日本テレビの番組

 

 

少し前からまた日本に戻ってきています。

 

突然になってしまいますが、

来週の月曜日の9日に、日本テレビの番組で

13時30分ごろに4分ぐらいだけ、小学校の頃からの親友の

こと、アシャンテママの活動のことなどを

放送してくださるとのことです。

 

番組名等詳細は放送前なので控えてほしいとのことで

書けなくてごめんなさい。。

 

見てくださったら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(8)

チャリティーパーティーのお知らせです。

 

早いもので今日から5月になりましたね。

気持ちが良い初夏の季節ですね。

 

みなさまゴールデンウィークを楽しまれていらっしゃれば。。

と思います。

 

応援してくださるお散歩会のみなさまが、

チャリティーパーティを開いてくださることになりました。

 

5月9日 水曜日 午後7時からになります。

 

経営ストラテジストでもありベストセラー作家でもある

坂之上洋子さんと、チャリティトークイベントを

開催させていただくことになりました。
 
内容はあらかじめ皆さんから相談したいことを記載いただき、

それに洋子さんとお答えさせていただきたいと思っております。
 

お申し込み、詳細は以下のリンクからお願い致します。

 

プラ子ちゃん帰国チャリティパーティー

 

写真 
休み時間中のアシャンテママの子供達。
栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(4)

モザンビークマラウィから戻りました。

 

無事にモザンビーク、マラウィから戻りました。

 

限られた時間の中で、

現地で銀行、政府関係などの事務作業、査証の手続き、

大雨で崩れてしまったトイレや壁の修復作業の手続き、

働いているみんなとの意見交換、

活動内容、会計簿の確認等にだいぶ時間がかかってしまい、

 

子供たちとたくさんゆっくり話をしたり

心温まる絵本を読んであげたり等ができず残念でしたが

それでもみんなにまた再会できたのはとても嬉しかったです。

 

 

また少しずつご報告させてください。

 

 

(写真)

モザンビークのアシャンテママ(1つめの)の子供たち。

3つの教室があります。

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(2)

2018年明けましておめでとうございます。

 

新年明けましておめでとうございます。

今年のお正月はどのようなお正月でしたでしょうか。

皆さまゆっくり穏やかに過ごせた年初めであったらと思います。

 

2017年も温かいご支援をくださった皆様のおかげで

モザンビーク、マラウィの協会アシャンテママの子供たちが

みんなで勉強を続けることができました。

 

モザンビークの町にある教室  263名(ここの教室だけは就学前の小さな子供たちも受け入れているため

その子達も含めての人数になります。)

モザンビークの集落にある教室 148名

マラウィの村にある教室 111名

 

合計522名の子供たちが勉強をしたり、お昼ご飯をみんなで食べさせて

いただくことができました。

 

みなさまの温かいご支援心から深くお礼申し上げます。

 

私は現地を離れてしまっていますが、

少しだけでも様子を見に近いうちに戻ることができたらと思っております。

 

今は日々寝不足で育児をしながら

協会の子供たちのこと、協会の畑や豚のプロジェクトのこと、

子供たちの将来のこと、現地の人々のこと、

貧富の差について、世の中について、

考えても仕方がないことまで勝手に考えて、

頭が悶々としてしまうことも多いですが、

今年はもっと前向きになって、自分にできることを少しずつでも

と思っています。

 

今年も少しでも多くの子供たちが

教育を受ける機会が持てますように。

勉強を続けられますように。

元気でいますように。

 

どうか皆様にとっても、素晴らしい、

幸せなことをたくさん感じれる1年でありますように。

 

 

写真(ルーシアさんたちが送ってくれた写真)

 

 この時期は、主食のとうもろこしの種を植える時期なので

 多くの子供たちが家族と一緒に奥地のブッシュへ畑を耕しにいっています。

 

 町に残っている子供たちのみになってしまいますが、

 せめてお正月を少しでもお祝いしてほしいと、

 お米1コップずつ渡させていただきました。

 

 みんな現地で高価な食べ物になるお米が大好きで

 とても喜んでいたそうです。

 

 ご支援本当にありがとうございます。

 



栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(7)

モザンビーク、マラウィをしばらく離れることになりました。

 

 

2016年からマラウィでも活動を始めさせていただき、
モザンビーク北部、マラウィ南部で生活をしておりましたが、
今回しばらく現地を離れることをお伝えさせてください。

 

突然のご報告になってしまいたいへん申し訳ないです。

 

 離れる理由は、私事になり大変恐縮なのですが出産のためです。
私の住んでいる町では、高年齢出産に対しての設備等が整っていないこと、体調も悪い日々が続き、現地で産むことを諦め、結婚相手のいるスペインの小さな町で産む事に致しました。

 相手の方は、11年前からの友人で、2年前から結婚を前提にお付き合いを始めました。 彼はオランダで勤めていた通信の会社を辞めて昨年から今年にかけ、無償でアシャンテママを手伝いにもしばらく来てくれました。

 

アシャンテママの現地での活動は、
ルーシアさんをはじめ現地の信頼できるスタッフに任せ、
しばらくは遠隔になってしまいますが、電話で報告相談を受けたり、
やりとりを行いこれからも支援を
続けさせていただければと勝手ながら思っております。

 

このような突然のご報告で、今後の協会の活動についてご心配をおかけすること多々あるかと思います。
今はまだ体調も安定せず、そう決断させていただいたこと、
みなさまにご報告するのがやっとになってしまい
乱文の短いご報告になり本当に申し訳ございません。

協会の活動の様子、モザンビーク、マラウィの現地のことなどこれからもこのブログでご報告させてください。

 ご理解頂ければ幸いです。

 いつも協会アシャンテママに
温かいご支援心からお礼申し上げます。

 

 

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(25)

また更新が遅くなってしまいたいへん申し訳ないです。

 

しばらくの間体調を崩してしまっていて、

コンピューターも長い間また使えずにおり

更新が止まってしまっていて

たいへん申し訳ございませんでした。

 

協会の活動は変わらず、

モザンビークの町にある協会の子供たち、(2か所)

マラウィの村にある協会の子供たち、(1か所)

モザンビークの女性たちの畑、豚小屋、

活動を続けさせていただいております。

 

また少しずつでもご報告させてください。

いつもご支援をしていただき、

本当にありがとうございます。

 

いただきましたコメント、大変遅くなってしまいましたが、

お返事を書かせてください。

温かいコメントをいただき、お礼申し上げます。 

 

日本は今ゴールデンウィークですね。

皆さまが日頃の疲れを十分にとって

ゆっくり休めていらっしゃいますように。。

 

いつも本当にありがとうございます。

 

 

 

写真

 

モザンビークとマラウィの国境付近の川。

やっと雨期になった時期の写真で、

みんな川でお洗濯したり、体洗ったりします。

 

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(9)

大反省

 

 


数日前に大反省することがありました。


日本のかたからご質問たくさんをいただけたのですが、
もうなんであんなことばかり言ってしまったんだろうと
数日間とても落ち込みました。

 

きれいななめらかな日本語を話そう、

尊敬語、謙譲語など間違えてはいけないなど
様々なことが頭をぐるぐる回りはじめてしまいました。

 

緊張していたこともあったことに加え、
昔の辛かった時期のことについて話をしていて、
最近、道端で警察官に捕まってしまったこともあって、
だんだん発言がネガティブなことばかりなってしまい
自分でも一体何が言いたいのかわからなくなり・・。

せっかく日本のかたがたとお話しさせていただく
機会をいただけたのに。。

 

もっとモザンビークで経験させてもらった素晴らしいこと、
何年も前から一生懸命働いてくれているルーシアさんたちのこと、
医療学校で出会ったすばらしい先生たちのこと、を話すべきだったのに・・。


緊張していて何を自分で言いたいのか、
言っているのかよくわかりませんでした。

自分の未熟さがはっきりわかって
悲しくなり、ご質問してくださった方に対して
なんて失礼だったんだろうと自分自身に失望しました。


ですが、
《失敗したあと、その後どうするかが大切》と聞き、

これからは、必ず同じ間違いは繰り返さないよう、
いつでももっと相手の立場に立って考えられるようにと思います。


今年は嫌なこと悲しいいことがあってもそこから学んで、
良かったことをいつまでも覚えているようにしたいです。


1か月以上風邪が長引いていて
ぐずぐず体調が悪かったのですがやっとやっと完治しました。


皆様もこれから寒さがますます厳しくなると思いますが、
どうかお気を付けくださいね。

 

お正月のんびり、ごろごろできていますように。。

 

 

 

 

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(11)

2017年明けましておめでとうございます。

 

2017年明けましておめでとうございます。


遂に新しい年になりましたね。

 

今は日本はお雑煮がおいしい季節ですね。

 

マラウィは暑いクリスマス、お正月です。

 

ただ雨期に入ったので、もう気温もだいぶ下がり、
活動している村でも最高温度が35度ぐらいまで下がって
かなり過ごしやすいです。

 

2017年もみなさまにとって
幸多き、素晴らしい年となりますように。。。

 

 

協会の活動も、私自身もまだまだ
情けない部分が多いですが、
今年も活動を続けさせていただければと思います。

 

本年もどうかよろしくお願い致します。

 

 

 

写真。 モザンビークの勉強小屋1の子供たち。

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(2)

マラウィへの移動

少し長くなってしまいますが、

情勢について書かせてください。

 

 

少しずつ前から、ブログにも書いていましたが、

モザンビーク中部北部の情勢が悪化していました。

 

モザンビークでは、今年に入り

モザンビーク民族抵抗運動党の襲撃が更に激しくなっています。

 

 

海外の報道では、内戦の始まりと報道されていますが、

その様子が激しくなっている地域が増えています。

 

別の州のひどい地域ではほぼ毎日どこかで襲撃が起こっていて、

隣国のマラウィやジンバブエにはモザインビークの人々が難民となり

1万人以上が隣国の難民キャンプで暮らしています。

 

公式な形では発表されていない人数も含めると

外国人が今年に入り何十人か殺されていると言われています。

 

私の住んでいる州はまだ大丈夫かと思っていたのですが、

3か所で政府の病院等に襲撃がありました。

 

私どもの協会運営も国内情勢が悪化にするに伴って

その影響を感じていました。

 

外国人も多くはない場所で、

大きな企業からの派遣でも政府間援助の従事者でもなく、

個人で現地で活動している自分の立場が

どんどん厳しい状況に追い込まれていきました。

 

特に私が危ないのは、偶然子供たちの勉強小屋の1つの拠点が

民族抵抗運動党を支援している人がたくさん住んでいる地域にあるからです。

 

民族抵抗運動党の支援者たちが一軒一軒家を回って軍の人々に

配給する食料を集めていて

政府が激怒して一切援助しないようにと通達を出しています。

 

自分の身の回りで見聞きする話、

現地の人々から頻繁に聞く怖い話、

色々な人々からの助言、

自分が外国人であり、活動している地域等が問題となり、政府側からの

身柄拘束や、最悪のことが起こってしまうのではという不安もでてきました。

 

そういう状況でも、なんとかならないかと模索していたのですが、

今この状況で、外国人である私がそういう地域を支援している

協会にいること自体がリスクであると思い始めました。

 

何かに巻き込まれてしまうと子供たちへの支援の

勉強小屋の継続自体が難しくなってしまいます。

 

 

 

モザンビークでは他のアフリカ諸国同様、

色々な国からの投資や、天然資源開発などもどんどん進み、

多くの海外企業もますます進出していて、

安全な場所にいらっしゃる日本人の方も

多くいらっしゃると思います。 

  

ただ私の住んでいる州は、他の州と比べると外国人がまだ少ない地域で、

一人で暮らし、一人で現地の協会で活動をしているので、

危険度もそもそも違うとも言われていました。

  

今まで、万が一、何かが起こってしまっても

自己責任としてやってきましたが、

こうした状況を知りつつここに残り、

本当に何かが起こってしまった場合、

現地のお世話になった人々だけではなく

日本大使館をはじめ多くのかたにやはりご迷惑がかかってしまいます。

 

ものすごぐ悩みましたが、

まずは、身の安全を第一に考え、

隣国のマラウィに一時的でも移動することが大事だと決断しました。

 

アシャンテママはしばらくは、電話で状況を確認しながら、

5年以上も一緒に働いてくれている

ルーシアさん、フィロメーナさん、マヌエルさんに

協会のいろいろなことはしてもらいながら、

今後も変わらず支援していけたらと思っております。

 

 

  

今は住んでいた場所から陸路で2時間半で着く

隣国マラウィに無事に到着しました。

 

皆さまにご支援していただいて続けている活動、

急いで荷物をまとめ、隣国に来なくてははならなかったこと、

ほんとうに無念です。

 

状況をみながら、短期間でも様子を見に戻れたらと思っています。

早く内戦状態が沈静化してくれることを願っています。

 

今後とも2つの子供たちの勉強小屋は続けていけたらと思っており、

引き続き見守っていただけたらと思います。

 

どうかご理解いただければ幸いです。 

いつも温かいご支援心から感謝申し上げます。

 

栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(11)

2015年協会アシャンテママ会計報告書になります。

 

 

 

2015年1月1日から12月31日までの会計報告書になります。

 

ご確認いただけたら幸いです。

 

協会を始めてから、今年で約7年目になります。

 

みなさまの温かいご支援ご協力をいただき、

活動を継続することができております。

 

いつも感謝の気持ちでおります。

 

 



栗山さやか | 協会《アシャンテママ》 | comments(2)
このページの先頭へ