府から以下の認可を得ることができました。

 

  • 1つ目の教育施設の運営更新許可
  • 2つ目の教育施設の正式な運営許可(必要書類を提出済み、かつ管轄担当者による4回の検査訪問が終わり3年近く待っても、正式な書類はなぜか受け取れずにいたので一安心です)
  • 新設した3つ目の教育施設の運営許可取得(なぜか書類提出と面談数回のみ、管轄担当者の訪問なしで取得ができました)

 

また通常の授業の他に以下のような活動を実施しました。

 

  • 知らない人に奪われてしまっていた畑プロジェクトの土地問題の一部を解決(解決に至らずスタッフの安全を考えて断念した土地もあります)
  • ヤギの飼育(1年間で2匹の子ヤギが産まれました)
  • 教室(クラスルーム)の修繕と教室数の増設(1つ目と2つ目の教育施設)
  • 教育施設の壁の修繕、黒板等の購入
  • 1つ目の教育施設で週に1日、図書館として教室を解放(みんな教科書を買える余裕がなく持っていないのでここで自習)
  • アシャンテママに通う子供達の保護者会(小学校に通えていない子供達へ登録サポート)
  • 現地政府指導による1週間の幼児教育研修に、現地スタッフが参加

 

マラウィのアシャンテママでは、通常の授業の他に主に以下のような活動を実施しました。

 

  • 穴トイレを2カ所増設
  • 黒板2枚を新規購入
  • 生徒の座るベンチの修繕と新規購入
  • 給食等に使う大きなお鍋等の購入

 

2019年度のアシャンテママの登録生徒数は以下の通りです。

 

  • モザンビーク教育施設1:260人
  • モザンビーク教育施設2:200人
  • モザンビーク教育施設3:98人
  • マラウィ教育施設:202人
  • 生徒総数760人(内モザンビークの生徒総数558人)

 

アシャンテママに登録している子供達のなかには、村より奥地にある畑を耕している子供達もいるため、奥地で暮らしている間は教育施設に通学できないなど、様々な事情で定期的に通えない子供達も含んでいます。

 

そのため、アシャンテママに実際に通って来ている子供達の1日あたりの平均人数は420人前後です。


この他にも、通ってくる子供達に連れられてきた兄弟姉妹の0〜5歳までの幼い子供達、約150人にもお昼ご飯を提供させていただきました。

 

また週に何日かになりますが、空腹で過ごすことが多い合計約900人の子供達に、お昼ご飯を提供させていただくことができました。


2019年もまた皆様からの温かいご支援とご協力を頂いたことにより、こうした諸活動を続けることができました。

 

深く深く感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

マラウィの教育施設での写真

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(2)

日本への一時帰国

 

約1年半ぶりに日本へ一時帰国することになりました。

 

学校の座談会などに出席させていただく予定です。

また報告させていただけたらと思います。

 

長い間現地で暮らして活動を続けさせていただきましたが、

すぐそばで起こる出来事だけを見て、

全体像を見れていなかった部分もとても多かったように感じます。

 

この座談会にあたって、事前に様々なご質問をいただき、

自分がわかる範囲になりますが、

しっかり答えなければ、

私も今後、もっと別の角度からも物事をみれるようにと思っています。

 

1か月ほど日本に滞在し、

その後、現地に戻ることを予定しております。

 

 

日本は寒くなってきている日々のことと思いますが、

皆様が1年の疲れをとられ、年末年始ゆっくり過ごされますように。

 

 

いつもご支援本当にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(3)

ゆうちょ口座に関するお問い合わせ


先日、アシャンテママのホームページのほうに、
「ゆうちょに振込みたいけど以前の口座は使えませんか?」
というお問い合わせをいただきました。

 

このたびはご寄付の件でお問い合わせいただき、
ありがとうございます。

 

NPO法人設立に伴い楽天銀行に口座を開設しましたが、

任意団体で活動していた際に利用していた、

ゆうちょ口座「アシャンテママ日本支部」もお使いいただけます。

 

ゆうちょへのお振込み先は、

応援会のホームページに掲載しております。

 

なお、こちらにお振込み頂いた応援募金は、

下記の新口座へ送金させていただいております。

 

NPO設立による新口座

  • 銀行:楽天銀行
  • 支店:第二営業支店(252)
  • 番号:7797244(普通口座)
  • 名義:トクヒ)アシャンテママ

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(2)

NPOアシャンテママのホームページの紹介

 

ご報告が遅れてしまいましたが、今日は

NPOアシャンテママのホームページの紹介をさせてください。

このブログでお伝えさせていただいたように、昨年末

アシャンテママは日本でもNPO法人として登記できました。

そして先月、代表理事を引き受けてくださった福田さんをはじめ、

よーこさん、安本さん、三島さん他、

スタッフの方々のご尽力により、

ホームページを公開することができました。

https://www.achantemama.org/

現在、モザンビークとマラウィを合わせて

600名近くの現地で厳しい環境に暮らす遺児の子たちが、アシャンテママに登録しています。

 

2009年に活動を始めたときから、

ありがたいことに支援している子供たちの数も増え、

組織としてもっとしっかりさせないといけないのでは

という気持ちと、ご協力してくださる皆様のご理解をいただき、

NPO法人化させていただき、

ホームページも制作することになりました。


このホームページではアシャンテママの活動内容や、

私たちのミッション、それにご寄付について、

書かせていただいてます。

今回、従来の振込み方法に加えて、

継続的にご支援いただけるシステムを取り入れてみました。

例えば毎月1000円をご登録していただくと、

その後は手続きなしで継続してご寄付いただけるという感じです。

 

皆さまのご寄付により支えられているアシャンテママの活動、

どのようにそのご寄付が現地で厳しい生活を送る子供たちの

役に立っているのか、少し説明させてください。


1000円という金額、

例えばモザンビークのアシャンテママのある地域では、

1000円だと次のようなものを子供たちに提供することができます。

《例1》お昼の給食34〜42人分(1食あたり23.4〜28.8円)

《例2》プラスチックサンダル5足(裸足の子供達にケガやフックワームなどを防ぐ)
《例3》ノートとペンの筆記用具30セット

《例4》プレミオで配るお米25袋(1袋約500g)
《例5》マラリア予防のための蚊帳1つ
《例6》政府の学校に必要な制服1
着は1220円ほど


 

アシャンテママの子供たちの生活の中では、

1000円はかなりの大金になります。

 

そしてこの1000円は、日本でも決して安い金額ではなく。。

 

皆様のご好意でいただいた温かいご支援は、

子供たちの現在と将来に役立つように

大切に使わせていただきたいと思っています。

 

そして今後とも精進を重ねて、この支援活動を

できるだけ長く継続させることができたらと考えています。

アシャンテママの活動は皆様のご寄付により支えられています。
ご協力頂けたらとてもとてもありがたく思います。



NPO法人アシャンテママ

栗山さやか

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(4)

2018年度アシャンテママ会計報告 (1/1〜11/1)

 

《アシャンテママ》2018年度の

「活動予算書」、「貸借対照表」、「財産目録」になります。

 

日本でのNPOアシャンテママの設立日が11月2日のため、

2018年の1月1日から11月1日までのものとなります。

 

そして、日本のNPOアシャンテママ設立に伴い、

下記の通り、新しい口座を開設させていただきました。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

------------------------

楽天銀行
第二営業支店
普通口座
7797244
特定非営利活動法人 アシャンテママ

※振込の際「トクヒ)アシャンテママ」と表示されます。

------------------------

 

(従来の「ゆうちょ銀行」口座へお振込み頂いたご寄付金は、
上記の新口座のほうへ送金致します。)

 

皆様からのご支援で、

2018年度も、モザンビーク、マラウィ合計 564名の

現地の遺児、HIVと共に生きる子供達、

障がいのある子供達への教育支援を

続けることができております。

 

いつもご支援くださる皆様、

心から深くお礼申し上げます。

 

 

 

 

会計報告

 

※以下の各画像をクリックするとPDFで閲覧できます。

 

◆活動予算書(2018年)

 

◆貸借対照表(2018年)

 

◆財産目録(2018年)

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(2)

日本のNPO法人アシャンテママ設立致しました。

 

 

本日は、

日本のNPO法人アシャンテママ設立のご報告をさせてください。


以前、このブログの
NPO設立申請のご報告」でお伝えさせていただきましたが、
今月、無事に認証され登記が完了致しました。


応援、ご支援、ご協力をいただいた皆様に、

深くお礼申し上げます。


登記名は「特定非営利活動法人アシャンテママ」です。

代表を引き受けてくださったのは、福田淳さんです。


2009年に現地でNPOを立ち上げてみようと思ったとき、

当時、福田さんが代表をされていた

ソニーデジタルエンターティメントさんで、

私のブログを携帯配信してくださいました。


その際に配信料を受け取らせていただき、

私の貯金と合わせて、現地NPOを立ち上げることができました。

その後も、何年もお散歩会を皆様と開いてくださり。。


そして顧問は、

ずっと応援してくださる

坂之上洋子さんにお願いすることができました。


私はもともと、よーこさんの著書に勇気づけられ、

大勢いるファンの一人だったのにも関わらず。。


また理事のお一人の安本圭佑さんは、よーこさんのご友人で

お散歩会を開いていただくときに、手配やご準備など、

多くのことをいつも笑顔で引き受けてくださるかたです。


今回アシャンテママの公式サイトも作ってくださっています。

また後日お知らせさせてください。


その他、NPOの構成員としてご協力いただいているのは、

何度もお散歩会を開いてくださっている幹事の皆さま、

私の高校時代の先輩でいつもご支援くださる野中久彰さん

そして私の地元で発足していただいた応援会の方々です。

(全ての方のお名前をここに書きたかったのですが、

ご了解を得ていないので、今回は控えさせてください。)

 

昔、渋谷のショップ店員で派手な格好をして生きてきていて、

国際貢献や途上国について勉強したこともなく、風来坊で

たまたまアフリカに辿り着いただけの者を信頼してくださり、

ずっとご支援してくださる皆様に心から深くお礼申し上げます。


アシャンテママの活動は、

モザンビークが2009年10月から、マラウィは2016年8月から、

それぞれ現地NPOとして続けさせていただいてます。

そして日本では任意団体として8年間活動してきました。


今でも、始めた当初から変わらず、自問自答したり、

様々な葛藤があったり、多くの反省を繰り返しながらの毎日です。


ですが、このたび、

日本でNPO法人アシャンテママ設立をさせていただき、

よりいっそう精進して活動を継続していけたら、

と思っております。


温かいご支援、いつも感謝の気持ちでおります。

今後ともどうかよろしくお願い致します。

 

写真 モザンビークの2校目の子供達

栗山さやか | アシャンテママ | comments(2)

アシャンテママのインスタグラム始めました。

 

アシャンテママのインスタを始めました。

 

ずっとご支援してくださってる

お散歩会の福田淳さん坂之上洋子さん

インスタをしたらどう?と勧められており、

なかなかできずにいたのですが、

ご支援くださる武藤さんご夫妻河田さんのご協力を得て

(お二人がアップして下さっています。)

アシャンテママの子供たちの写真などを

アップすることができるようになりました。

 

アシャンテママのインスタグラム

 

宜しくお願い致します。

 

インスタ映えという言葉を初めて聞きました。

携帯電話ができて、携帯にカメラがついて、ネットもつながって。

買い物も携帯でできて。

世の中、どんどん便利になりますね。

 

よく考えたら固定電話でも

離れた人の声が聞こえて話せるってすごいことですね。

 

モザンビークでも、ある村に初めて電話というものが来た時に、

村の人々がなぜなのか理解ができずにいる、

という話をきいたことを思い出しました。

どこの国でも最初はみんなそうだったんだろうなぁと思います。

 

 

写真。

1枚目 マラウィのアシャンテママの子供たち

2枚目 お昼御飯中

3枚目 モザンビークのアシャンテママ、ふたつめの学校の子供たちとそのご家族の集まり

 

 

 


 

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(0)

アシャンテママ会計報告(2016年〜2017年)

 

協会《アシャンテママ》、2016年と2017年の

「活動計算書」と「貸借対照表」になります。

 

大変遅くなってしまいましたが、

以前、社会貢献者賞に推薦してくださった

トコノブさんにたくさんのレシートの確認作業などを

一緒に手伝っていただきました。

とてもとても助かりました。

ありがとうございました!

 

 

応援会のホームページにも詳細を書いてくださっています。

皆様の温かいご支援のおかげで

8年以上経った今も活動を続けることができております。

 

困っている人や子供たちに温かい目線で、

手を差し伸べてあげ合える、

「困ったときはお互いさま」のような、

温かい世の中であって欲しいなと思うのと

 

今、皆様からこうして支えてもらっているアシャンテママの

約522人の子供たちがいつか、大人になったとき、

困っている人々や子供たちに

自然に手を差し伸べてあげる

優しい人に育ってほしいなぁと願っています。

 

いつもご支援をくださる皆様

心から深くお礼を申し上げます。

 

 

※以下の各画像をクリックするとPDFで閲覧できます。

 

◆活動計算書(2016年)

 

◆貸借対照表(2016年)

 

◆活動計算書(2017年)

 

◆貸借対照表(2017年)

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(2)

日本テレビの番組

 

 

少し前からまた日本に戻ってきています。

 

突然になってしまいますが、

来週の月曜日の9日に、日本テレビの番組で

13時30分ごろに4分ぐらいだけ、小学校の頃からの親友の

こと、アシャンテママの活動のことなどを

放送してくださるとのことです。

 

番組名等詳細は放送前なので控えてほしいとのことで

書けなくてごめんなさい。。

 

見てくださったら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | アシャンテママ | comments(8)
このページの先頭へ